結婚式の持ち込み裏話

 

 

こんにちは!フォトジェリッシュのスタッフnatsuです。

このブログを書くときに色々調べて、いろんな知識が付いてきたので、

そろそろ自分で「新人」っていうのもやめようかなって思ってます。

 

でも、やっぱり経験が長い人たちに比べたら、まだまだです。

 

ところで、結婚式って一生の思い出に残るものだと

思うのですが、だからこそ何年後何十年後に見返すのが

最高だったなと思える写真だといいですよね。

OSAKA_784web

 

 

私の場合、結婚式ではなく私の成人式の前撮りでの話なんですが、着物屋さんの

提携のカメラマンさんに撮って頂いたんですけども、

表情はガチガチ引きつりまくりの演歌歌手がアルバムに収まっていたので

そっと閉じ、その後一度も開いていません。

 

 

 

 

ペット可だったので連れて行って一緒に撮影してもらったら

撮り終えた後にペットの写真は別料金と告げられました。

いやいや先に言えよと思いましたし、追加料金を払ったわりに

可愛く写っているのは飼い犬だけでした。

 

%ef%bd%b7%ef%bd%ac%ef%be%9d%ef%be%84%ef%be%9e%ef%be%99%ef%be%85%ef%bd%b2%ef%be%84_17

 

私は犬の写真を撮りに来たわけではないんだが。

とぷんすかしながら帰ったわけですね。

 

 

と愚痴はここまでにして

「女の愚痴はただ頷きながら聞いておけばいい」

という格言をここに残しておくとしましょう。

 

 

 

 

結婚式でも同じようなことがあるようです。

 

 

 

結婚式の場合、カメラマンの

持ち込み可能の会場もありますが、

「持ち込みは可能だが持ち込み料がかかる」と

言われることがよくあるそうです。

 

 

これは外部から持ち込んでも会場には負担がかからないのに

見えないマージン費用を新郎新婦から取るということで、

会場が利益を確保しようということなんだそうです。

このマージン費用、自分の会場の提携業者に

注文が入れば、その中から3050%のマージンが

会場に入るそうです。

 

 

 

そりゃ会場側も外部のカメラマンは排除したくなりますね。

黙っててもお金が入ってくるんですからね。

挙式の撮影禁止と言われることもあるんだとか。

 

 

「厳粛な式ですので」と返され、

「牧師先生が慣れないカメラマンは撮影してもらいたくないそうで」

と言われたそうです。

 

 

ええ牧師の意見優先かーい。

牧師先生繊細すぎか!ズコーーーーー。

 

 

私は挙式は絶対に写真に収めたいと思うのですが、

そんなこと言われてしまっては

あそうですかとしか言えないですよね。

 

 

会場の提携カメラマン

 

プランナーの方には「会場提携のカメラマンの方が撮影場所になれているので

頼まれたほうが懸命です」と言われ、任せると

仕上がったアルバムには花嫁の半目の写真や

「何故この写真?」という写真が載せられていることがあったそうです。

 

 

会場専属のカメラマンには「この場所でこの位置でこのポーズで撮影」といった

マニュアルが用意されている場合が多く、サンプルアルバムどおりに製作するという

ことに捕らわれ過ぎてしまっていて、とびっきりのいい表情や感動の一瞬といった

写真は二の次なことが多いんだそうです。

 

 

 

サンプルアルバム通りに撮る理由はアルバムが作りやすく、

新人カメラマンでも決まったアングルだけ撮れれば問題ないので

新人は即戦力になるそうです。さらにセレクトや色調整に

時間がかかるのでカット数も少ないそうです。

 

 

 

会場専属のサンプルアルバムはエース級のカメラマンと

フォトジェニックな新郎新婦が撮った写真なのでそりゃあ当たり前に

素敵な仕上がりなのですが、実際は「結婚式を撮るのは2回目です」

なんて新人の方が担当することもあるんだとか。

 

 

 

また掘り返しますが。笑

私の成人式の時のカメラマンさんも新人さんなのかどうかとかは

置いといて、「笑って~」としか言わないので

いや笑えないわと思いながらも頑張ってにっこりしますが

引きつりまくりの写真になってしまいましたね。

これがまた本当にブサイクで笑いながら泣きました。

 

 

 

新人さんだから悪いということではなく、

サンプルアルバムどおりマニュアルに沿って

撮影できれば問題はないと会場専属写真館が思っているのならば

仕上がったアルバムもそのレベルになってしまうということですね。

 

 

 

また、持ち込み料無料で撮影の許可を

してくれる事もあるそうなので、プランナーさんとの相談で

一度持込を交渉してみるといいと思います。

 

 

この会社に入ってお客様の撮影に同行する機会が

何度かあったのですが、カメラマン、お客様同士会話しながらの

撮影で終始和やかな雰囲気だったので、笑顔も自然で見返して

も微笑ましい素敵な写真ばかりでした。

その場にいる全員が撮影を楽しんでいたと思います。

 

OSAKA_797web

 

皆様もせっかくの晴れ舞台、

最高のカメラマンに最高のアルバムを作ってもらってほしいと思います。

結婚式の意味

こんにちは!スタッフのnatsuです。

いつも結婚式関連の記事を書いていますが、
そもそも結婚式って何故するんでしょうか?
最近は結婚式を挙げない「ナシ婚」という言葉も
よく聞きますよね。

 

