フォトジェリッシュが大切にしていること

最近、スタッフのnatsuのブログが人気ありすぎて、少々登場しづらくなっているフォトグラファーDAIです 苦笑

 

私は18歳の高校生のときから結婚式の撮影をし始めて、

ブライダル撮影歴17年となりました。

こうもウエディングの業界が長いと、専門用語はもちろん、

当日に起こり得るトラブルのほとんどが「当たり前」となってしまっていて、

natsuのブログは初心に戻ったようにフレッシュな気持ちで読んでいるファンの一人です。

 

さて、私が結婚式のカメラマンとしてデビューした当時、

まだ世の中の98%くらいがフイルムカメラで撮影していた時代に

全国でどれくらいのウエディングフォトグラファーと言われる人たちがいたのかはわかりませんが、

高性能デジタルカメラが普及している2017年現在、結婚式のカメラマンと言われる方は

日本に3万人いると言われているそうです。

 

 

その中で、会社に所属して従業員として

日雇い労働的に土日だけ撮影している

忙しい日だけヘルプに入っている

学生のアルバイトなどなど様々な形で携わっている人たちがいますが

私もかつて高校生で土日は研修という名の無報酬で撮影していました。

(もちろん、フイルムで)

 

 

そんなブラックな時代に一番感じていたことが

「いつもだいたい一緒でつまらない」でした。

新郎新婦にとっては一生に一度(であってほしい)結婚式だけど、

撮影する側としてはパターンが決まっていて

サンプルになっているアルバムとあまり相違がないように撮影することで

もっとも重視されるのはクレームになることを避ける、

というのが《目的》になっていたのです。

 

たしかに、仕事上でより多くのお客様に対応し

もっとも「効率が良い」方法で売上を高くしていくのは必要です。

しかし、お客様は「不満が少ない」という状況で「満足」ではないのではないか?

そして、何より写真、結婚式が好きで撮影しているフォトグラファーが多い中で

「より良い写真」よりも「お客さんが不満にならないように」というのは

本望ではないのではないか。ということを考えたわけですね。

 

 

お客様が本当に望んでいるのはなにか。

写真を超えた部分でのなにか、に触れていくことが

クリエイターとしての本質だと考えました。

 

前置きが長くなりましたが、そんなわけで私の結婚式当日の撮影テーマは

いつも「当日ドキュメンタリー」です。

 

3L1A9183ee

 

お二人の支度が整ってから

ブライズルームで支度をしている”風”の紅さし(リップを塗る)や

イヤリングを着けるワザとらしい素振りをさせるようなお決まりだけの撮影はほんの一部で

大半は新郎新婦、ヘアメイクを含めてすべてを

自然なカタチで記録していきます。だからこんな感じで新郎がシャツ一枚…なんてこともザラです。

 

 

いつも一緒に入っているヘアメイクのMIYURIなんかは全く動じませんが、そんなスタイルに慣れていないヘアメイクさんには

「こんな姿撮らないでください!」

なんてことも言われることもあります。

 

でも、私たちはヘアメイクの作品のために撮影しているわけではなく、

新郎新婦さんが10年後、20年後に

「私たちの結婚式当日はこうだったね」

という思い出を語る上で重要な写真だと信じているので、

そこは理解してもらいながら撮影を続けます。

 

3L1A9189ee

 

この日の撮影はたまたま、お友達からのサプライズで、

アルバムがお支度中の新郎新婦に届けられました。

二人はすでに感動で舞い上がっています。

こういうドラマのほとんどは、メイキングでこそあり得ることなんです。

 

3L1A9204ee

 

 

4B2A2834ee

 

時には腹ごしらえをしていたり、あくびなんかしているシーンなんかも 笑

 

4B2A2887ee

 

こちらもブライズルームでの一コマ。

この後に控える新郎謝辞を暗唱で練習中。

(謝辞とは、新郎からゲストのみなさまへ披露宴のおひらきの時に伝える締めのお礼の挨拶)

 

新郎へのプレッシャーの大きさが伝わりますね。

 

4B2A3193ee

 

もちろん、新郎新婦だけではなく、ゲストの方々がどのようなテンション、表情で当日を過ごしたか、ということも記録していきます。

 

3L1A9540ee

そして最後、全てが無事に終わったの一コマ。

 

フォトグラファー本人が事前に打ち合わせをして、「カメラマンさん」ではなく、「DAIさん」と名前で呼んでいただき、当日は最初から最後までお二人に付きっ切りで撮影したのも一つの思い出となりえます。

 

そんな想いで婚礼写真をしているのは、日本全国のウェディングカメラマンと呼ばれる3万人のうちの何人くらいいるのでしょうか。結婚式の写真を大切に思う気持ちは、きっと二人に理解していただける日が来ると信じて。

注意!結婚式にNGな髪型と輪郭別似合うヘアセット

 

こんにちは!8月も残りわずかですが

まだまだ暑く、出勤時はバスに乗るまでオールバックの

ポニーテールでバス停まで歩いています。

フォトジェリッシュのスタッフnatsuです。

 

 

一度知り合いに見られてとても恥ずかしい思いを

してしまいましたが未だやめられません。

はやく髪を下ろして颯爽と外を歩きたいです。

 

 

 

ところで、結婚式での髪型のマナーがあることを

ご存知ですか?

