友人代表のスピーチを頼まれたら気をつけること

 

こんにちは!natsuです!

中学生の頃、結婚式のスピーチは絶対natsuにやってほしーい♪
なんて言われたことがあります。
適当人間なのでいいよと言ったと思いますが実際、
私という人間はとっても照れ屋さんなので面白いことも
言えずただただ震え声になってしまいそうなのでパスです。
大人になるにつれてそんな話題も現実になってきますよね。
スピーチのお願いは突然やってくるものです。

ですがもし突然スピーチのお願いをされてもこれを読めば大丈夫!!
本日は【友人代表のスピーチを頼まれたら気をつけること】についてです。

4b2a6978

 
【5分以内に収める】

友達との思い出を振り返りながら原稿を書いてると、
あれもこれも話したい!となってしまいがちですが
人間が集中して聞いていられる時間の限界はたった3分なんです。
理想は3分くらいを目安に。

長くても5分以内には収めましょう。

 

 
【両家へお祝いの言葉を一言添える】

入り方って迷いますよね。スピーチの最初には必ず
新郎新婦へのお祝いの言葉を持ってきましょう。

続けて、ご両家の親族の方々にもお祝いの言葉を添えます。

 

 
【普段の結婚式よりも服装に気をつける】

 
結婚式といえば当然身なりには気をつけていると思いますが、
友人代表としてスピーチに出る訳ですから
いつも以上に身なりには気をつけましょう。
頼んでいる側も、「あなたなら大丈夫」と思って
お願いしてくれているはずなので、
「新郎(新婦)の友達ってあんな人なんだ。。。」なんて思われないように。
女性は露出を控えて髪はしっかりとまとめ、
男性はシャツにはきちんとアイロンをかけ靴も
きちんと磨いておきましょう。

 

 
【忌み言葉を避ける】

 
こちらは前に記事にしたので

こちらをどうぞ ⇒結婚式でのNGワード

 

 

 
【第三者にもわかりやすく】

 

仲が良い友人のスピーチとなると、つい2人にしか分からない話題を
話してしまったりしがちですが、そうすると周りの人は
白けてしまいます。自分達だけではなく第三者にも
わかるように話すようにしましょう。

 

 

【原稿を用意】

 
慣れているし、スピーチは得意。と思っていても
本番では緊張で頭が真っ白になってしまった、、、。
なんてことは十分あり得ます。なので原稿は必ず本番でも
用意しましょう。
カンペをチラチラ見るよりも始めから手紙を読んでいるスタイルにすれば
見栄えもよく、スムーズに話すことが出来ます。

 

 

【内容は事前確認する】

 
例えば、「喧嘩するほど仲がよい~」や、2人の馴れ初めなど
人によってはあまり話してほしくない内容だったり、
ゲスト側の人も受け取り方によってはネガティブな印象を
持たれてしまう可能性もあるので、しっかりと考えて、
話してもいいこと、ダメなことを新郎新婦に事前に確認しておきましょう。

 

 

 
【必ず一度は通して読む】

 

原稿が完成したら、必ず一度声にだして読んでみましょう。
黙読と音読では、伝わり方が変わるんだそうです。

言葉の使い方や言い回しなど読んでみて初めて気付くこともあるそうです。

 
【大事なのは声の大きさとスピード】

 
ウケを狙ってみたり、感動させる必要はありません。
自分の話していることを聞いている人に理解してもらうことが
一番です。緊張すると声が小さくなってしまったり、
早口になってしまいがちですが、お腹から大きな声で、
普段よりもゆっくりと話すようにしましょう。

 

 

 

 

 

以上のことを心がければ、きっとスピーチに失敗することは
ありません。最高のスピーチになりますように♪

2回目の結婚式

 
こんにちは!natsuです!