 

136e
ネットでは「本当はしたくないけど、親のためにする」や、
「車一台買えるお金を一日で使いたくない」など、
しない派の意見として一番多かったのが
「お金がかかるから」でした。
お金がかかるとしても、式を挙げる理由を
知ればもしかしたら結婚式に対する意識も
変わってくるかも知れません。

 

 
永遠の愛を誓う

結婚式は人生の節目です。大勢の人の前で愛を誓い合うことで
愛する人と生涯を共にする決意が一段と強くなり、大勢の人に
祝福されることによってより幸せを実感できると思います。

 

 

OSAKA_774web

 
お世話になった人々に感謝を伝える

今まで関わってくれた人々に感謝を伝える機会って滅多にありませんよね。
結婚式は今まで自分を支えてくれた人々に感謝を伝える機会になります。

会社の上司や友達など感謝を伝えるべき人はたくさんいますが、
特に結婚式は今まで育ててくれた両親への「ありがとう」を
伝える場所になり、最高の親孝行の場になると思います。

0891%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

 
久しぶりの再会の場

遠くに住んでいてなかなか会えない兄弟、親戚、友人達。
そんな人達に再会できる絶好の機会です。そしてゲスト側も
新郎新婦の晴れ舞台に幸せを感じられると思います。
「結婚式は周りの方々のため」と言う言葉もよく聞きますよね。

 

OSAKA_702web

 

 

 

 

そして結婚式といえば挙式と披露宴を
セットで聞きますよね。

違いは何なのでしょうか?
恥ずかしながら私は
ドレスがウェディングドレスからカクテルドレスに
変わるくらいしかパッと思い浮かばなかったのですが、
しっかりとした違いがあります。

 
挙式は、神などに結婚を誓うための儀式です。
披露宴は挙式を終えた新郎新婦のお披露目パーティです。

今までお世話になった、そしてこれからお世話になる方々にお互いを披露する。
それが披露宴に込められた意味なんだそうです。
ダンスやゲームなど楽しいイメージのある披露宴ですが
本来は新郎新婦が感謝の気持ちを述べ、ゲストに喜んでもらうためのものだそうで、
わざわざ足を運んでくれた人達に「来てよかった」と
感じてもらえるようにという願いが込められているそうです。

0391e

 

 

 
また、ナシ婚賛成派でも一応式を挙げたという人の意見では
「仕方なく挙げたけど親や友人が喜んでくれて結果的にしてよかった」
という人がほとんどで、「式を挙げて後悔した」という意見は
少なかったです。

 

 
自分達の為でなく、周りの人への感謝のためにも、
式を挙げるのはいい機会になるということですね。
意味を知ってこそ周りの人にももっと感謝し、
最高の結婚式になると思います。

1.5次会(会費制結婚式)ってどんなもの?

暑い日が続きますね。

水分補給はしたいけど、汗はかきたくないです。

 

こんにちは。Photo Jellish 新人のnatsuです。

 

最近、知ってはいるがそんなに仲はよくない。

みたいな関係の人々の結婚ラッシュが来ているようで、

SNSではよく

「○○ちゃんと○○君結婚おめでと~☆綺麗すぎた!!私も早く結婚した~い!お幸せに☆」

といった投稿を何度も何度も見ますので、

私も友達の結婚式に行った際には積極的に

このテンプレを使いたいと思っています 笑

最近では結婚披露宴でもなく2次会でなく、1.5次会というものが

流行っているようです。

これまた初耳です。1.5ってなんですかという感じです。

CG_315

【1.5次会とは】

結婚式は親戚や上司、友人など幅広くゲストを招待することから

ある程度格式も担保しなくてはならず、かしこまったスタイルを作ることが

大切になっている一方で、二次会は料理はブッフェスタイルが多くなり

パーティ内容もゲームが中心であったり「カジュアル」スタイルですよね。

1.5次会とは1を結婚式の披露宴、2を二次会とし、その間をとってそれぞれの

いいところを取り入れるパーティのことだそうです。

簡単に言えば

「結婚式披露宴ほどフォーマルではないが二次会ほどカジュアルではない

パーティ形式の式」だそうです。

たとえば、二人で海外ウェディングを挙げたが、

帰国後も友達や親族にお披露目したい。

結婚式披露宴と二次会をいっしょに挙げたい。

という新郎新婦にはまさに1.5次会がぴったりだそうで。

義理で招待するゲストだけではなく、本当に結婚を祝ってほしい身内や恩師、

親しい友人や同僚などを招待できる結婚パーティ形式なんだそうです。

私は昔から予定もないのに

「結婚式ってしたいけどホント緊張しそうだしなんかほんと恥ずかしい。。。」

とひっそり思っていたのですが、

はずかしがり&人見知りだけど身内や親しい友人達だけで

できる結婚パーティは最高!!1.5次会最高!!と思いました。

服装はのコーディネートのコツは

フォーマルな服装を少しだけカジュアルダウンさせることだそうです。

男性の場合は

スーツに色や柄を取り入れてみたり、カフスボタン、ポケットチーフ、

眼鏡などの小物を身につけるなどしてみるのがおすすめです。

女性の場合もクセサリーやヘアスタイルで「ドレスダウン」すると

よりオシャレ感が出せるそうです。

大きめのアクセサリーなどが割と簡単で取り入れやすいそうです!