 

 

なんとなーく結婚式と聞けばヘアセット!ドレス!と

はしゃぎだすのが女という生き物です。

楽しいですよねあれ。

CG_126

 

そんなワクワクの最高潮な時でも気をつけていただきたい

マナーを今日はご紹介致します。

 

 

 

ロングヘアーは完全におろさない

 

結婚式のNG髪型で最もよく言われるのがロングヘアの

ダウンスタイルなんだそうです。

たしかにロングヘアの女性って大体アップやハーフアップなどに

かわいくセットされていますよね。

そもそもロングヘアの方は一番ヘアアレンジが出来る髪型なのに、

何もアレンジせずにいるのはもったいないです。

また、食事をする時、髪をかきあげて食べないといけないので

衛生的によくないということと、

ご両親や親族にお辞儀をする時、落ちて来ない髪型の方が

清潔感があるように見える。という理由があるそうです。

どうしても下ろしたいという方にはお辞儀をしても

髪の毛が落ちて来ないハーフアップが

おススメです。

その他はドレスに合っていれば大丈夫だそうです!

 

 

 

 

 

新婦とかぶらないようにする

 

白のドレスはウェディングドレスとかぶってしまうのでNG

と言う話は有名ですよね。

髪型にも気をつけていただきたいです。

ヘアセットってめったにしないので、ついつい髪飾りなどで

派手にしたくなってしまいますよね。

でもあくまで主役は新婦さんなのです。

新婦さんよりも豪華な髪飾りなどをつけてしまうと

「あの人新婦さんよりも目立っている!!」

と言うことになってしまいますので、

髪飾りなどが新婦さんと被ったり、豪華になりすぎない

ようにしましょう。

また、カチューシャなどの髪飾りはカジュアル感が強いので

結婚式と言うフォーマルな場ではNGなんだそうです。

さらにファーやバレッタもカジュアル感が強いのと、

ファーは殺生をイメージすることからNGだそうです。

そして花やパールも花嫁をイメージさせるので

NGです。

web

 

 

 

意外にも厳しいので不安でしたらヘアセットする際

美容室に持っていって美容師さんに相談すると

いいと思います。

 

 

 

ところで私は普段髪を巻いて下ろしただけのダウンスタイル

なのですが、ヘアセットとなると、顔がでかいので

輪郭だしたくないな~って思うんですよね。

髪型によっては余計顔でかく見えませんか?あれ。

はちゃめちゃに小顔だったらもう顔全開でオールバックに

アップヘアとかして沢尻エリカごっこなどしてみたいですが、

でこも広いので絶対にできません。

 

かわいいと思う髪型が似合う髪型かどうかって

本当に考えますよね。

 

ということで、輪郭別似合う髪形をまとめてみました。

 

 

ベース顔

 

角ばったエラを目立たせないアレンジが効果的です。

まとめ髪の際、エラにかかる程度に顔周りの毛を少し残しておきます。

これ、少なすぎても変だし、多すぎても平安時代の姫みたいに

なるのでひとつまみを私はおすすめします。

ストレートよりはふんわりウェーブや毛先だけワンカールさせると

小顔効果抜群です。

注意したいのは、前髪の長さです。

前髪を流している方はあご下くらいの長さがベストです。

長すぎると重い印象になってしまいます。

前髪のある方はあまり重たくしすぎてしまうと、

こめかみ部分のハリをより目立たせてしまうので、

軽め、もしくは前髪の横幅を広く取り過ぎないようにすると

小顔に見えますよ!

 

 

 

丸顔

 

童顔で幼く見える丸顔さんは、お団子や高い位置で結ぶ髪型よりも

低い位置で髪をまとめたほうが大人っぽさを演出できます。

また、重め前髪やぱっつん前髪は顔の横長感を強調してしまうので

より幼く見えがちです。

前髪を7:3の斜めに分けて

顔周りにかかるように流すとより大人っぽくシャープに見えます。

アップヘアよりも編みこみなどがおススメです。

 

 

 

面長顔

 

 

面長さんは、縦長の印象をなくすことが大切なので、サイドの髪に

ボリュームを持たせて横幅感を出しましょう。

先程も言いましたが取りすぎは本当におススメできないので

気持ち多めに取りましょう。顔周りに大き目の編みこみや、

後れ毛をふんわり出すことによって顔のバランスが

取れるようになります!


 

 

さぁこれで髪型に悩まされることはなくなったと思います。

迷ったらインスタグラムなどで検索するとかわいい髪型が

たくさんでてくるのでおススメです!

結婚式の持ち込み裏話

 

 

こんにちは!フォトジェリッシュのスタッフnatsuです。

このブログを書くときに色々調べて、いろんな知識が付いてきたので、

そろそろ自分で「新人」っていうのもやめようかなって思ってます。

 

でも、やっぱり経験が長い人たちに比べたら、まだまだです。

 

ところで、結婚式って一生の思い出に残るものだと

思うのですが、だからこそ何年後何十年後に見返すのが

最高だったなと思える写真だといいですよね。

OSAKA_784web

 

 

私の場合、結婚式ではなく私の成人式の前撮りでの話なんですが、着物屋さんの

提携のカメラマンさんに撮って頂いたんですけども、

表情はガチガチ引きつりまくりの演歌歌手がアルバムに収まっていたので

そっと閉じ、その後一度も開いていません。

 

 

 

 

ペット可だったので連れて行って一緒に撮影してもらったら

撮り終えた後にペットの写真は別料金と告げられました。

いやいや先に言えよと思いましたし、追加料金を払ったわりに

可愛く写っているのは飼い犬だけでした。

 

%ef%bd%b7%ef%bd%ac%ef%be%9d%ef%be%84%ef%be%9e%ef%be%99%ef%be%85%ef%bd%b2%ef%be%84_17

