雨の日の結婚式は実は縁起がいい!

 

こんにちは!natsuです!

先月は台風が来て雨の日が多かったですが、

結婚式などのイベント事は雨が降ると凹みますよね。

前に ”ジューンブライド”実はそんなに人気じゃない説について書きましたが、

雨の日の結婚式って、実はとっても縁起がいいんだそうです。

140910kawasaki2 (1)

 

 

【雨降って地固まる】

日本のことわざですが、結婚式のスピーチなどでもよく

れていますよね。

「揉め事の後は、かえって良い結果や安定した状態を保てるようになる

という意味で、人は雨を嫌がるものだが、雨が降ったあとは、

かえって土地が固く締まり、よい状態になる意味 もあります。

今までの人生の辛かったこと、忘れたいことを

雨が流し去ってくれるということですね♪

 

さらにキリスト教では「雨は天からの贈り物」と考えられていて、

雨は大地を潤し緑を育てる人間にとっての生命線のようなものであり、

「恵みの雨」とも言われるように雨は幸せの象徴なんだそうです。

 

 

 

Mariage pluvieux mariage heureux

( 和訳:雨の日の結婚式は幸運をもたらす)

これはフランスの古くからの言い伝えです。

フランスでは、「雨の日の結婚式は神様が祝福している証拠で、

空の上から天使が舞い降りてくる」

と言われているそうです。

ステキ、、、!海外の言い伝えって、日本よりも

夢がある気がしてステキなものが多い気がします。

182web

こちらは雪山!!!

 

最近だと、あえて雨の日にウェディングフォトを撮るカップルも

いるみたいですよ♪

傘やジャケットを雨よけに使ったポーズなど

雨の日にしかできないポーズがかわいくて

人気みたいです♪

海外ウェディングのメリット・デメリット

 

こんにちは!!natsuです!

先日ぺこ&りゅうちぇるの結婚式を記事にしましたが、

芸能人の海外ウェディングもよく見ますよね。

里田まい・楽天の田中正将夫妻や水島ヒロ・絢香夫妻も

海外で結婚式をあげたそうですよ♪

私は海外ウェディングってあこがれるけど英語話せないし、、、

高そう、、、っていうのが正直な意見です。

でも実際、「国内で挙げるよりもお金はかからない」

なんて話も聞いたことがあるので、今回は

海外ウェディングのメリット・デメリット

についてご紹介しますね。

0271e

 

【メリット】

国内挙式の相場は平均で

300~350万円くらいですが、海外挙式の相場は

平均で100~150万円です。

そのワケは、、、。

招待客の人数が少ないことと、新婚旅行と一緒にする人が多いから

なんだそうです。

 

[招待客の人数が少ない]

海外挙式をする場合、招待するのは基本的に

双方の両親や家族、本当に親しい友人のみ。

または誰も招待せずに2人だけで挙げることもあります。

そのため、余計な気を使う必要もないので、気軽に

式を挙げることができます。

 

[新婚旅行と一緒にできる]

結婚式をするなら合わせて新婚旅行の計画もしなければいけませんよね。

ただでさえ結婚式の準備で忙しいのにバタバタです、、、。

新婚旅行は結婚式が終わって落ち着いてから。と思っていたら

タイミングを逃して行けてない、、、。なんて方も。

新婚旅行で行ってみたい国で挙式をすれば、渡航費も節約できますし、

思い出も増えて一石二鳥ですね♪

 

【デメリット】

 

[実物とのギャップ]

海外挙式では、実際に会場を見る事が難しいので、

多くの場合、手配会社と写真やパンフレッドを

見ながら打ち合わせを進めます。

その為、実物を見たときに

写真で見たものとイメージが違ったり

思ったよりショボイ、、、何てことも。

なので、打ち合わせのときに手配会社の人に

気になることはしっかりと確認しておいたほうがよさそうです。

 

 

[親戚への挨拶回りが必要]

メリットでもお話しましたが、招待するのは基本的に

双方の両親や家族、本当に親しい友人のみなので、

特に挨拶をする必要のある人が少ないというカップルには

海外挙式は向いていますが、

親戚や仕事関係の人など挨拶をする必要のある人が多い場合、

帰国後挨拶回りで大忙しになってしまいます。

なので帰国後は国内で顔見せのパーティや

1.5次会など開くのがおススメです。

[現地スタッフと言葉が噛み合わない]

これこれ!英語が苦手な人や海外に行くのが始めてな人は

とっても不安ですよね。

言葉が通じずにコミュニケーションが上手いかず、

演出やヘアメイクなど希望通りじゃなかった。。。

なんて悲しすぎます。

そうならないためにも、現地に日本語を話せるスタッフがいる

会場を選んだりするようにしましょう。

また、ハワイは比較的日本語が通じやすいそうです。

0337e

メリット・デメリットそれぞれありますが、

海外ウェディングをするからには打ち合わせ時に

心配なこと、気になることは聞いてしっかりと確認

することが大事だと思います

結婚式の意味

こんにちは!スタッフのnatsuです。

いつも結婚式関連の記事を書いていますが、
そもそも結婚式って何故するんでしょうか?
最近は結婚式を挙げない「ナシ婚」という言葉も
よく聞きますよね。

 

 