CG_203

【1.5次会の特徴】

・ご祝儀ではなく、会費制を選ぶこともできる

・着席でも立ち席でもOK

・コース料理でもブッフェでもOK

・時間は昼でも夜でもOK

・ゲストは結婚式よりも気軽に参加できる

・ファーストバイトなどの演出も可能

かなり自由度が高いですね!

ちなみに約7割が会費制なんだとか。

CG_159

【1.5次会の注意点】

まずは結婚式場。会場によって受けているところと

受けていない会場があるそうです。

もともと1.5次会プランなどを打ち出している会場であれば、

1.5次会歓迎の会場なのでぜひ一度見学をしてみることをおすすめします。

また、レストランの場合は料理内容に要注意。

1.5次会なので、二次会ほどカジュアルなお料理を出している会場は

避けたほうがいいようです。

コースに対応しているか、もしくはブッフェでも使用している食材の

クオリティーなども確認しておかないと、二次会などでよくあるような

から揚げやポテト類、パスタばかりなどカジュアル過ぎるメニューに

なってしまうので注意が必要なんだそうです。

CG_120

1.5次会のメリット・デメリットについて

【メリット】

・結婚式とは違い、より幅広い友人関係を気軽に招待することができる

・会費という名目でお金を頂くので、ゲスト目線で考えるとご祝儀をいくら包む?

などの心配をかける必要がない

・総体的に結婚式費用はかからない

・自由度が高いので、自分たちのオリジナリティーを出しやすい

【デメリット】

・何より年齢層の高いゲストには理解してもらいにくく、親族には別で食事会を開催

するか、1.5次会に招待するのであれば、事前に1.5次会の意味などの説明が必要

・沢山の人を招待する場合には、レストランだとキャパが合わない場合があるので

招待人数のリストアップとパーティ会場探しは早くから進めておかないと

場所探しに困ることがある

いいことばかりではないようです。。。

たしかに、結婚式の固定概念がある方には理解しがたいかもしれませんね。

1.5次会にはメリット・デメリットはあるものの、

メリットの方がなにかと多く、自分達だけで準備が難しい場合、

会場にはプランナーのような担当者がいることもあるそうですが、

たくさんの会場を出入りしているフリープランナーさんたちなら

最適な会場をプランニングしてくれるかも。

≪30代からの二次会・1.5次会専門プランナー≫

http://2jikai-p.net/

また、二次会のように幹事をお願いするのもOKだそうです。

結婚式と二次会両方のいいとこ取りして思い出に残る

素敵な1.5次会を楽しんでみてはいかがでしょうか。

【横浜穴場ロケーションスポット】

いつのまにかセミの声がだんだんと目立つようになってきた横浜のとある公園。

 

天候にも恵まれたおめでたカップルのロケーション撮影のレポートです。

 

160401web_11

———————————————–

[本日のお客様の撮影メニュー]

撮影内容:洋装ロケーションプラン

ウェディングドレス、タキシード持ち込み、撮影写真の全データ

価格:90,000円(税別)+移動費、土日料金など30,000円

撮影者:DAI

———————————————–

 

フォトジェリッシュの特徴の一つとして、衣装持ち込みでの撮影も可能です。

しかも、衣装分の料金を差し引くことができます。

ただし、あまりに状態の悪い衣装だと、ご依頼をお請けできない場合も。

 

お客様の将来、写真を見返して残念な気持ちになることはしたくないのです。

 

160401web_3

 

今回の御新郎様は190cmを超える身長のバスケット選手!!

フォトジェリッシュでもそんな衣装はご用意がなかったので、

オーダーで作ったものを持ち込んでいただきました。

 

160401web_12 160401web_13

記念にバスケットチームのユニフォームでも撮影。

160401web_15

 

そんなお二人が溺愛しているうさぎさんも参加しての撮影でした。

もしかしたら花嫁よりも注目を集めていたかも!?

 

160401web_14

160401web_1 160401web_2

 

いえいえ。

新婦さまもとっても素敵なオトナの女性です。

 

160401web

 

 

こだわりは生花のヘッドアクセ。

フォトジェリッシュと相性が良いエドウィンRモレナールの作品です。

 

160401web_4

 

 

身長差がすごいので、撮影の構図を考えるのにも一苦労しました。

 

160401web_9

 

横浜で有名な公園といえば、山下公園。

その近くにある港のみえる丘公園もなかなかの眺望です。

 

その公園内にひっそりとただずむ旧邸跡がとっても素敵な雰囲気を醸し出しています。

これからの暑い時期ですが、

ちょうど一日中木陰なので、比較的涼しい撮影時間を過ごせそうな場所です。

 

土日も撮影できるので、一押しのロケーションスポット。

———————————————–

[本日のお客様の撮影メニュー]

撮影内容:洋装ロケーションプラン

ウェディングドレス、タキシード持ち込み、撮影写真の全データ

価格:90,000円(税別)+移動費、土日料金など30,000円

撮影者:DAI

———————————————–

 

フォトウェディングならフォトジェリッシュのDAIがチョー得意分野だからお任せ!

 

*卒業カップルさん集合!!みんなでわいわいBBQ♪*

みなさんこんにちは!!Hair&Make MIYURIです!