 

 

最近、結婚式を2回挙げるのが増えているそうです。

 

 

210e

 
神田うのが出産するまでになんと9回も挙げたという話なら
聞いたことがありますが彼女のけ婚式は自分のブランドを
宣伝するための一種の営業だったみたいです。

 
様々な事情や、「一生に一度」という感覚よりも
「楽しみを2倍に」という考えから徐々に一般的に
なってきているそうです。

 
何故式を2回も挙げるのでしょうか。
その理由とメリットをご紹介しますね。

 

 

 

 
【ゲストの対象】

2回結婚式を行ううえで多い理由の1つとして、ゲストの対象が違います。
1回めは親族のみで挙式と披露宴を兼ねた食事会を行い、
2回めは友人や同僚を招待するパターンが多いようです。

 
そうなるとやはり費用がかかってしまうので、会費制結婚式などで
リーズナブルに式を挙げる方が多いようです。

 
もう1つは地元が遠い方に多いもので
1回目に地元での友達、祖父母、親戚などを招待した結婚式を挙げ、
2回目は今住んでいる場所での友達や同僚、上司を
招待する結婚式を挙げるそうです。

 

 

これなら孫が上京してしまってなかなか会いにいけない
おじいちゃんおばあちゃんや親戚にも晴れ姿を
見てもらうことができますね!

 

 

さらに海外ウェディングの場合、家族と少人数の友達を招待し、
帰国後に日本で結婚式や披露宴を開いて友人ゲストなどを
招待するパターンもあります。

 

 

 
【両親の意見】
中にはご両親の結婚式に対する思い入れが強く、
「神前式じゃなきゃだめだ」や、「白無垢を着なさい」
などと押し付けられてしまう場合もよくあるそうで
そういった場合に1回目は親の意見に沿った披露宴を行い、
2回目は自分達の思い通りの披露宴を挙げるパターンもあります。

 

 

やはり新郎新婦、両家のご両親の両方が満足するのは難しいので
両方が満足いく式にするためにも結婚式を2回挙げるのはとっても
良いアイデアなんですね!

 

 

 

 

 
【注意点】

ただ、挙式(セレモニー)に関しては、複数回行うケースはあまり多くないそうです。
その理由は宗教に関係してくるのですが、
例えばキリスト教、のカトリックでは結婚はサクラメント(:キリスト教で、神の恩恵を信徒に与える儀式。洗礼・聖餐(せいさん)などの重要な儀式。 )

 

とされ、司祭の立ち合いのもとで結婚式を挙げることになっています。
カトリックにおいて挙式は非常に重要な意味を持つことから
信者が結婚する場合は挙式を2回行うということは
あり得ないそうです。

 

 
でも大丈夫!!

 

セレモニーの中には特定の宗教とは関係のないスタイルもあります。
それは人前式です。

0472ee
人前式は新郎新婦が参列者の前で愛を誓い、みんなに結婚を承認
してもらうものです。

 

 

キリスト教や神道の信者でもないのにキリスト挙式や神前式を
行うことに抵抗があるといった理由で選択する人もいるそうです。

 

 

欧米では両家の宗教が異なるため、宗教に関係のない
人前式で結婚式を挙げるケースもあるそうです。

 

 
なるほど、私は最初1回でいいじゃんと思っていましたが
新郎新婦、両家のご両親共に
満足する式を挙げることができるという点で
2回挙げるのもアリだなと思いました。

 

神前式の魅力

 

こんにちは!natsuです。

結婚式というとウェディングドレスを着る教会式をイメージする方が

多いかもしれませんが、白無垢を着る神前式も

色んな意味合があって魅力がたくさんなので

今日は神前式についてご紹介していきます。
神前式とは日本の伝統的なしきたりに沿って結婚の儀式を行う
挙式方法です。

 

 

きっかけは明治33年に執り行われた大正天皇のご成婚の儀にて行われたのが
始まりとされる日本の伝統的かつ由緒正しい挙式方法です。

 

 

特徴として和装で行うこと、神社で行うこと、のほかに
”家同士を結びつける”のが結婚である。
という考えに基づいて、神職と巫女が神様と両家の縁を結ぶ役目を果たしており、
基本的には両家の親族のみが参加する挙式スタイルとなりますが、

最近では友人も参列できる結婚式が多いようです。

197e

 

横浜では三重のお伊勢神宮の流れを組んでいる伊勢山皇大神宮が有名です。

 

[神前式の魅力]