 

私は犬の写真を撮りに来たわけではないんだが。

とぷんすかしながら帰ったわけですね。

 

 

と愚痴はここまでにして

「女の愚痴はただ頷きながら聞いておけばいい」

という格言をここに残しておくとしましょう。

 

 

 

 

結婚式でも同じようなことがあるようです。

 

 

 

結婚式の場合、カメラマンの

持ち込み可能の会場もありますが、

「持ち込みは可能だが持ち込み料がかかる」と

言われることがよくあるそうです。

 

 

これは外部から持ち込んでも会場には負担がかからないのに

見えないマージン費用を新郎新婦から取るということで、

会場が利益を確保しようということなんだそうです。

このマージン費用、自分の会場の提携業者に

注文が入れば、その中から3050%のマージンが

会場に入るそうです。

 

 

 

そりゃ会場側も外部のカメラマンは排除したくなりますね。

黙っててもお金が入ってくるんですからね。

挙式の撮影禁止と言われることもあるんだとか。

 

 

「厳粛な式ですので」と返され、

「牧師先生が慣れないカメラマンは撮影してもらいたくないそうで」

と言われたそうです。

 

 

ええ牧師の意見優先かーい。

牧師先生繊細すぎか!ズコーーーーー。

 

 

私は挙式は絶対に写真に収めたいと思うのですが、

そんなこと言われてしまっては

あそうですかとしか言えないですよね。

 

 

会場の提携カメラマン

 

プランナーの方には「会場提携のカメラマンの方が撮影場所になれているので

頼まれたほうが懸命です」と言われ、任せると

仕上がったアルバムには花嫁の半目の写真や

「何故この写真?」という写真が載せられていることがあったそうです。

 

 

会場専属のカメラマンには「この場所でこの位置でこのポーズで撮影」といった

マニュアルが用意されている場合が多く、サンプルアルバムどおりに製作するという

ことに捕らわれ過ぎてしまっていて、とびっきりのいい表情や感動の一瞬といった

写真は二の次なことが多いんだそうです。

 

 

 

サンプルアルバム通りに撮る理由はアルバムが作りやすく、

新人カメラマンでも決まったアングルだけ撮れれば問題ないので

新人は即戦力になるそうです。さらにセレクトや色調整に

時間がかかるのでカット数も少ないそうです。

 

 

 

会場専属のサンプルアルバムはエース級のカメラマンと

フォトジェニックな新郎新婦が撮った写真なのでそりゃあ当たり前に

素敵な仕上がりなのですが、実際は「結婚式を撮るのは2回目です」

なんて新人の方が担当することもあるんだとか。

 

 

 

また掘り返しますが。笑

私の成人式の時のカメラマンさんも新人さんなのかどうかとかは

置いといて、「笑って~」としか言わないので

いや笑えないわと思いながらも頑張ってにっこりしますが

引きつりまくりの写真になってしまいましたね。

これがまた本当にブサイクで笑いながら泣きました。

 

 

 

新人さんだから悪いということではなく、

サンプルアルバムどおりマニュアルに沿って

撮影できれば問題はないと会場専属写真館が思っているのならば

仕上がったアルバムもそのレベルになってしまうということですね。

 

 

 

また、持ち込み料無料で撮影の許可を

してくれる事もあるそうなので、プランナーさんとの相談で

一度持込を交渉してみるといいと思います。

 

 

この会社に入ってお客様の撮影に同行する機会が

何度かあったのですが、カメラマン、お客様同士会話しながらの

撮影で終始和やかな雰囲気だったので、笑顔も自然で見返して

も微笑ましい素敵な写真ばかりでした。

その場にいる全員が撮影を楽しんでいたと思います。

 

OSAKA_797web

 

皆様もせっかくの晴れ舞台、

最高のカメラマンに最高のアルバムを作ってもらってほしいと思います。

ウエディンググローブの意味

 

こんにちは。フォトジェリッシュ新人のnatsuです。

 

 

ふと思ったのですが、花嫁の衣装といえばウェディングドレスのほかに
ベール、グローブがありますよね。
このグローブって一体何の役割をしていると思いますか?

 

 

 

 

。。。。日よけ?虫除け?

どうやらこのグローブ。持つ人によって意味が違ってくるようです。

 

 

 

 

[花嫁のグローブ]

 

 

 

4b2a6754

元々キリスト教は露出しない衣装がフォーマルとされていたようで
「露出を控える」というフォーマルな意味合いもありますが、

 

「無垢をあらわす」という意味もあるそうです。

 

白は無垢や純潔を表すと言いますよね!

 

結婚前の花嫁は無垢で汚れのない存在と考えられているので
グローブはそんな花嫁を守り、清めるためのものなんだそうです。
指輪交換の時にグローブをはずす理由は
「今からあなたのものになります」
という花嫁から花婿に向けての誓いの仕草でもあり、
花婿がこれからは私が花嫁を守りますという意味も含まれています。

 

シンプルに素敵です。

 

 

 

 

[花婿のグローブ]

 

 

 

470e
新郎は手にグローブははめずに手に持っていますよね。

 

花婿のグローブは手にはめるものではなく、
「花嫁を守る剣(つるぎ)」の象徴として持つんだそうです。

 

「これから一生をかけて右手に持った剣で花嫁を守ります」
という意味なんだそうです。

 

右手に剣、左手に盾を持っていたことから
「盾で新婦を守る」という意味で新婦は新郎の左側に
立つんだそうです。
どこかで花婿のグローブに意味はないと聞いたことが
あったのですが、きっちりありましたね。

 

 

 

[父親のグローブ]

 

 

0202%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

 

 

また、花嫁の父親もヴァージンロードを歩くときに
右手にグローブを持つのですが、理由は

 

「今まで大切な娘を守ってきた」

 

という意味があるそうです。
お父様のグローブにも意味があったとは。
こんなにも愛に溢れた意味があったにも関わらず私は
お父さんそもそも持ってたんだ。って思ってしまいました。。。

 

 

最近では、新婦がネイルを見せるために中指に輪っかをひっかけて指先を
出しているデザインのものなどもありますよね。
これはフィンガーレスというデザインなのですが、
そのほかにもショート丈~ロング丈で長さが分かれており、
生地もサテンやレースなど色々なものがあるので
グローブ一つとってみても楽しいですねっ!!!