本当に梅雨ですか~??な、お天気が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

先週末はSNSでBBQやってるよ~!!なんて投稿をよく見かけた気がします。

そして、我々も!笑

Jellishでドレスのお手伝いをさせて頂いたカップルさん、Photo Jellish(旧 D-style)で撮影のお手伝いをさせて頂いたカップルさん、Hair&Makeをさせて頂いたカップルさんに大集合!!!をかけました(*´ェ`*)

結婚式が終わってしまうと、なかなかお会いする機会がないので。

結婚式の懐かしい話をしたり、前撮りの時のお話をしたり、近状報告をしたり、とそんな機会があってもよいのでは。と言う事から企画された今回のBBQ!!

場所はワールドポーターズ屋上。食材の持ち込みもでき(そこで注文も可)、屋根もあって、手ぶらで行けます!

食材を持ち込めるなら!!と今回は 和食鉄板 朔月さんにBBQセットをお願いしました。

当日の朝、届いたのがこちら!!

IMG_9431

デザート付きでこのぎゅうぎゅう感!しいたけの肉厚感がたまらない♪

下には何が入ってるんだろう。。。これだけ綺麗に入っていると。。。下手に取り出すと元に戻せなくなるので。笑  中身は後のお楽しみ(´∀`o)☆゚+。

 

いざ!出発!!&準備開始!!

この日も暑かったのですが、屋上は風があってとても気持ちよかったです(*’ω’*)

IMG_9402

久しぶりにお会いする方もいるので、準備もわくわく楽しく♪

 

時間になったので、BBQ開始ー!!!!!ど~~~んっ!!!

IMG_9430

夏ー!!と言う感じですね(*☻-☻*)じゅるり。。。

このエビが大きくて食べごたえがあって、美味しかったー!

写真はありませんが(笑)、どのお肉も厚みがあって柔らかなものばかり!

さすが!鉄板焼き屋さんだわぁ~と感心しんがらお肉を頬張りました。

IMG_9429

そして、さっきのセットにはなんとローストビーフまで!ブロックで入っていたので大盛り上がり!!

みんなでペロっと完食(*´ェ`*)
〆はもちろん、焼きそばで。

K氏は隣に座っていた小さなお友達でとても仲良くなったようで。。。

IMG_9408

水鉄砲で追いかけっこ!!天気が良いと濡れた服もすぐ乾くので問題ないですね!(笑)

みんなでわいわいやっていると、自然に仲良くもなり、食事も進み、2時間はあっと言う間!!
暑い中、お集り頂きありがとうございました!
また来年も開催しますので、今からお日にちキープでお願いします!!
メモの準備はよろしいでしょうか。
来年は

2018年7月7日(土)

に開催します。
七夕にまたお会いしましょう!!昼間の開催なので、お子さまもご一緒に!そして、これから結婚予定のお友達もご一緒に!みんなでわいわい楽しい時間を共有できたらと思います((*´▽`o)o゛―♪

来年もまた豪華景品をご用意してお待ちしております*・゚(●´∀`●):*・゚

IMG_9406

 

暑さはこれからが本番です!水分補給とミネラル(塩分)補給はこまめにして、この暑さに負けず、楽しい夏を過ごしましょう♪(´ε` )

 

暑いですが。。。

ひまわりが大好きな方はひまわり畑でのロケーション撮影がおススメです♪(´ε` )

【誰のための、なんのための結婚式ですか?】

ようやく寒さも和らいできましたね。

世間はゴールデンウィークが始まり、子どもと連れたファミリーの姿をよく見かけます。

 

同時に、至る所で結婚式に参列するような雰囲気の服装の方々が見受けられます。

 

本日は3月に伊勢山皇大神宮で結婚式の撮影をしたお話です。

———————————————–

[本日のお客様の撮影メニュー]

撮影内容:メイクシーン・神社挙式・披露宴

撮影後に補正全データお渡し

価格:100,000円(税別)

———————————————–

 

 

032e

 

 

まだ冷たい雨が降る3月の終わりごろです。

フォトグラファーとの事前打ち合わせは3週間前でした。

 

今回のご依頼者は入籍して3年目のカップル。

フォトグラファーは聞きました。

「なんで入籍してしばらく経ってるのに?」

 

新婦さまは一瞬考えてこうお答えしました。

「私のお母さんの体調が悪いから。どうしても今しかなくて」

 

024e

 

「そうなんですね。。。」

 

今回の結婚式を行う神社は伊勢山皇大神宮。

別名、関東のお伊勢さまとも言われる由緒ある当社は、

天照大神を祭神としているにもかかわらず、

この日はどこかの岩戸へと引き籠もってしまわれたのかもしれない。

 

披露宴は文久三年(1863年)より横浜で料亭を営んでいる

超老舗料亭「田中家」さんにて。

お支度もそちらをお借りして行われました。

022e

 

素敵な風情ある建物と笑顔がステキな方々ばかり。

到着してから色々と荷物を整理して。

 

002e

 

005e 008e

 

衣装も揃ったので、いよいよ新婦様のヘアメイクがスタートします。

 

和装はやっぱり水化粧を行うととっても綺麗になりますね。

今回ヘアメイクの盧さんは超ベテランの盧さん。

 

いつも新婦様の期待以上の仕上がりにしてくれます。

 

053e

 

 

「トントン」

 

襖を叩く優しい音とともに新婦様の妹さんが様子をうかがいに来ました。

 

新婦と妹さんはとっても仲良しで

 

