まるでお雛様♡十二単を着た結婚式

こんにちは!(^^)!

だんだんとポカポカの日が増えてきて

春の訪れを感じます♪

.

3月といえば、ひなまつりです(^^♪

我が家にもひな人形があります。

ひな人形の着物って、カラフルで綺麗ですよね♡

.

あの着物、十二単といって、平安時代の正装にあたる衣装で、

当時は位の高い特別な人しか着れなかったそうです。

.

そんな特別な人しか着れない十二単を結婚式に着ることができるそうです♪

今回はそんな十二単についてです(^^♪

本当はひなまつり前に投稿したかったのですが、、、( Д`)

55_large

.

[十二単]

平安時代の儀式や公家女房の正式な場での衣装とされていた着物の着方です。

現代でも、御即位の大礼の儀、皇族妃のご成婚の儀を行う時に着用されているそうです。

十二単というのは通称で、正式には五衣唐衣裳(いつつぎぬからぎぬも)

といいます。

実際は十二枚着ているわけではなく、

① 小袖 (こそで)

② 長袴 (ながばかま)

③ 単衣 (ひとえぎぬ)

④ 五衣 (いつつぎぬ)

⑤ 内衣 (うちぎぬ)

⑥ 表着 (うわぎ)

⑦ 唐衣 (からぎぬ)

⑧ 裳 (も)

の順番で着ているそうです。八枚なんですね。

④の五衣が名前のとおり、襟元や袖部分だけが複数枚重ねになっており、

重ねて着ているように見せる"比翼仕立て”となっているそうです。

さらに、重ねた色にも意味があり、襲色目(かさねいろめ)とも呼びます。

季節感を表したその組み合わせは数えられないほど存在します。

当時は袖や襟元から覗くグラデーションがオシャレとされていたそうです♪

色合いが良くとっても素敵なんですが、12枚までとは行かなくとも

8枚も着ているので重そうだなぁ。。。なんて

思うのですが、どうなんでしょうか?

.

[重さ]

平安時代の十二単の重さは10kg前後だったと言われていますが、

現在はなんと、20kgほどあるんだとか!!?

現代で再現すると逆に重くなってしまうんですね!

その差は布地の重さだそうで、当時の糸は今よりもずっと細く、

布も今より薄かったんだそうです。

.

ウェディングドレスや白無垢でも5kg前後なので

だいぶ重く感じます(+o+)

だがしかし白無垢や色打掛に比べて

着た時の締め付けは少ないので、十二単の方が楽に感じる

花嫁様も多いそうです!(^^)!

51_large

私も着物の締め付けが苦手なので多少重くても、

締め付けが少ない方が嬉しいです。

食事なども苦しくならないですし。。。笑

ところで新郎さんは何を着るんでしょうか?

袴、、、?

[新郎の衣装]

新婦さんが十二単の場合の新郎さんの衣装は、

束帯(そくたい)と呼ばれる衣装になります。

幾重に重ねられた布を帯で束ねることがその名に由来しています。

 

披露宴などで着るのもいいですが、お寺などロケーションフォトで

十二単を着るのもすっごくおススメです!!

038e

まるで平安時代にタイムスリップしたかのような

写真が撮れること間違いなしです(*´з`)

最近は十二単のレンタルやロケーションフォトなどができる

結婚式場などもあるので意外にも取り入れやすいかと思います(^^♪

カツラを被ってみた

 

こんにちは!natsuです!

突然ですが、先日Jellishさんで日本髪のカツラを被らせてもらうという

貴重な体験をしてきました。笑

お話をもらった時からすっごくワクワクしてました。

嫁入り前にこんな機会めったにないですからね!!笑

 

カツラは二色ありまして

ツヤのある栗茶色と、

IMG_6450e

 

ツヤもありきれいな黒髪があります♪

IMG_6449e

 

[文金高島田]

この髪型は江戸時代に流行していた髪型で明治時代に入って

花嫁の髪型として定着していったそうです。

昔は地毛を結っていましたが、

現代ではカツラを使うことが多いそうです。

 

 

では、かぶっていきます!

まず髪をすべてまとめます。笑

 

IMG_6453e

 

 

今回は、栗茶色の方を被っています。

IMG_6455e

IMG_6460e

IMG_6456e

 

ツヤもあって毛並みがとてもきれいです♪

本格的なカツラって、初めて被ったので

被る瞬間はゾワ~っとしました。笑

 

 

こちらは、白無垢用のべっ甲の髪飾りです♪

IMG_6452e

 

 

 

白無垢用の飾りつけはこんな感じです!(^^)!