 

ヴァージンロードに関するあれこれ

◯◯っ子ってありますよね。

私は小さい頃からお父さんっ子で、いまだに
結婚するならパパみたいな人!!と決めています。

 

こんにちは、フォトジェリッシュ新人のnatsuです。

 

よく「結婚するときパパ泣いちゃいそうだね」と言われるのですが
それよりも先に私が泣くと思います。

 

静かに泣くことが出来ないのできっと大泣きです。
考えただけで恐ろしいです。
結婚・父親といえばヴァージンロードを連想させますよね。

 

結婚式で花嫁とその父親が一本の道の上を共に
歩いて新郎のところへ行くアレです。結婚式の定番ですよね。

 

ohnuma-(10)

 

 

ヴァージンロードについて、詳しく調べてみると
深すぎて全私がスタンディングオベーションしました。
[ヴァージンロードは和製英語]

日本ではヴァージンロードと呼びますが和製英語なので
欧米では通じず、「ウェディングロード」または「アイル(花嫁のための通路)」
と呼ぶそうです。

日本では花嫁は無垢であるべきと考えられていたことから
「ヴァージンロード」と呼ぶようになったそうで、日本の結婚式業界が名付けたんだそうです。

 

0191%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

 

[花嫁を悪魔から守るという言い伝え]

昔、教会の床下に悪魔が潜んでいると信じられていたそうで、
結婚式では床に白い布を敷き、花嫁を床下の悪魔から守ったそうです。
キリスト教の結婚式において、カトリックでは赤い絨毯(もうせん)、
プロスタントでは白い布が敷かれるそうですが、
最近ではお花や貝殻を敷いて道を作ったりと色々なヴァージンロードが
あるようです。
[ヴァージンロードは花嫁の人生]

ヴァージンロードは花嫁の人生を表しているといわれ、
チャペルの扉が開くという事は、花嫁の誕生を意味しているそうです。

その為、チャペルの扉が開く前、花嫁は母親のおなかにいる状態
を表しているそうです。

web_6

 

 

[母親からのベールダウン]

ベールダウンとは挙式の直前に花嫁のウェディングベールのことをいい、
母親が降ろして送り出す儀式です。

このベールには花嫁を邪悪なものから守る「魔よけ」の意味が込められており、
そのベールを顔の前へ降ろすことで

「これまで長い間、愛情と優しさを持って
あなたを守ってきましたが、今日からはあなたが選んだ最愛の人
とともにしあわせな人生を歩んでください」
という親の思いを表現するそうです。
そして、花嫁を一生愛し守ることを誓った花婿だけが
両親に代わってそのベールを上げることができるんだそうです。

その瞬間から花嫁は母親のおなかの中~0歳に戻ることを意味しており、
扉が開き、父親と腕を組んで歩き出す瞬間は誕生、人生の始まりを
意味しているそうです。

 

 

0178%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

 

 

[ヴァージンロードは花嫁が歩んできた過去を表す]

バージンロードは生まれてから大人になるまでの道のりを意味します。
つまりバージンロードは、人生を表し、幼い頃から大きくなるまでの
思い出を振り返りながらゆっくりと一歩一歩新郎の所まで歩いていく
という意味があるそうです。
[ゆっくり歩く理由]

また、ゆっくりと歩くことにも意味があるそうで

最初の一歩は誕生を意味し、片足を出しては両足をそろえ、一歩出してはそろえるという
特徴ある歩き方にはドレスの裾を踏まないように歩く為だけでなく、
赤ちゃんのよちよち歩きを表現したものといわれているそうです。

だから、父親に手をとってもらいながら進むのですね。

よちよち歩きだった赤ちゃんが1歩踏み出すごとに1歳成長していきます。

 

新婦が生まれた日
初めてハイハイした日
初めて立った日
などなど、愛する家族と過ごしてきたその一瞬一瞬を
生まれてから一番長くそばにいた男性、つまり父親とその道を
一歩一歩踏みしめながら歩きます。

176e

この時点で泣きそう。

 

そして花嫁の人生のヴァージンロードの最後にいるのは
愛する新郎です。

 

 

0231t

 

 

父親から託され、手を取り合うことから
新しい未来が始まります。
入場時のヴァージンロードは
「神の前で二人が出会うための道」

 

 

 

 

退場時のヴァージンロードは
「新しい人生の第一歩を踏み出す道」
退場するときは、「新しい人生の第一歩を踏み出す道」という意味なんだそうです。

 

0291%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0
ヴァージンロードにこんなにもたくさんの
意味が込められているとは。。。
これはもうみんなに知ってほしい!!!とウズウズしています。
絶対に知っているのと知らないのとでは気持ちの
入り方も全然違うと思います。
ちなみに、ヴァージンロードを一緒に歩く人に制限はないので
父親に限らず両親と歩いても、
祖母・祖父、兄弟、お友達や恩師でも
大好きな人であれば大丈夫だそうですよ。

 

結納品の豆知識あれこれ

おはようございます!