「かわいい〜」

「いいでしょー?えへへ」

 

そんな暖かい会話が交わされていました。

 

046e

 

着付け師「HARU」の小西さんはテキパキとお支度を仕上げ、

予定より30分も前に花嫁支度完了。

 

096e

 

新婦のお父さんとお母さんを別室にお呼び立てし、ご挨拶です。

 

「いままでありがとう。これからもなるべく永くよろしくね」

 

新婦もお母さんも終始照れ笑い。

ただひとり、新郎様のお母さんは後ろを向いて音を立てないように涙をぬぐっていました。

 

133e

 

 

新郎は三人兄弟で妹が二人、新婦は三人兄弟で弟と妹がいます。

両家揃うととっても賑やかで、お父さんもお母さんもノリが良くって、本当にみんな仲良しです。

 

138e

 

 

雨の中の移動は大変ですが、花嫁衣装は不思議と風情も感じます。

 

173e

親族紹介は少し笑いもありましたが、無事滞りなく終わりました。

 

いよいよ挙式です。

 

197e202e

 

参進

 

花嫁行列

 

雨が降るなかでの撮影となりました。

 

伊勢山皇大神宮は天照大神を祭神として祝っておられる神社ですが、

もしかしたら、この日はまた岩戸に篭っておわしたのでしょうか。

 

210e

伊勢山皇大神宮の特別なルールがあります。

 

カメラマンは祭事ごとに立ち位置とシャッターの回数が4回までと決められているのです。

一枚一枚を大切に撮るようになります。

緊張の瞬間の連続です。

219e

 

種類によって、桜はすでに散っていましたが、

これもまた日本の味わいを感じられます。

 

218e 233e

 

 

挙式も無事、行われました。

 

田中屋さんまでバスで戻って、宴席です。

 

274e

 

 

 

389e 463e

 

最近では見ることが少なくなった鏡開き、

また、田中屋さんに専属でいらっしゃる芸妓さんの三味線が花を添えます。

 

最後は、オリジナルの歌に合わせてお茶屋遊びの「トラトラ」

 

511e

 

実はこれ、旅行好きの両親にはドッキリのイベントで、

新郎新婦から旅行券のプレゼント。

 

両親は「やられた!」という表情で、恥ずかしそうに受け取っていました。

 

580e

585e

披露宴も無事に御被楽喜となりました。

 

空もすっかりと暗くなっていて、いい時間です。

お二人はこちらの写真を気に入っていただき、

サンキューカードとしてポストカードもご依頼いただきました。

 

———————————————–

[本日のお客様の撮影メニュー]

撮影内容:メイクシーン・神社挙式・披露宴

撮影後に補正全データお渡し

価格:100,000円(税別)

サンキューカード:150円(税別)/枚

———————————————–

 

後日、出来上がった写真を納品させていただいた時には、

お二人はもちろん、ご両親もとっても喜んでいただけたそうです。

以来、お母様の体調も良く、元気に過ごされているそうです。

 

なるべく、多くの時間を家族とともに。

それが一番の親孝行だと感じました。

結婚式って、なんのため、だれのために行うのでしょうか。

それが明確になっていればいるほど、素晴らしい1日になると思います。

 

366e

 

 

【横浜・元町 信頼のケータリングチームによる結婚式二次会】

こんにちは!

フォトグラファーのNaoyaです。

 

少し肌寒い、空気の澄んだ1月末、

 

お洒落なNY(ニューヨーク)スタイルのレンタルスペース『FunNY WAP(ファニーワップ)』さんで

 

楽しくて仕方がない、、!ほどの二次会撮影を担当させていただきました!

————————————–

↓今回のお客さまがご注文いただいたのはコチラ↓

◆結婚式二次会の写真撮影は、お好きなカメラマンを選んで60,000円◆

※カット数は無制限、データすべてお渡し

フォトギャラリーはこちらから

◆フォトグラファーNaoya◆

Naoyaのギャラリーはコチラ

※カット数は無制限、データすべてお渡し

お問い合わせはこちら

LINE@でのお問い合わせも可能です♪

ID photojellish

CG_421

 

みなさんハイテンションでファンキーで温かい!

 

そんな、身も心も熱くなる結婚式二次会を振り返ってみましょう。

 

 

 

CG_001 CG_003 CG_006

会場はみなとみらい線の元町・中華街駅の改札を出てわずか30秒。

入り口の大きな扉が印象的です。

 

 

CG_005 CG_004

 

幹事さんやスタッフさんが、想いを込めて準備を進めます。

 

じつは、ご新郎ご新婦、ファニーワップさんのスタッフ同士なんです。

料理も設営も音響も、どれも信頼し合う仲間たち(ケータリングチーム)が創り上げています。

 

CG_014

 

幹事チームも気合いが入りますね!

 

 

 

CG_019

CG_018

CG_039

 

続々とゲストが入場して盛り上がってきましたよ。

 

 

CG_203

 

パーティのテーマカラーは『赤』!

 

 

CG_315

 

ワンポイントの方もいれば、

 

 

CG_066

 

全身レッドの方もいらっしゃいました。笑

 

CG_069

 

さあ!お待ちかね! 新郎新婦の入場です!

 

 

CG_083

 

さっそくシャンパンタワーのセレモニー!

 

 

 

CG_085

 

 

お二人とも楽しそう~!!(一度は僕もやってみたい。。)

 

 

CG_096

 

 

そしてかんぱ~~~い!!