 

・圧倒的な雰囲気

神前式ではヴァージンロードやウェディングベルなどはありません。
新郎新婦、両家一族、参列者が一列になって神社に向かい、
雅楽奏者による演奏の中の参進の儀は非常に厳かで
圧倒的な雰囲気です。
・ゲストが喜ぶ

最近ではウエディングを着る教会式が増えてきて、
神前式を行う新郎新婦は少なくなっていて全体の2割程度まで
減少してしまっているそうです。
一方でご両親世代や祖父母世代からは非常に好評です。
祖父母は世代の方は特に結婚式は神前式でないと!
と思っている方も少なくないので、自分の孫の結婚式が
神前式となると非常に喜んでもらえると思います。
さらに新郎新婦の同世代でも神前式に参加したことがない方も
多いと思うので、感動される方も多いんだそうです。
・2人の作業が多く思い出に
神前式では、三々九度の盃や親族で執り行う親族杯の儀など
神前式独自の内容に加え、指輪の交換なども行うので
内容が豊富で非常に良い思い出になったという
新郎新婦が多いんだとか。
・日本人が1番似合う和装スタイル

最近では日本人の体型に合わせて作られたドレスなども
ありますが、白無垢や色内掛、新郎の和装などはもともと
日本人の顔、体格に沿って作られているものなので、
好みはあると思いますが、非常に美しい姿になると言われています。
・両家の絆を深める

始めにもお話しましたが、神前式は2人の結婚は家同士の結びつき
であるという考えが非常に強いので、参進の儀や、親族杯の儀など
両家同士の絆が深まるような儀がたくさんあります。
両家同士仲良くしていきたい、絆を深めたいと思っている新郎新婦には
ピッタリの挙式スタイルですね。
・伝統を重んじつつ自分らしさを取り入れる事も可能

神前式といえばしきたりやルールが厳しそうだなと思っていたのですが、
以前より結婚指輪の交換が一般的になってきたり、かつらではなく
地毛でもOKになったり、白無垢や色内掛などの選択肢ができるように
なったりと、多岐にわたって自由度高く神前式が行えるように
なってきたそうです。また、元々は両家親族しか
式には参加できなかったのですが、収容可能人数であれば
ゲストも参列可能になったりと自由度が高くなってきているそうです。
友達が呼べないのが少しネックだなぁと思っていたのですが
これなら安心ですね!
・神社だけでなくホテルや式場でもできる

神前式といえば神社のイメージが強いと思いますが、
今では式場やホテルで受け付けている所もあるそうです。
神前式で白無垢を着て挙式を行い、そのまま会場内で
ドレスに着替えて披露宴をするなんてことも可能なんだそうです。

こちらは神社で式は出来ませんが白無垢、ドレスと両方着れるので
わがまま花嫁さんにはもってこいですね!
私も両方着たーい!!!

 

210e
神前式の流れ

神前式の流れは地域や宗教によって段取りや作法が異なることもあるのですが
最も一般的な式次第をご紹介しますね。
1. 参進の儀(さんしんのぎ)

神社に仕える神職と巫女の先導によって新郎新婦、続いて両親、親族
の順に本殿へと向かう「花嫁行列」です。

 

 

2. 入場

参列者が血縁関係の強い純から神前に向かって右が新郎側、
左が新郎側となるように本殿へ入場し、その後に巫女の先導のもと
新郎新婦、仲人、神職が続きます。

 

 

3. 修祓の儀(しゅばつのぎ)

挙式の前に、心身を清めるためお祓いを受けます。
神職が身の汚れを清める意味がある祓詞(はらいことば)
を述べる「修祓(しゅばつ・しゅうふつ)の儀が行われます。
4. 祝詞奏上の儀(のりとそうじょうのぎ)

神職が神に結婚を報告し、末永くその幸せが続くようにという祈りを込めて
祝詞(人間が神に対してみずからの祈願するところや、
神を称えるこころを表現するために記した文章) を奏上します。

 

 

5. 誓盃の儀(せいはいのぎ)