 

私は今まで友達の結婚式に出たことがないけど、

フォトジェリッシュで仕事をしていると日常的にあれこれとブライダルの用語が出てくるので、

日々お勉強です!

 

今日は結婚とセットでよく「結納」という言葉も聞くので、それについて調べてみました。

 

今までに何度も耳にしたことはあるのですが、内容はよくわからないまま

「結納とりあえずめちゃめちゃ緊張する~」と知り合いに言われたことが

あったのですが、結納がどういうことをするのか知らない私は

「え~やばそ~」と、当たりさわりのない返事をしてしまったことがあります。

 

その時に聞いておけばよかったものの

聞くは一時の恥。聞かぬは一生の恥。という言葉のとおり

ここまで来てしまいました。

まあ私は今知ったので3年ほどの恥で済みましたが。

 

皆さんが一生の恥をかかないためにも結納とは一体何をしているのか?

を調べてみました。

 

 

 

ということで今回は結納と結納品についてです。

 

 

結納とは両家のみで行うものなので、挙式、披露宴や二次会のように友人のものに

参加して雰囲気を知ることができない為、

自分が結婚するまで結納に触れる機会はなかなかありません。

 

 

「家族」と「家族」を結びつけるものとして、男性は結納品を用意し

女性の自宅へ、一方で女性は料理で男性一家をもてなすものだそうで、

元々は仲人という家と家を行き来する役割の人も存在しましたが、今では

略式結納といった形で仲人を立てないず、料亭やレストランで行うのが一般的だそうです。

 

私も一緒に食事をするということはなんとなく知っていましたが

元々は女性が料理をふるまっていたということは衝撃的でした。

 

 

その他の特徴として結納品の準備や結納金、結納返しなどの用意が必要になることも特徴だそうです。

 

基本的には結婚する当事者(新郎新婦)と両親、兄弟、祖父母くらいまで執り行うので

お互いの両親に教えてもらうことが多いようですが、新郎新婦たちも自分たちでしっかりと

理解しているに越したことはないですよね。

 

 

 

まずは結納品について。

 

結納品とは、二人の結婚して暮らしていくのに関係する縁起の良い物を集めたものだそうで

関東と関西では熨斗(のし)の形状や中身が違ったりするみたいで、

東日本と西日本でくっきりと分かれるかというと、そうでもないみたい。

あくまで参考程度に知っておけばよい程度らしいです。

 

ちなみに、関東も関西も正式には9品目ですが、

略式の場合は5か7品目が一般的なんだそうですよ。

 

結婚式のご祝儀もそうですが、

日本は昔から奇数を縁起のいい数字として扱っているため

品数が増えても減っても奇数を守るそうです。

 

 

よく「割り切れない」という理由から、

割り切れる数は結婚に向いてないという説がありますが

結婚に限らず陰陽道では奇数はいい数字とされていた名残だそうです。

 

また、関東では新郎家、新婦家を同格に扱う背景から結納品も同じレベルを

そろえるため、結納品を「交わす」、関西では新郎から新婦側へ結納を「納める」

という表現をするそうです。

 

 

すごくどうでもいい話をしますが私は白米が苦手なのでおかずは多い方がうれしいです。

 

 

関東の結納品一覧(9種)

【長熨斗(ながのし)】

のしあわびです。あわびを長く伸ばしているもので長く生きる、

また、長生不死の薬といわれたことからも長寿祈願として

おめでたい場で使われます。熨斗とは、のしあわびが由来なんだそうです。

もともとあわびは儀式用のさかななんだそうです。

最近ののしあわびはビニール製の代替品や、本物のあわびでも

食用として加工されていない場合が多く、食べることはできないようです。

ちょっと残念です。。。

【目録(もくろく)】

結納品のメニュー一覧。結納品として、これを贈ります。

ということで、結納品の一覧とそれぞれの数を記載します。

関東では目録は品数に含まれますが、

関西では目録は品数に含まれないそうですよ。

【金宝包・金包包(きんぽうつつみ)】

金封です。いわゆる結納金がこの金包包になります。

もともとは新郎家から新婦の方に

「これで結婚の支度をしてくださいね。結婚衣装でも買ってくださいね」

という意味なので、新郎からのからの金包包を「御帯料」(おんおびりょう)、

新婦からの結納返しを「御袴料」(おんはかまりょう)と表書きにします。

こちらは男性用の袴を仕立てる料金という意味から転じて、

現代ではスーツ仕立代などになっているそうです。

【勝男節(かつおぶし)】

文字通り鰹節です。「勝男武士」ともいい、男性らしさの象徴でもあるそうです。

もともと鰹は勝ち魚として、慶事ごとに使われていましたが、

鰹そのままでは飾っていても傷んでしまうので、保存食である鰹節を用いるように

なったそうです。日持ちがするので、「末長い幸せ」を願う意味がある、

といわれているそうですよ。

 