IMG_6465e

IMG_6467e

 

 

[綿帽子]

 

IMG_6468e

綿帽子は、挙式が済まれるむまで、新郎様以外の方には顔を見せないようにする

意味があり元々外出時の防寒具とされていたそうで

後に婚礼用の新婦の被り物になったそうです。

 

 

 

[角隠し]

IMG_6472e

IMG_6470e

 

角隠しには、角を隠しその家に従うという意味があり、

顔の輪郭がしっかりと出るので、化粧が映え、キリッとした印象になります。

 

綿帽子は、白無垢用にのみ使用しますが、

角隠しは白無垢・色打掛・引き振袖に使用することができます。

 

 

 

次に打掛用の髪飾りを着けます♪

ゴールドとピンクの派手過ぎないとっても可愛いデザインです!(^^)!

 

IMG_6448e

IMG_6474e

IMG_6476e

IMG_6478e

 

 

だんだん私、似合うんじゃないか?と思い始めました。笑

そして、重そうに見えますが、実際はそんなに

重さは感じなかったです!(^^)!

ですが頭に乗っている緊張感から動きがゆっくりになってしまいます。笑

 

 

そして落ち着いた女性らしいデザインのコチラ♪

 

IMG_6446e

IMG_6480e

IMG_6482e

IMG_6484e

IMG_6486e

 

お花もちいさめなので主張が強すぎず

大人の女性にもピッタリですね♪

 

 

 

他にもこんな髪飾りもありました♪

どれも色合いがきれいで迷っちゃいますよね!(^^)!

IMG_6447e

 

IMG_6445e

 

 

 

最近も和婚が流行っていたり、

和をモチーフにした披露宴なども流行っているので

せっかく日本人に生まれたからにはぜひ髪型も

本格的にやってみてほしいです♪

 

 

 

和婚の人気演出集

 

こんにちは!natsuです!

最近は色んなスタイルの結婚式がありますが、

日本人に生まれたからには和をテーマにした結婚式も

やってみたいものです。

神前式はもちろんのこと、披露宴でのお色直しで

和装をする新郎新婦も増えてきているそうです。

今回はそんな和をテーマにした演出をご紹介します♪

 

289_large

 

[折り鶴シャワー]

フラワーシャワーは定番ですが、和装には折り鶴シャワーが

ぴったりです♪

折り鶴には、平和と健康の意味が込められています。

「鶴は千年亀は万年」ということわざがあるように、

鶴は長寿を象徴する吉祥の鳥と言われており、さらに鶴は

夫婦仲が良く一生を連れ添うことから「夫婦鶴」なんて別名も

あることから縁起が良く結婚式の演出にピッタリ!

 

 

[鏡開き]

鏡開きってお正月の鏡餅の方かと思いましたが

これとは別にお祝いの席で樽酒をドーンと叩いて蓋を割る鏡開きが

あります。昔は酒樽の事を「鏡」と呼んでいたそうです。

「割る」という表現は切腹を連想させ縁起が悪いので、

末広がりを意味する「開く」という言葉を使って

「鏡開き」といわれるようになったんだとか。

鏡餅の鏡開きも樽酒の鏡開きも新たな出発に際して健康や

幸福を願うという意味は同じです。

 

鏡(蓋)を割るということには、「鏡を割って運を運ぶ」

という意味が込められているそうで、無事鏡が開いたら、

新郎新婦が一合枡にお酒を注いでいきます。

新郎新婦がゲストの席をまわって注ぐのもいいですが、

人数が多い場合などはスタッフに配ってもらうのもいいと思います。

 

389e

 

「水合わせの儀」

こちらは前に詳しく書いたので こちらをクリック

 

 

「ちらし寿司入刀」

ケーキカットの代わりにちらし寿司をしゃもじでカットします!

ちらし寿司といえば女の子の幸せを願うひな祭りによく出てきますよね♪

ちらし寿司に入っている海老には、「腰が曲がるまで長生きするように」

レンコンは穴から先を見ることができることから「将来の見通しがよくなるように」

豆は「健康でマメに働けるように」などの意味があるそうで、

縁起が良く結婚式にもピッタリです♪

 

ご飯をすくうしゃもじには「幸せを救う」という意味があるんだとか。

そしてもう一つ私も大好きな「はまぐりのお吸い物!!!」

これがなくちゃ~ひな祭りじゃない!