 

CG_126

CG_130

 

彩り豊かな料理に行列ができています。

 

CG_053

CG_120

CG_117

 

CG_159

 

赤いケーキのセカンドバイト♪

 

 

CG_231

CG_243

CG_256

 

大盛り上がりのビンゴ大会もありました!!

 

CG_378

CG_353

CG_383

 

現金(笑)や、旅行券などをかけた、じゃんけん大会も凄い熱気です。

 

CG_390

CG_402

CG_406

CG_408

 

ムービーでは、ご新婦のご両親がサプライズ出演で、すこし泣けたり笑ったり。

 

 

CG_430

 

クライマックスはみんなで花道!

お二人が周りに愛されている様子がよく表れていました。

 

CG_443

 

お見送りの後は、スタッフさん一同で。

 

 

後日、

 

完成した写真は直接お二人へ、お届けしに伺いました。

 

CG_444

CG_449

CG_446

 

一枚一枚、本当に楽しそうにご覧になられて、

 

何度もお礼の言葉をかけてくださるほど、とても喜んでいただきました。

 

印象的だったのが、

「私たちの見ていないところや、知らなかったことが、写真で振り返られるのが嬉しい」とのお言葉。

 

それが私たちの役目であり、特に大切にしています。

 

またお会いしたい、とっても素敵なお二人でした。

 

CG_450

 

————————————–

↓今回のお客さまがご注文いただいたのはコチラ↓

◆結婚式二次会の写真撮影は、お好きなカメラマンを選んで60,000円◆

※カット数は無制限、データすべてお渡し

フォトギャラリーはこちらから

◆フォトグラファーNaoya◆

Naoyaのギャラリーはコチラ

※カット数は無制限、データすべてお渡し

お問い合わせはこちら

LINE@でのお問い合わせも可能です♪

ID photojellish

【横浜でロケーションフォト】

横浜といえば、歴史的建造物が数多く存在する町並みが印象的ですよね。

 

国の重要文化財に指定されている開港記念会館(旧開港記念横浜会館)や

県立歴史博物館(旧・横浜正金銀行)をはじめとする、

観光名所にもなっている赤レンガ倉庫が有名ですね。

その他にも、ぜんぶで91もの横浜市認定歴史的建造物が存在しています。

 

なかでも第二次世界大戦より前から営業していて、

かつそのままの建物を使用しているホテル・ニューグランドは、

あのマッカーサー元帥も泊まったという歴史あるホテルです。

また、日本最古のホテルといわれる日光金谷ホテルや、

ジョン・レノンが愛したという軽井沢万平ホテルなどと並んで、

由緒ある日本を代表するクラシックホテルの一つとして、横浜に存在しています。

 

 

横浜には、そういった古き良きを残すことで、歴史を積み重ねていく。

それが赤レンガ倉庫や開港記念会館、山手西洋館などの景観を守っていますね。

 

 

 

1007web

 

今回のおふたりは、昨年2016年8月にそのニューグランドで挙式をされた新婚さん。

そんなお二人からご指名いただけたスペシャルなフォトグラファーは幸せいっぱいです。

 

 

1002web

 

新婦様もかわいらしいのですが、とっても恥ずかしがり屋さん。

その分、新郎様が実に爽やかで人当たりが良くて、

新婦さんの緊張をほぐすようにいつもジョーダンを言ってくれます。

 

 

1005web

 

オーダーメイドでつくった、結婚式当日と同じマイドレス。

「太ったから着れるかな~」なんて不安がる新婦様。結果はまったく問題なく。

髪飾りはイメージを変えるためにアレンジしました。

 

 

オーダーメイドウェディングドレスショップ・ジェリッシュで支度を整えてから、

いざロケーション撮影へ。

撮影時間は2時間ちょっとだったのですが、200カットほど撮影しました。

ただ連射して多ければ良いわけではなく、

ポーズやシチュエーションのバリエーションが豊富でないと、意味はありません。

 

 

あの手この手で色んな角度とシチュエーションで撮影を行ないます。

 

 

 

 

1048web

 

窓の外はすっかり冬景色だけど、それがまた何かの物語がありそうな予感です。

 

 

◆ちょっと写真のウラ側◆

 

「絵のような描写の写真にしよう」

とイメージして写真を撮ろうとしても、写真と絵画の決定的な違いは、

写真はダメなところはダメなまま写ってしまう、ということ。

 

 

なので、シャッターを押す前に色々と整える時間があります。

 

 

 

和装の花嫁衣装とかも、5分位かけて着物を整えます。

コレがけっこう大変で、最近のブライダルカメラマンにはできない人も少なくない。

写真が撮れるだけじゃ、一人前のウェディングフォトグラファーにはなれないんですね。

 

 

 

1101web

 

美しい光が差し込む場所へ。

 

フォトジェリッシュならではですが、カラードレス、イブニングドレスには着替えず、

ウェディングドレスアレンジでお色直しをします。

新郎様の蝶タイとおそろいの生地で作ったリボンは

カラーアクセントになって、とってもキュートです。

 

 

1106web

 

本当にどこをとっても美感をくすぐられる場所ですね。

 

ホテルや結婚式場に提携以外のお気に入りのカメラマンを持ち込むときは、

仮契約より前に担当者に確認をしましょう。

ブライダルカメラマンの写真のタイプはピンキリです。

 