【寿留女(するめ)】

健康と長寿を象徴するものだそうです。

現代のスルメのイメージでは完全に酒のツマミでおめでたいイメージはゼロですが、

昔から日持ちし、噛めば噛むほど味が出るということで、

「そんな花嫁になってほしい」という意味と末永い幸せを願ってスルメを贈るのだそうです。

また、長期保存できることから「食べ物に困らないように」

という意味合いもあるそうです。

【子生婦(こんぶ)】

これはおせち料理とおなじなので、よろ「こぶ」などで子孫繁栄を願った縁起物です。

嫁入りの場合は「子生婦」「子布婦」、

婿養子の場合は「子生夫」「幸運夫」と書くこともあるそうです。

【友白髪・友志良賀・共白髪(ともしらが)】

多分これはほとんど見たことがないと思いますが、麻の繊維です。
白髪になるまで、白髪になっても二人が仲良く、という願いを込めた縁起物です。

また、麻のように強い絆で結ばれるという意味で、

夫婦円満の願いが込められているそうです。

【末廣・末広(すえひろ)】

末広がりをイメージする扇子です。純真無垢の印として、

白い扇子を結納品を贈り、家の色に染まってくださいという意味もある、

なんとも意味深な結納品ですね(笑)

家運が末広がりに繁栄することを意味するようです。

【家内喜多留(やなぎだる)】

これはお酒の樽です。「多くの喜びが溜まる」ようにと家内の円満を願って贈るもので、

もともとは酒樽を送りますが、

現状は「酒肴料」としてお金を包むようにしているそうです。

 

また、今後9品目ではなく、3,5,7と略式にする場合は

  • 7品目の場合は目録、長熨斗、金宝包、寿留米、子生婦、友白髪、末廣
  • 5品目の場合は目録、長熨斗、金宝包、友白髪、末廣
  • 3品目の場合は目録、長熨斗、金宝包

という品目になっていきます。

食材ひとつひとつに意味があってどれも深いですね。

個人的にはするめがなんだか気に入ったので

帰りにするめを買っていこうと思います。

 

 

 

いかがでしたか?結納にはこんなにもたくさんの

意味合いがあったんですね。

 

 

結納とは両家が二人と両家の幸せを願って贈るもので

金銭的な問題だけではなく、それぞれの結納の意味や成り立ち、

結納品の意味について知っておくことで、結納を単に「こなすもの・済ます物」

ではなく、一つの大事なイベントとして思い出に残すことができると思います!

 

実は知らない!?お色直しの深い意味

こんにちは。

毎年のことですが、夏は女性の方々

本当にお化粧がヨれてしまって困る経験はありませんか。

 

毎朝、完璧な状態で家を出ますが駅に着くまでにヨれにヨれて

鏡をのぞくとそこには5歳ほど老けた自分がいます。

 

 

何度もお化粧直しをするので21歳にして厚塗り感が

隠しきれません。どうもnatsuです。

 

今回は結婚式・披露宴における「化粧直し」にちなんで「お色直し」についてです。笑

 

 

 

お色直しといえば新婦さんだけが結婚式で

髪型を変えたりカラードレスに着替えるものだけのものだと思っていました。

 

新郎も和装からタキシードに着替える事はあったりしますが

タキシードから別のタキシードに着替えたりする事もあるそうです。

 

タキシード全部まではいかなくとも、ネクタイやシャツの

色だけをチェンジしたり、髪型を少し変えたり、なんとお色直しで

一気にひげをさっぱりさせたり、ロン毛をバッサリ切ったりする演出もあるんだとか。

456e 468e

 

新婦だけでなく新郎がお色直しすることで

より新婦のドレスや二人の魅力が引き出されたり、

雰囲気や気分をガラッと変えることができると思います!

 

 

 

 

 

 

そもそも、「お色直し」という言葉自体の意味は白無垢からの文化らしいです。

110eweb

 

日本の花嫁の正式なスタイルの白無垢から色内掛にすることか、

もしくはウエディングドレス→カラードレス・カクテルドレス

に着替えるという演出です。

 

 

ウェディングドレスの白は純潔や純真の白という意味合いで、

日本では奈良時代から婚礼衣装は白装束だったそうです。

 

 

 

 

 

その時代からまっさらな白無垢を結婚後3日間着用し、4日以降から色内掛を

着ることが許されていたそうで、、、

 

汚したら大変です!!!笑

 

138e

 

 

つまり色内掛は真っ白な白無垢で嫁ぎ、

4日目はその嫁ぎ先の家に染まる=色が入るという意味で白無垢から色内掛に

「お色直し」すると言う意味だったようです。

 

 

それが簡略化され披露宴内でお色直しをするようになったそうです。

 

 

地域によっては白無垢→色打掛→ウェディングドレス→カラードレス、と、

3回も色直しをする場所もあるそうです。

 

ゆっくりとご飯を食べる暇がないですね!!!

 

 

 

披露宴用への衣装替えの意味

 

実は海外ではお色直しをする文化はないそうで

ウェディングドレスは儀式用の衣装、そしてカラードレス/カクテルドレスは

パーティドレスとしての衣装替えという意味合いも最近ではあるそうです。

 

0727%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

 

 

 

 

 

 

お色直し「なし」はありなの?

 

 

多くの人がお色直しを希望し、なかには2回3回!と希望される方も

いらっしゃる一方で、少しでも披露宴会場で過ごしたいからお色直しはしない!