はまぐりは対の貝殻しか合わないことから「一生一人の人に添い遂げる」

というとってもステキな意味があるんです♪

なので「女の子がステキな人と巡り合えるように」と願いを込めて

ひなまつりに出されるんだそうです。

なのでちらし寿司とセットではまぐりのお吸い物を出すのもオススメです♪

 

 

[餅つき]

結婚式にお餅をつくってド派手な演出ですが、ジワジワと人気が

出てきているようで、何より年齢関係なくゲストの方々も楽しめるので

おススメです。

昔から縁起のいい場所ではお餅をつきますが、

お餅つきには、お餅をつきあうことから、「長いお付き合い」

という結婚式にふさわしいステキな意味が込められているんですよ♪

他にも、お餅の粘りの強さから、「粘り強い夫婦」や、

お米1粒が一つにまとまることから、「家族、縁の融合」などの

意味もあるそうです。

 

 

 

そのほかにも、和風ならではの和太鼓や三味線、獅子舞などの演出や、

入場に人力車や番傘を用いるなんて演出をすることもあるそうです♪

司会を落語家に頼むなんてのも楽しくてゲストにも喜ばれそうですね♪

 

116e

 

 

 

 

 

神前式の魅力

 

こんにちは!natsuです。

結婚式というとウェディングドレスを着る教会式をイメージする方が

多いかもしれませんが、白無垢を着る神前式も

色んな意味合があって魅力がたくさんなので

今日は神前式についてご紹介していきます。
神前式とは日本の伝統的なしきたりに沿って結婚の儀式を行う
挙式方法です。

 

 

きっかけは明治33年に執り行われた大正天皇のご成婚の儀にて行われたのが
始まりとされる日本の伝統的かつ由緒正しい挙式方法です。

 

 

特徴として和装で行うこと、神社で行うこと、のほかに
”家同士を結びつける”のが結婚である。
という考えに基づいて、神職と巫女が神様と両家の縁を結ぶ役目を果たしており、
基本的には両家の親族のみが参加する挙式スタイルとなりますが、

最近では友人も参列できる結婚式が多いようです。

197e

 

横浜では三重のお伊勢神宮の流れを組んでいる伊勢山皇大神宮が有名です。

 

[神前式の魅力]

 

・圧倒的な雰囲気

神前式ではヴァージンロードやウェディングベルなどはありません。
新郎新婦、両家一族、参列者が一列になって神社に向かい、
雅楽奏者による演奏の中の参進の儀は非常に厳かで
圧倒的な雰囲気です。
・ゲストが喜ぶ

最近ではウエディングを着る教会式が増えてきて、
神前式を行う新郎新婦は少なくなっていて全体の2割程度まで
減少してしまっているそうです。
一方でご両親世代や祖父母世代からは非常に好評です。
祖父母は世代の方は特に結婚式は神前式でないと!
と思っている方も少なくないので、自分の孫の結婚式が
神前式となると非常に喜んでもらえると思います。
さらに新郎新婦の同世代でも神前式に参加したことがない方も
多いと思うので、感動される方も多いんだそうです。
・2人の作業が多く思い出に
神前式では、三々九度の盃や親族で執り行う親族杯の儀など
神前式独自の内容に加え、指輪の交換なども行うので
内容が豊富で非常に良い思い出になったという
新郎新婦が多いんだとか。
・日本人が1番似合う和装スタイル

最近では日本人の体型に合わせて作られたドレスなども
ありますが、白無垢や色内掛、新郎の和装などはもともと
日本人の顔、体格に沿って作られているものなので、
好みはあると思いますが、非常に美しい姿になると言われています。
・両家の絆を深める

始めにもお話しましたが、神前式は2人の結婚は家同士の結びつき
であるという考えが非常に強いので、参進の儀や、親族杯の儀など
両家同士の絆が深まるような儀がたくさんあります。
両家同士仲良くしていきたい、絆を深めたいと思っている新郎新婦には
ピッタリの挙式スタイルですね。
・伝統を重んじつつ自分らしさを取り入れる事も可能

神前式といえばしきたりやルールが厳しそうだなと思っていたのですが、
以前より結婚指輪の交換が一般的になってきたり、かつらではなく
地毛でもOKになったり、白無垢や色内掛などの選択肢ができるように
なったりと、多岐にわたって自由度高く神前式が行えるように
なってきたそうです。また、元々は両家親族しか
式には参加できなかったのですが、収容可能人数であれば
ゲストも参列可能になったりと自由度が高くなってきているそうです。
友達が呼べないのが少しネックだなぁと思っていたのですが
これなら安心ですね!
・神社だけでなくホテルや式場でもできる

神前式といえば神社のイメージが強いと思いますが、
今では式場やホテルで受け付けている所もあるそうです。
神前式で白無垢を着て挙式を行い、そのまま会場内で
ドレスに着替えて披露宴をするなんてことも可能なんだそうです。

こちらは神社で式は出来ませんが白無垢、ドレスと両方着れるので
わがまま花嫁さんにはもってこいですね!
私も両方着たーい!!!

