なんでジューン・ブライドっていうの? | ブログ|フォトジェリッシュ|横浜 元町・中華街

ブログ|フォトウェディングや結婚式の写真なら|フォトジェリッシュ|横浜・元町

STAFF BLOGブログ

なんでジューン・ブライドっていうの?

なんでジューン・ブライドっていうの?

こんにちは。

横浜元町のウエディングフォトスタジオ【フォトジェリッシュ】です♪

 

少しずつ暑くなってきました。

朝晩は涼しい日もありますが、日中は少し汗ばむほどの陽気です。

 

 

ウエディングの業界で6月といえばジューンブライドが有名です。

日本の6月は梅雨の時期に突入するということもあり

ジメジメとする空気と雨になることもあるので、あまり結婚式に適した時期とはいえません

 

戦後にジューン・ブライドという言葉が流行るまでは

6月に結婚式を行うカップルは少なかったようです。

 

しかし、現在はジューンブライドに憧れるカップルが

6月に全天候型のチャペルなどで挙式を行うことも増えました。

 

では、ジューンブライドとは、そもそもどのような由来があるのでしょうか。

ヨーロッパでは3つの説が有力とされているようですので

ご紹介させていただきます

 

 

ローマ神話に出てくる女神の名前を由来としている説

0340_originale_1

 

ローマ神話の主神「ユピテル」の奥様である女神「ユノ」を由来とする説が最も有力のようです。

1月から6月まで、それぞれの月を守る神がいます。結婚の象徴であるユノが守っているのが6月であり

6月に結婚式を挙げる由来は、「結婚」や「出産」そして「育児」の象徴とされているのがユノだからだと言われています

 

ユノは女性や子ども、家庭の守護神ともいわれています

 

6月は英語でJune

ユノはJuno

 

と書きます。

かなり似てますよね。

ユノが6月の英語名ジューンの由来になっているということがわかるような気がしますね。

 

そういえば、フォトジェリッシュの衣装に新しく女神ドレスが仲間入りしました

 

元からグレードアップ料金内で選べるドレスの数はめちゃくちゃ多かったのですが…(自分で言う?)

 

「こんなドレスが着たい!」

 

というお客様のお声に応えるべく、女神ドレス含め5着のドレスを入荷しました(*´▽`*)

 

み~~~んな可愛いドレスばっかりなのでぜひこちらから覗いて見てください♡

 

 

6月は結婚が「解禁月だった」という説

 

なんだそれ!?結婚しちゃいけない月があるのか?!

 

と思う方もいるでしょう。(私は思いました笑)

 

かつてヨーロッパでは3〜5月の三ヶ月間は、農作業がめちゃくちゃ忙しくなる収穫時期でした。

そのため、その三ヶ月間は「こんな忙しいときに結婚するなんてあり得ない!」と言われてしまうので

だれも結婚をしなかったとか…。

収穫が落ち着く6月になると、「待っていました!」とばかりに多くのカップルが結婚式を挙げたという歴史が

ジューンブライドの由来なのではないか?という説でした♪

ちょっと落ち着いた周りの方々からもたくさん祝福されるので幸せになれる、と信じられていた時代があったようです。

 

たくさんの人にお祝いされたらそりゃ嬉しいですよね~!

 

 

気候・時季が最適だから結婚式をしたくなる説

201027_091_originale

 

ヨーロッパの気候は、1年間で6月がもっとも雨が少なく、天気の良い日が多いシーズンになります。

天気も良いし、多くの人たちも気持ちよく祝福してくれる、という理由から

「6月に結婚式をおこなうとしあわせな結婚生活を送ることができる」という言い伝えができたという説です。

 

6月がもっとも雨が少なくて、天気の良い日が多いシーズンってちょっと羨ましい…笑

 

いかがでしたでしょうか。

6月の花嫁、ジューンブライド、とさまざまな言葉の由来について説明いたしました。

 

日本の六月は梅雨入りということもあって雨が多く、

ロケーション撮影だと延期になりがちですが、

フォトジェリッシュ は延期ならキャンセル料金などをいただきません!

(一部施設使用料のキャンセルがかかる場合は除きます)

 

 

「雨だからな…」と迷ったら、一度ご相談ください。

 

雨上がりの方が空気が綺麗でいい写真が撮れることも少なくありませんし…

 

雨だからこそ撮れる素敵な写真もありますよ♪

 

 

140910kawasaki2 (1)