という新婦様もいっらっしゃるそうです。

 

しかし費用的な負担はあるものの、お色直しはするべきだそうです。

その理由は新郎新婦の休憩だそうで、

新郎新婦は朝から準備、写真撮影、挙式、披露宴

と勧めていくのでゆっくりと一息つく時間はほとんどありません。

 

 

お色直しをしないとなると、少なくても披露宴開始後は2〜3時間ほど一息もつけず

つまりお手洗いに行く時間もなくなってしまうそうです。

 

 

 

 

挙式から緊張して尿意がなかったとしても披露宴が開始して

少し経つとリラックスして急に催す場合もあるので休憩タイムとして

お色直しの時間は抑えておくべきだそうです。

 

 

 

確かに、披露宴ではドリンクも出ますし、

私は緊張でのどが渇いてたくさん飲んでしまう気がします。

 

そうなるとお手洗いもかねてお色直しは必要だと思います。

それと衣装が変わると自分も招待された側の人も楽しいですよね。

 

CG_066

 

 

 

いかがでしたか?今回はお色直しについてでしたが

結婚式用語ひとつひとつの意味があるので意味を1つ1つ

噛み締めるとより結婚式を楽しめるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

【横浜穴場ロケーションスポット】

いつのまにかセミの声がだんだんと目立つようになってきた横浜のとある公園。

 

天候にも恵まれたおめでたカップルのロケーション撮影のレポートです。

 

160401web_11

———————————————–

[本日のお客様の撮影メニュー]

撮影内容:洋装ロケーションプラン

ウェディングドレス、タキシード持ち込み、撮影写真の全データ

価格:90,000円(税別)+移動費、土日料金など30,000円

撮影者:DAI

———————————————–

 

フォトジェリッシュの特徴の一つとして、衣装持ち込みでの撮影も可能です。

しかも、衣装分の料金を差し引くことができます。

ただし、あまりに状態の悪い衣装だと、ご依頼をお請けできない場合も。

 

お客様の将来、写真を見返して残念な気持ちになることはしたくないのです。

 

160401web_3

 

今回の御新郎様は190cmを超える身長のバスケット選手!!

フォトジェリッシュでもそんな衣装はご用意がなかったので、

オーダーで作ったものを持ち込んでいただきました。

 

160401web_12 160401web_13

記念にバスケットチームのユニフォームでも撮影。

160401web_15

 

そんなお二人が溺愛しているうさぎさんも参加しての撮影でした。

もしかしたら花嫁よりも注目を集めていたかも!?

 

160401web_14

160401web_1 160401web_2

 

いえいえ。

新婦さまもとっても素敵なオトナの女性です。

 

160401web

 

 

こだわりは生花のヘッドアクセ。

フォトジェリッシュと相性が良いエドウィンRモレナールの作品です。

 

160401web_4

 

 

身長差がすごいので、撮影の構図を考えるのにも一苦労しました。

 

160401web_9

 

横浜で有名な公園といえば、山下公園。

その近くにある港のみえる丘公園もなかなかの眺望です。

 

その公園内にひっそりとただずむ旧邸跡がとっても素敵な雰囲気を醸し出しています。

これからの暑い時期ですが、

ちょうど一日中木陰なので、比較的涼しい撮影時間を過ごせそうな場所です。

 

土日も撮影できるので、一押しのロケーションスポット。

———————————————–

[本日のお客様の撮影メニュー]

撮影内容:洋装ロケーションプラン

ウェディングドレス、タキシード持ち込み、撮影写真の全データ

価格:90,000円(税別)+移動費、土日料金など30,000円

撮影者:DAI

———————————————–

 

フォトウェディングならフォトジェリッシュのDAIがチョー得意分野だからお任せ!

 

【誰のための、なんのための結婚式ですか?】

ようやく寒さも和らいできましたね。

世間はゴールデンウィークが始まり、子どもと連れたファミリーの姿をよく見かけます。

 

同時に、至る所で結婚式に参列するような雰囲気の服装の方々が見受けられます。

 

本日は3月に伊勢山皇大神宮で結婚式の撮影をしたお話です。

———————————————–

[本日のお客様の撮影メニュー]

撮影内容:メイクシーン・神社挙式・披露宴

撮影後に補正全データお渡し

価格:100,000円(税別)

———————————————–

 

 

032e

 

 

まだ冷たい雨が降る3月の終わりごろです。

フォトグラファーとの事前打ち合わせは3週間前でした。

 

今回のご依頼者は入籍して3年目のカップル。

フォトグラファーは聞きました。

「なんで入籍してしばらく経ってるのに?」

 

新婦さまは一瞬考えてこうお答えしました。

「私のお母さんの体調が悪いから。どうしても今しかなくて」

 

024e

 

「そうなんですね。。。」

 

今回の結婚式を行う神社は伊勢山皇大神宮。

別名、関東のお伊勢さまとも言われる由緒ある当社は、

天照大神を祭神としているにもかかわらず、

この日はどこかの岩戸へと引き籠もってしまわれたのかもしれない。

 

披露宴は文久三年(1863年)より横浜で料亭を営んでいる

超老舗料亭「田中家」さんにて。

お支度もそちらをお借りして行われました。

022e

 

素敵な風情ある建物と笑顔がステキな方々ばかり。

到着してから色々と荷物を整理して。

 

002e

 

005e 008e

 

衣装も揃ったので、いよいよ新婦様のヘアメイクがスタートします。

 

和装はやっぱり水化粧を行うととっても綺麗になりますね。

今回ヘアメイクの盧さんは超ベテランの盧さん。

 

いつも新婦様の期待以上の仕上がりにしてくれます。

 

053e

 

 

「トントン」

 

襖を叩く優しい音とともに新婦様の妹さんが様子をうかがいに来ました。

 

新婦と妹さんはとっても仲良しで

 

「かわいい〜」

「いいでしょー?えへへ」

 

そんな暖かい会話が交わされていました。

 

046e

 

着付け師「HARU」の小西さんはテキパキとお支度を仕上げ、

予定より30分も前に花嫁支度完了。

 

096e

 