三献の儀(さんこんのぎ)ともいいます。
大中小3種類の盃で新郎新婦が交互に繁栄と魔よけの意味を持つ
お神酒を3×3=9回でいただき、夫婦の永遠の契りを結びます。
みなさんも聞いたことがあると思いますが”三々九度”がこれです。
これは陰陽説では3.5.7.9といった奇数が縁起の良い数字とされている
事に由来するそうです。

 

 

6. 指輪交換

夫婦の契りの証である指輪を新郎→新婦の順で互いの薬指にはめ、

交換します。元々神前式には存在しない儀式でしたが、希望するカップルが
急増した為、昭和半ばから取り入れられるようになったそうです。
希望しないのであれば行わなくても大丈夫だそうです。

 

 

7. 誓詞奏上(せいしそうじょう)

夫婦になることを誓う言葉である誓詞(せいし)が
新郎新婦によって読み上げられます。
8. 玉串拝礼(たまぐしはいれい)

「二拝二拍手一礼」の作法にのっとり、新郎新婦、仲人、
両家代表の順で神へ玉串を捧げます。玉串とは、紙垂(しで)や木綿(ゆう)
をつけた榊の枝のことを言います。祭典において特別な意味を持って
拝礼されるものです。
ただし、この「二拝二拍手一礼」は神社によって作法が異なることも
あるそうなので確認するようにしましょう。
9. 神楽奉納(かぐらほうのう)

夫婦となった2人の門出を祝い、巫女が神楽に合わせて舞を
奉納します。
10. 親族盆の儀(しんぞくさかずきのぎ)

舞を終えた巫女が親族にお神酒を注ぎ、一同起立して
3回でお神酒を飲み干します。両家が親族となるための儀式です。
11.斎主挨拶(さいしゅあいさつ)
無事に式が執り収められたことを斎主である神職が神に報告し
一同が神前に拝礼し、祝いの挨拶をします。
12. 退場
神前に一同で拝礼して、 神職、新郎新婦、仲人、
親族の順で本殿から退場します。
退下(たいげ)ともいいます。

 

 

 

 

これらの式次第が一通り行われるのに要する時間は20~30分程度です。

また、神社で挙げる挙式を神前式と呼ぶように
お寺で行うことも出来るんですよ。
その場合は”仏前式”と呼びます。

 

 

【仏前式】

仏前式とは、愛を誓うのではなく二人がであったその縁に
感謝する意味で行う挙式スタイルになります。
これは「因縁」という仏教の教えに基づいたものです。

出会うきっかけや原因になった「因」、そして結ばれた「縁」を
仏様とご先祖様に報告し、その縁に感謝して大切にしていこう。
という意味で行われます。

 

 

【神前式と仏前式の違い】

この二つの違いは、式の意味合いにあります。
仏教では、「縁」というものをとても大切にしており、2人が結びついたのは
前世からの深い縁があったためだと考えられています。
そのため、仏前式では仏様やご先祖様に結婚を報告し、
導きに感謝し、末永く添い遂げることを誓うのです。
これに対し神前式では神様に2人が結ばれたことを
報告し、感謝と共にこれからのご加護(神仏が力を加えて守り助けること)を
願うものとなっています。

また、大きな特徴として神前式の指輪交換はなく、
”念珠授与”(ねんじゅじゅよ)という儀式があります。

 

これは仏前に供えられた数珠を寺院からの結婚祝いとして
白房の数珠を新郎に、赤房が数珠を新婦に贈られます。
これは「いつまでも心新たに夫婦の因縁の結ばれたことを喜び、
仏恩に報ずる営みとなるように」
という願いから贈られるようです。
場所の違いだけではないんですね。

 

そもそもお寺は仏教、神社は神道と別れていて
教義、経典、戒律 も全く違うんだそうです。

209eweb
長くなってしまいましたが、神前式の魅力をたっぷり
伝えられたと思いますのでおやつにシュークリームを
食べようと思います。

結婚式の意味

こんにちは!スタッフのnatsuです。

いつも結婚式関連の記事を書いていますが、
そもそも結婚式って何故するんでしょうか?
最近は結婚式を挙げない「ナシ婚」という言葉も
よく聞きますよね。

 