 

210e
神前式の流れ

神前式の流れは地域や宗教によって段取りや作法が異なることもあるのですが
最も一般的な式次第をご紹介しますね。
1. 参進の儀(さんしんのぎ)

神社に仕える神職と巫女の先導によって新郎新婦、続いて両親、親族
の順に本殿へと向かう「花嫁行列」です。

 

 

2. 入場

参列者が血縁関係の強い純から神前に向かって右が新郎側、
左が新郎側となるように本殿へ入場し、その後に巫女の先導のもと
新郎新婦、仲人、神職が続きます。

 

 

3. 修祓の儀(しゅばつのぎ)

挙式の前に、心身を清めるためお祓いを受けます。
神職が身の汚れを清める意味がある祓詞(はらいことば)
を述べる「修祓(しゅばつ・しゅうふつ)の儀が行われます。
4. 祝詞奏上の儀(のりとそうじょうのぎ)

神職が神に結婚を報告し、末永くその幸せが続くようにという祈りを込めて
祝詞(人間が神に対してみずからの祈願するところや、
神を称えるこころを表現するために記した文章) を奏上します。

 

 

5. 誓盃の儀(せいはいのぎ)

三献の儀(さんこんのぎ)ともいいます。
大中小3種類の盃で新郎新婦が交互に繁栄と魔よけの意味を持つ
お神酒を3×3=9回でいただき、夫婦の永遠の契りを結びます。
みなさんも聞いたことがあると思いますが”三々九度”がこれです。
これは陰陽説では3.5.7.9といった奇数が縁起の良い数字とされている
事に由来するそうです。

 

 

6. 指輪交換

夫婦の契りの証である指輪を新郎→新婦の順で互いの薬指にはめ、

交換します。元々神前式には存在しない儀式でしたが、希望するカップルが
急増した為、昭和半ばから取り入れられるようになったそうです。
希望しないのであれば行わなくても大丈夫だそうです。

 

 

7. 誓詞奏上(せいしそうじょう)

夫婦になることを誓う言葉である誓詞(せいし)が
新郎新婦によって読み上げられます。
8. 玉串拝礼(たまぐしはいれい)

「二拝二拍手一礼」の作法にのっとり、新郎新婦、仲人、
両家代表の順で神へ玉串を捧げます。玉串とは、紙垂(しで)や木綿(ゆう)
をつけた榊の枝のことを言います。祭典において特別な意味を持って
拝礼されるものです。
ただし、この「二拝二拍手一礼」は神社によって作法が異なることも
あるそうなので確認するようにしましょう。
9. 神楽奉納(かぐらほうのう)

夫婦となった2人の門出を祝い、巫女が神楽に合わせて舞を
奉納します。
10. 親族盆の儀(しんぞくさかずきのぎ)

舞を終えた巫女が親族にお神酒を注ぎ、一同起立して
3回でお神酒を飲み干します。両家が親族となるための儀式です。
11.斎主挨拶(さいしゅあいさつ)
無事に式が執り収められたことを斎主である神職が神に報告し
一同が神前に拝礼し、祝いの挨拶をします。
12. 退場
神前に一同で拝礼して、 神職、新郎新婦、仲人、
親族の順で本殿から退場します。
退下(たいげ)ともいいます。

 

 

 

 

これらの式次第が一通り行われるのに要する時間は20~30分程度です。

また、神社で挙げる挙式を神前式と呼ぶように
お寺で行うことも出来るんですよ。
その場合は”仏前式”と呼びます。

 

 

【仏前式】

仏前式とは、愛を誓うのではなく二人がであったその縁に
感謝する意味で行う挙式スタイルになります。
これは「因縁」という仏教の教えに基づいたものです。

出会うきっかけや原因になった「因」、そして結ばれた「縁」を
仏様とご先祖様に報告し、その縁に感謝して大切にしていこう。
という意味で行われます。

 

 

【神前式と仏前式の違い】

この二つの違いは、式の意味合いにあります。
仏教では、「縁」というものをとても大切にしており、2人が結びついたのは
前世からの深い縁があったためだと考えられています。
そのため、仏前式では仏様やご先祖様に結婚を報告し、
導きに感謝し、末永く添い遂げることを誓うのです。
これに対し神前式では神様に2人が結ばれたことを
報告し、感謝と共にこれからのご加護(神仏が力を加えて守り助けること)を
願うものとなっています。

また、大きな特徴として神前式の指輪交換はなく、
”念珠授与”(ねんじゅじゅよ)という儀式があります。

 

これは仏前に供えられた数珠を寺院からの結婚祝いとして
白房の数珠を新郎に、赤房が数珠を新婦に贈られます。
これは「いつまでも心新たに夫婦の因縁の結ばれたことを喜び、
仏恩に報ずる営みとなるように」
という願いから贈られるようです。
場所の違いだけではないんですね。

 

そもそもお寺は仏教、神社は神道と別れていて
教義、経典、戒律 も全く違うんだそうです。

209eweb
長くなってしまいましたが、神前式の魅力をたっぷり
伝えられたと思いますのでおやつにシュークリームを
食べようと思います。