新婦のお父さんとお母さんを別室にお呼び立てし、ご挨拶です。

 

「いままでありがとう。これからもなるべく永くよろしくね」

 

新婦もお母さんも終始照れ笑い。

ただひとり、新郎様のお母さんは後ろを向いて音を立てないように涙をぬぐっていました。

 

133e

 

 

新郎は三人兄弟で妹が二人、新婦は三人兄弟で弟と妹がいます。

両家揃うととっても賑やかで、お父さんもお母さんもノリが良くって、本当にみんな仲良しです。

 

138e

 

 

雨の中の移動は大変ですが、花嫁衣装は不思議と風情も感じます。

 

173e

親族紹介は少し笑いもありましたが、無事滞りなく終わりました。

 

いよいよ挙式です。

 

197e202e

 

参進

 

花嫁行列

 

雨が降るなかでの撮影となりました。

 

伊勢山皇大神宮は天照大神を祭神として祝っておられる神社ですが、

もしかしたら、この日はまた岩戸に篭っておわしたのでしょうか。

 

210e

伊勢山皇大神宮の特別なルールがあります。

 

カメラマンは祭事ごとに立ち位置とシャッターの回数が4回までと決められているのです。

一枚一枚を大切に撮るようになります。

緊張の瞬間の連続です。

219e

 

種類によって、桜はすでに散っていましたが、

これもまた日本の味わいを感じられます。

 

218e 233e

 

 

挙式も無事、行われました。

 

田中屋さんまでバスで戻って、宴席です。

 

274e

 

 

 

389e 463e

 

最近では見ることが少なくなった鏡開き、

また、田中屋さんに専属でいらっしゃる芸妓さんの三味線が花を添えます。

 

最後は、オリジナルの歌に合わせてお茶屋遊びの「トラトラ」

 

511e

 

実はこれ、旅行好きの両親にはドッキリのイベントで、

新郎新婦から旅行券のプレゼント。

 

両親は「やられた!」という表情で、恥ずかしそうに受け取っていました。

 

580e

585e

披露宴も無事に御被楽喜となりました。

 

空もすっかりと暗くなっていて、いい時間です。

お二人はこちらの写真を気に入っていただき、

サンキューカードとしてポストカードもご依頼いただきました。

 

———————————————–

[本日のお客様の撮影メニュー]

撮影内容:メイクシーン・神社挙式・披露宴

撮影後に補正全データお渡し

価格:100,000円(税別)

サンキューカード:150円(税別)/枚

———————————————–

 

後日、出来上がった写真を納品させていただいた時には、

お二人はもちろん、ご両親もとっても喜んでいただけたそうです。

以来、お母様の体調も良く、元気に過ごされているそうです。

 

なるべく、多くの時間を家族とともに。

それが一番の親孝行だと感じました。

結婚式って、なんのため、だれのために行うのでしょうか。

それが明確になっていればいるほど、素晴らしい1日になると思います。

 

366e

 

 

【挙式当日の撮影お問い合わせが続々】

早いもので2017年も1ヶ月が過ぎました。

実は、1月、2月は結婚式当日の撮影や前撮り撮影は少ないものの、

結婚式当日の写真や動画撮影のお問い合わせが多いのです。

今月のお問い合わせで相談いただいたのは4組のカップル。

うち、みなさんフォトジェリッシュでのご依頼を決めていただきました。

◆1組目 ファニーワップさんで二次会の撮影◆

IMG_6161

横浜のロケーションスタジオ、ファニーワップさんでの二次会のご依頼です。

二次会の撮影だけでしたので、フォトグラファーの指名こそありませんでしたが、

今日の担当のフォトグラファーは絶対に素敵な写真を撮って来れる自信があります。

なぜならおふたりが、とってもステキなお二人だから(♡´∀`♡)

新郎様は横浜で沖縄料理店を経営されているそうです。

—————————–
二次会写真撮影プランは60,000円+税、全データのお渡し。

◆2組目 5月 伊勢山皇大神宮で和装神前結婚式、横浜の老舗料亭・田中家さんで披露宴◆

IMG_6111

旦那様は消防士で、奥様は美容学校の先生という組み合わせ。

職業だけで見てみると、いろんな組み合わせがありますね。

横浜出身のご新婦様は、ご友人の家が田中屋さんの近くだったということで、

前々から存在は知っていたとのこと。

料亭割烹の田中家さんは文久三年(1863年)から営業しており、

その頃の横浜駅のあたりは、まだ海だったのだとか。

ご指名いただいたフォトグラファーは伊勢山皇大神宮での撮影経験があるJUNKOさん。

和装の技術もかなりの上級者です。

—————————–

JUNKOさんのフォトギャラリーはこちら→ http://photo-jellish.jp/photographer/junko/

◆三組目 表参道クラシカでお子様づれで結婚式◆

IMG_6159

三組目のカップルは、実は一年くらい前にご相談をいただいたお二人。

そう、そのときはお二人だったんです。

今回のご相談は三人で来ていただきましたー(♡´∀`♡)

表参道クラシカさんで挙式・披露宴を行いますが、最初はプロフィールムービーでのご相談をいただき、

お話しているうちにいろんなご提案を受け入れていただき、当日のウェディングフォトもご依頼いただく事になりました。

「結婚式場のようにたくさん割引して、決めるまでしつこく帰さない」

というスタンスではないので、みなさんは安心してご相談に来ていただいているようです。

より多くのお客様に喜んでいただけるよう、幸せな結婚式を最高の形で残せるように

お手伝いできたらいいな、と。