 

136e
ネットでは「本当はしたくないけど、親のためにする」や、
「車一台買えるお金を一日で使いたくない」など、
しない派の意見として一番多かったのが
「お金がかかるから」でした。
お金がかかるとしても、式を挙げる理由を
知ればもしかしたら結婚式に対する意識も
変わってくるかも知れません。

 

 
永遠の愛を誓う

結婚式は人生の節目です。大勢の人の前で愛を誓い合うことで
愛する人と生涯を共にする決意が一段と強くなり、大勢の人に
祝福されることによってより幸せを実感できると思います。

 

 

OSAKA_774web

 
お世話になった人々に感謝を伝える

今まで関わってくれた人々に感謝を伝える機会って滅多にありませんよね。
結婚式は今まで自分を支えてくれた人々に感謝を伝える機会になります。

会社の上司や友達など感謝を伝えるべき人はたくさんいますが、
特に結婚式は今まで育ててくれた両親への「ありがとう」を
伝える場所になり、最高の親孝行の場になると思います。

0891%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

 
久しぶりの再会の場

遠くに住んでいてなかなか会えない兄弟、親戚、友人達。
そんな人達に再会できる絶好の機会です。そしてゲスト側も
新郎新婦の晴れ舞台に幸せを感じられると思います。
「結婚式は周りの方々のため」と言う言葉もよく聞きますよね。

 

OSAKA_702web

 

 

 

 

そして結婚式といえば挙式と披露宴を
セットで聞きますよね。

違いは何なのでしょうか?
恥ずかしながら私は
ドレスがウェディングドレスからカクテルドレスに
変わるくらいしかパッと思い浮かばなかったのですが、
しっかりとした違いがあります。

 
挙式は、神などに結婚を誓うための儀式です。
披露宴は挙式を終えた新郎新婦のお披露目パーティです。

今までお世話になった、そしてこれからお世話になる方々にお互いを披露する。
それが披露宴に込められた意味なんだそうです。
ダンスやゲームなど楽しいイメージのある披露宴ですが
本来は新郎新婦が感謝の気持ちを述べ、ゲストに喜んでもらうためのものだそうで、
わざわざ足を運んでくれた人達に「来てよかった」と
感じてもらえるようにという願いが込められているそうです。

0391e

 

 

 
また、ナシ婚賛成派でも一応式を挙げたという人の意見では
「仕方なく挙げたけど親や友人が喜んでくれて結果的にしてよかった」
という人がほとんどで、「式を挙げて後悔した」という意見は
少なかったです。

 

 
自分達の為でなく、周りの人への感謝のためにも、
式を挙げるのはいい機会になるということですね。
意味を知ってこそ周りの人にももっと感謝し、
最高の結婚式になると思います。

『ナイトローケーション・フォト』はじめました

こんにちは、フォトジェリッシュのフォトグラファーDAIです。

 

今日はみなさんにお知らせです。

 

フォトジェリッシュでは、これから結婚をする新郎新婦の方々に

新しい形で写真を提供させていただくことをはじめました。

 

それは、タイトルの通り「ナイトロケーションフォト」です。

 

どんなものかというと、夜のフォトウェディングのプランです。

 

初めて聞くと「えっ?下ネタですか?」と思っちゃう人もいるかもしれません。

いいえ、超絶マジメでカッコいい、オシャレな写真です。

 

IMG_4886eweb

 

 

こんな感じ。

 

今回はお試しだったので、ウェディングドレスではないし、カップルでもないのですが、

(DAIの個人的なお友達です 笑)

夕方から夜にかけてのドラマティックでめちゃめちゃキレイな写真なんです。

 

 

この日はまだ時間帯が早い、街から近かった、雲が多かったなどの理由で、

満天の星空というわけにはいきませんでしたが、

晴れた日、街の光が少ない場所かつ、もう少し遅い時間帯で撮影なら

最高の星空を背景にフォトウエディングが撮影できちゃいますね!