————————————–

 

カメラマン毎のフォトギャラリーを見て選ぶならコチラ↓

フォトギャラリー

 

↓今回のお客さまがご注文いただいたのはコチラ↓

◆結婚式の前撮り(洋装ロケーション撮影)は、ぜ~んぶコミコミ150,000円 手ぶらでOK!◆

※カット数は無制限、データすべてお渡し

 

◆ホテルへの友人として依頼するカメラマンの持ち込み 挙式(メイクシーン)~披露宴 100,000円◆

※カット数は希望するだけ、全データお渡し

 

サンプルはコチラ

ホームページはこちら

公式LINEでのお問い合わせも可能です♪

ID @photojellish

【会員制の日本工業倶楽部で結婚式の撮影 〜披露宴編〜】

今日の横浜はとても良い天気です。

青い空と赤レンガ倉庫の赤はとてもコントラストが美しい。

観光名所でもある大さん橋には多くの観光客でにぎわっています。

 

さてさて、先日の結婚式撮影の物語のつづきです。

赤が似合う(むしろ赤づくし)なお二人。

 

291e

ウェルカムボードがとってもステキなコンセプトでした。

写真は携帯電話で撮ったものですが、何がステキかというと、

お二人で行った100店舗で撮ったふたりの写真を

たくさんコラージュのように散りばめてあります。

 

ここに二人の結婚までのストーリーがひとつ、隠されています。

 

315e

そして、席次表にも一工夫。

 

東京のおしゃれスポットの美味しいご飯屋さんマップが載っていました。

これは二人で行った100店舗から選ばれた飲食店で、

ミシュランガイドのように☆で評価してあります。

 

303e

 

 

ゲストのみんなから「これ助かる〜!」と高評価。

気の利いたふたりならではのアイデアですね。

 

298e 301e

 

披露宴開始まであと少し。

ちょっと空き時間が生まれてしまったけど、それぞれに楽しんでいたようです。

 

待ちかねたふたりがようやく入場。

 

319e

323e

 

結婚式という儀式を終えたあとに、みなさんの前へとあらわれたふたりは、

神様に誓った新しい夫婦としての初お披露目=披露宴ということですね。

 

333e

 

高砂席に付いたふたり、そして乾杯へと進行を順調に進めたものの、

 

ここで大事件発生!!!!

 

342e

乾杯という大役を担ったゲストがあまりの緊張で手が震え、

「カンパイ!!」の発生とともに自分の腕にシャンパンをぶちまける。

 

そしてツボる新婦さま。。。

 

そんなハプニングがありながらも、ケーキ入刀。

 

402e 414e

 

とってもカワイイケーキトップ越しに一枚。

 

 

411e 409e419e

 

このふたりに熱中して撮影をしているゲストの表情は

どこの結婚式でもイキイキしていて、幸せが散りばめられていますね。

 

 

425e

 

、、、と。

おもむろにブルーシートが敷かれ、椅子が準備されている。

 

なんだ、、、これは???

 

なんと、新婦さんは

「昨年に美容免許を取得し、まだ誰の髪の毛も切ったことがない」

との理由で、

新郎さまが27歳から一度も短くしたことがないというロン毛にファーストカット。

 

 

427e

 

 

新郎「え?まじ?カタチだけでしょ?」

 

 

436e 437e

 

との小芝居をはさみつつ、無事にファーストカット。

せっかく立派なラーメンズの片桐仁さんのような髪型なのに、、、

とゲストも苦笑い。

 

438e

 

とここで中座の時間となりました。

実はサプライズはここから。

 

新郎新婦の部屋でふたりを迎えていたのは、、、

456e

 

 

おや?美容師?

それはね、適当に切ったガタガタの髪型のまま

お色直し再入場はできませんからね。

 

460e

 

 

それにしても、新郎様のこの不安な表情は、、、

 

すべての準備も整え、再入場のためにみんなが待つ会場の扉の後ろで待機。

ところが、タイミング悪く離席していた友人が戻って来た。

 

473e

 

「あ、先に見ちゃった〜ごめんねぇ〜」

 

474e

 

「!!!!!!!!!!!?」

 

「さぁ、装い新たなお二人がみなさまの前に登場いたします!

拍手でお迎えください!」

という司会者さんのコメントともに扉が開かれ、どよめく会場。

 

482e 491e 488e 483e

 

 

493e

 

そう、新郎は短髪になっていました。

 

457e

 

26歳から一度も単発にしたことがないという新郎さんは、

「これからもっと大切にしなければならないものができたから」

ということを理由に、ロン毛に別れを告げたのです。

 

463e

 

 

BEFOR

 

 

456e

 

AFTER

468e

 

 

さすがのこれには会場に来ていたゲストもビックリ。

先に見てしまった女性ゲストの表情にも納得ですね。

 

 

503e

さて次は急遽、会場が暗くなったと思ったら

 

507e 512e

 

音楽とともに歌っている女性たちが登場。

 

 

505e

 

これには新婦が驚きの表情を隠しきれないようす。

 

 

 

512e

 

 

 

熱望していたア・カペラの演出は、予算の都合上諦めたハズ、、、

 

513e

 

 

プランナーの粋な計らいによって、実現された新婦の夢に感無量です。

 

538e 536e

 