136e
ネットでは「本当はしたくないけど、親のためにする」や、
「車一台買えるお金を一日で使いたくない」など、
しない派の意見として一番多かったのが
「お金がかかるから」でした。
お金がかかるとしても、式を挙げる理由を
知ればもしかしたら結婚式に対する意識も
変わってくるかも知れません。

 

 
永遠の愛を誓う

結婚式は人生の節目です。大勢の人の前で愛を誓い合うことで
愛する人と生涯を共にする決意が一段と強くなり、大勢の人に
祝福されることによってより幸せを実感できると思います。

 

 

OSAKA_774web

 
お世話になった人々に感謝を伝える

今まで関わってくれた人々に感謝を伝える機会って滅多にありませんよね。
結婚式は今まで自分を支えてくれた人々に感謝を伝える機会になります。

会社の上司や友達など感謝を伝えるべき人はたくさんいますが、
特に結婚式は今まで育ててくれた両親への「ありがとう」を
伝える場所になり、最高の親孝行の場になると思います。

0891%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

 
久しぶりの再会の場

遠くに住んでいてなかなか会えない兄弟、親戚、友人達。
そんな人達に再会できる絶好の機会です。そしてゲスト側も
新郎新婦の晴れ舞台に幸せを感じられると思います。
「結婚式は周りの方々のため」と言う言葉もよく聞きますよね。

 

OSAKA_702web

 

 

 

 

そして結婚式といえば挙式と披露宴を
セットで聞きますよね。

違いは何なのでしょうか?
恥ずかしながら私は
ドレスがウェディングドレスからカクテルドレスに
変わるくらいしかパッと思い浮かばなかったのですが、
しっかりとした違いがあります。

 
挙式は、神などに結婚を誓うための儀式です。
披露宴は挙式を終えた新郎新婦のお披露目パーティです。

今までお世話になった、そしてこれからお世話になる方々にお互いを披露する。
それが披露宴に込められた意味なんだそうです。
ダンスやゲームなど楽しいイメージのある披露宴ですが
本来は新郎新婦が感謝の気持ちを述べ、ゲストに喜んでもらうためのものだそうで、
わざわざ足を運んでくれた人達に「来てよかった」と
感じてもらえるようにという願いが込められているそうです。

0391e

 

 

 
また、ナシ婚賛成派でも一応式を挙げたという人の意見では
「仕方なく挙げたけど親や友人が喜んでくれて結果的にしてよかった」
という人がほとんどで、「式を挙げて後悔した」という意見は
少なかったです。

 

 
自分達の為でなく、周りの人への感謝のためにも、
式を挙げるのはいい機会になるということですね。
意味を知ってこそ周りの人にももっと感謝し、
最高の結婚式になると思います。

【挙式当日の撮影お問い合わせが続々】

早いもので2017年も1ヶ月が過ぎました。

実は、1月、2月は結婚式当日の撮影や前撮り撮影は少ないものの、

結婚式当日の写真や動画撮影のお問い合わせが多いのです。

今月のお問い合わせで相談いただいたのは4組のカップル。

うち、みなさんフォトジェリッシュでのご依頼を決めていただきました。

◆1組目 ファニーワップさんで二次会の撮影◆

IMG_6161

横浜のロケーションスタジオ、ファニーワップさんでの二次会のご依頼です。

二次会の撮影だけでしたので、フォトグラファーの指名こそありませんでしたが、

今日の担当のフォトグラファーは絶対に素敵な写真を撮って来れる自信があります。

なぜならおふたりが、とってもステキなお二人だから(♡´∀`♡)

新郎様は横浜で沖縄料理店を経営されているそうです。

—————————–
二次会写真撮影プランは60,000円+税、全データのお渡し。

◆2組目 5月 伊勢山皇大神宮で和装神前結婚式、横浜の老舗料亭・田中家さんで披露宴◆

IMG_6111

旦那様は消防士で、奥様は美容学校の先生という組み合わせ。

職業だけで見てみると、いろんな組み合わせがありますね。

横浜出身のご新婦様は、ご友人の家が田中屋さんの近くだったということで、

前々から存在は知っていたとのこと。

料亭割烹の田中家さんは文久三年(1863年)から営業しており、

その頃の横浜駅のあたりは、まだ海だったのだとか。

ご指名いただいたフォトグラファーは伊勢山皇大神宮での撮影経験があるJUNKOさん。

和装の技術もかなりの上級者です。

—————————–

JUNKOさんのフォトギャラリーはこちら→ http://photo-jellish.jp/photographer/junko/

◆三組目 表参道クラシカでお子様づれで結婚式◆

IMG_6159

三組目のカップルは、実は一年くらい前にご相談をいただいたお二人。

そう、そのときはお二人だったんです。

今回のご相談は三人で来ていただきましたー(♡´∀`♡)

表参道クラシカさんで挙式・披露宴を行いますが、最初はプロフィールムービーでのご相談をいただき、

お話しているうちにいろんなご提案を受け入れていただき、当日のウェディングフォトもご依頼いただく事になりました。

「結婚式場のようにたくさん割引して、決めるまでしつこく帰さない」

というスタンスではないので、みなさんは安心してご相談に来ていただいているようです。

より多くのお客様に喜んでいただけるよう、幸せな結婚式を最高の形で残せるように

お手伝いできたらいいな、と。