 

IMG_4850eweb

 

それで「ここはどこだよ?」って聞きたくなると思うのですが、

(え?思わなくても続きを読んでください 笑)

実はこれ、石川県金沢市からほど近い海水浴場。

 

IMG_4811eweb IMG_4893eweb

 

石川県って日本でも珍しい”海に夕陽が沈む”地域なんですね。

“裏日本”なんて言われ方もしますが、

太平洋側ではほぼ見ることができない、こんなステキなロケーションが望めるなんて、

なんてラッキーなんでしょう!!

 

食べ物も美味しいしね。

 

さてさて、フォトジェリッシュでは近く、月に一度くらい金沢に来て、

ナイトロケーションを撮影するイベントを作ります。

IMG_4895eweb

もちろん!!

ウエディングロケーション撮影としても承りますよ♩

 

詳しくは近日中に公開しますので、

気になる方はHP、もしくはFacebookページをマメにチェック!!

HP → http://photo-jellish.jp/

Facebook → https://www.facebook.com/photojellish/

 

IMG_4844eweb

 

結婚式の引き出物について

結婚式の引き出物

8月に突入しましたね!

世の中には夏が来た!!!!海!プール!!!お酒~!!!
というタイプの人間と、夏が来た。。。帰りたい!帰りたい!帰りたい!

というタイプの人間に分かれると思いますが私は後者です。

こんにちは、フォトジェリッシュ新人のnatsuです。

クーラーをガンガンにかけた部屋で毛布にくるまりながら
食べるアイスは最高ですが、チョコレート系のアイスは2日連続で
食べると吹き出物が出来ます。

20歳超えるとニキビではなく吹き出物と呼ぶそうです。

本日は結婚式での引き出物についてです。
結婚式に行くとお土産にもらえるアレです。

lead_img

新郎新婦が結婚披露宴の出席者におもてなしや感謝の気持ちを
込めて贈る物で元々はおみやげという意味だったそうですが、
最近ではお返しや幸せのおすそ分けという意味合いが強くなっているそうです。

0341e

【引き出物のはじまり】

引き出物とは、平安時代に宴を開いた貴族がその成功を喜んで、主催者が庭に馬を
「引き出して」宴会に招いたお客様に贈ったことが由来だそうです。
宴会に招いたお客様のお土産なので参加者にはどのような人でも同じものを
取りそろえていたそうです。

お土産が馬ってすごいですね。お土産に馬を連れて来られたらびっくり仰天です。
4.5回行けば家で乗馬クラブが作れそうです。乗馬も上手くなると思いますよ。馬だけに。

引き出物は時代とともに変化していきます。

しばらくすると馬に変わって「馬代(うましろ) 」(タクシー代)として金品を
渡すようになり、のちに結婚披露宴での料理の一部を引き出物として
持ち帰ってもらうようになりました。

結婚式が時代とともに華やかになるにつれて引き出物も「披露宴の記念品」という
意味合いに変わっていったそうです。

最近だと焼き菓子、食器、お茶など日持ちする食品やカタログギフト

などが定番だそうです。

OSAKA_011web

もらってうれしかったものとしては

・カタログギフト
・タオル
・キッチン用品やバスグッズ
・普段買えないような有名お菓子店のお菓子詰め合わせ

などなど家で使いやすくいくつあっても困らないような
物が多いですね。

私もケーキの形に折られたハンドタオルを引き出物で
頂いたことがありますが、とても可愛くてうれしかったです。

もらってがっかりしたものとしては

・新郎新婦の名前入りアイテム
・食器類
・写真立てや小物入れなどのインテリアアイテム

新郎新婦の名前入りアイテムは使いづらいけれど
処分にも困るという意見が多くありました。

確かに飾るのも少しおかしな気がしますし、
処分するのは気が引けますね。

食器類は重いので持ち帰るのが大変という意見があったのですが
最近では宅配してくれるサービスなどもあるそうですよ。

インテリアについては、趣味が合わなかったりする場合使わないことが
多いとの意見がありました。

まとめるとやはり暮らしの中で手軽につかえるものが
一番喜ばれるようです。
シンプルイズベストです。

引き出物は幸せのおすそ分けともいえるので
せっかくなら喜んでいただけるものがいいですよね。