大盛り上がりなふたりは最高のひと時を過ごしたことでしょう。

 

544e

 

友人たちも一緒に歌ってClap!して。

 

その後も友人たちからの祝福や楽しい時間を過ごしたが

 

636e648e

644e

638e

662e

ラストにはやっぱりこのイベント。

 

『花嫁の手紙』

 

いくら着飾って、楽しい時間を過ごしても、

いま、ここに自分たちがいるのは両親のおかげです。

 

そして、家族、友人、いろんな人たちが育て、

ともに歩んで来てくれたから自分が今ここにいることを決して忘れてはいけません。

 

665e670e 689e669e

 

兄弟も、友人も、友達も、、、

すべての人々に感謝をする時間。

 

716e

 

自分のルーツはやはり親にあることはまぎれもない事実です。

 

702e

 

いまの日本では、結婚式、披露宴の意味がキチンと理解されていないことが多いように感じます。

 

結婚をしたから結婚式を行うことが当たり前とされていた1990年代。

当たり前だと思っていることは、もう一度本当の意味を考えてみる必要があります。

 

もし、その意味がもう一度見直されるとすれば、

結婚式って、もっと価値のあるイベントになるんじゃないでしょうか。

 

727e

 

「結婚式はしなくて良いと思っていた。でもね、実際に今、ここで言えるのはやった方がいい。

いや、やらなきゃダメだと思うんです」

新郎様は締めのあいさつでそう発言しました。

 

男は背中で語る。

みんなの方を振り返らずに、右手だけ大きく掲げて退場していく新郎。

 

ふたりの新たなる旅立ちの瞬間です。

 

759e 774e

 

 

 

 

 

 

お開き後は館内の雰囲気のあるスポットを探しては

くまなく、と言って良いほどの撮影をしました。

 

790e 792e 784e

 

本当に良いものっていうのは、色褪せることなくいつまでも良いまま残るんですね。

歴史と情緒、色んな物が入り混じって、

とても奥行きのある雰囲気を醸し出している会場でした。

 

815e

 

最近恒例の記念写真。一眼レフで自撮り 笑

結婚式の本当の価値観に気づいてくれるお客様とこの先何人とお会いできるか。

 

そして、私たちが気づかせてあげなければならないことを忘れないで

今後の撮影に取り組んでいきたいと思います。

 

————————————–

↓今回のお客さまがご注文いただいたのはコチラ↓

◆結婚式当日の写真撮影は、お好きなカメラマンを選んで100,000円◆

※カット数は無制限、データすべてお渡し

フォトギャラリーはこちらから

◆フォトグラファーDAI◆

DAIのギャラリーはコチラ

※カット数は無制限、データすべてお渡し

お問い合わせはこちら

LINE@でのお問い合わせも可能です♪

 

 

【挙式当日の撮影お問い合わせが続々】

早いもので2017年も1ヶ月が過ぎました。

実は、1月、2月は結婚式当日の撮影や前撮り撮影は少ないものの、

結婚式当日の写真や動画撮影のお問い合わせが多いのです。

今月のお問い合わせで相談いただいたのは4組のカップル。

うち、みなさんフォトジェリッシュでのご依頼を決めていただきました。

◆1組目 ファニーワップさんで二次会の撮影◆

IMG_6161

横浜のロケーションスタジオ、ファニーワップさんでの二次会のご依頼です。

二次会の撮影だけでしたので、フォトグラファーの指名こそありませんでしたが、

今日の担当のフォトグラファーは絶対に素敵な写真を撮って来れる自信があります。

なぜならおふたりが、とってもステキなお二人だから(♡´∀`♡)

新郎様は横浜で沖縄料理店を経営されているそうです。

—————————–
二次会写真撮影プランは60,000円+税、全データのお渡し。

◆2組目 5月 伊勢山皇大神宮で和装神前結婚式、横浜の老舗料亭・田中家さんで披露宴◆

IMG_6111

旦那様は消防士で、奥様は美容学校の先生という組み合わせ。

職業だけで見てみると、いろんな組み合わせがありますね。

横浜出身のご新婦様は、ご友人の家が田中屋さんの近くだったということで、

前々から存在は知っていたとのこと。

料亭割烹の田中家さんは文久三年(1863年)から営業しており、

その頃の横浜駅のあたりは、まだ海だったのだとか。

ご指名いただいたフォトグラファーは伊勢山皇大神宮での撮影経験があるJUNKOさん。

和装の技術もかなりの上級者です。

—————————–

JUNKOさんのフォトギャラリーはこちら→ http://photo-jellish.jp/photographer/junko/

◆三組目 表参道クラシカでお子様づれで結婚式◆

IMG_6159

三組目のカップルは、実は一年くらい前にご相談をいただいたお二人。

そう、そのときはお二人だったんです。

今回のご相談は三人で来ていただきましたー(♡´∀`♡)

表参道クラシカさんで挙式・披露宴を行いますが、最初はプロフィールムービーでのご相談をいただき、

お話しているうちにいろんなご提案を受け入れていただき、当日のウェディングフォトもご依頼いただく事になりました。

「結婚式場のようにたくさん割引して、決めるまでしつこく帰さない」

というスタンスではないので、みなさんは安心してご相談に来ていただいているようです。

より多くのお客様に喜んでいただけるよう、幸せな結婚式を最高の形で残せるように

お手伝いできたらいいな、と。