*大磯まで出張!!人の温かさに包まれた結婚式。。。♡*

こんにちは!!Hair&Make MIYURIです(*´ェ`*)

あっと言う間に6月になってしまいましたね!みなさまいかがお過ごしでしょうか。

今日はパッとしないお天気なので、ほんわかする内容をお届けします!!

 

GWも半分を過ぎた快晴の日。フォトグラファーDAIと大磯まで行ってきました(*´▽`*)b
Jellishでドレスをご用意。当日ヘアメイク、撮影も一緒にご依頼頂きました。式場や、ホテルとは違い持ち込みも自由な町の教会。自分が信頼できて、気に入った人に頼めるのは一番幸せなことですね♪
ご依頼ありがとうございました!!

 

0001_xlarge

今回、お邪魔したのは駅前にあるとても素敵な教会です。いつも通っている教会で、大切な方たちに見守られながら愛を誓う。。。とても素敵ですね(*’ω’*)

お二人の出会いは同じ職場。接点がなかったわけではないけれど、ご新婦さま意識はしていなかったそう。
彼はラストチャンス!とばかりにデートに誘いますが、断られてしまう。。。泣
でもそれがきっかけで意識するようになり、導かれるように今日の日を迎えたそうです(´∀`o)☆゚+。
改めて、身近なところに出逢いがあり、身近なものに幸せがあるのだと感じさせられました。

毎回こんな話をお聞きしながら、ご新婦さまのお支度しているMIYURIです!笑
一方のご新郎さまは・・・

0008_xlarge

はい。落ち着きがなく、うろうろしております!!笑
だいたいのご新郎さまはじっとしていられません!!!

お二人はfirst lookだったので、教会の扉の前でご対面(*´ェ`*)

IMG_8376

柔らかい素材のスカート。広がりが少ないドレスですが、後ろ姿がとても素敵でした!!
この後ろ姿を見送りました。。。

0199_xlarge

Jellishだからできることの1つに、ドレスと同じレースを使って、グローブをご用意することができます。今回ご用意したドレスがお袖があるドレスなので、ショートグローブでご用意致しました。

たくさんの方の前で愛を誓ったお二人。
お式が始まる前は緊張気味だったものの。。。

IMG_8379

はい!!終わったらこの表情です!!(笑)だいたいみなさんそうですが、ほっとするのでしょうね♡(。→ˇ艸←)

お式後は集合写真を撮ったり、お友達同士で写真を撮ったりと賑やかな時間を過ごしました。
その後はもちろん!しっとりした写真も残しますよー!!

IMG_8383

IMG_8382

0267_xlarge

5月初めと言うこともあり、つつじがとても綺麗でした(●´U`●)
季節によって、背景が変わるのも素敵ですね!!

IMG_8385

さて、我々も引き上げの時間です。最後はお決まりのオフショットで〆させて頂きます!!
こんな素敵な笑顔で〆られるのも、当日初めて会ったカメラマンではないから。なのかも知れませんね!!
Photo Jellishでは、写真のテイストから、フォトグラファーを指名することが可能です。(空き状況についてはお問合せ下さい)
指名料はかかりませんし、事前に打ち合わせをするので安心です!ぜひお気軽にお問合せください。

ロケーション撮影もまだ間に合いますよ!!

himawari1

この時期から申し込みするならひまわりもおススメです!!
暑いですが、ひまわりの数、華やかさ、力強いさは圧巻でした(*´ェ`*)
和装プランもございますので、ぜひチェックしてくださいね!!

【会員制の日本工業倶楽部で結婚式の撮影 〜披露宴編〜】

今日の横浜はとても良い天気です。

青い空と赤レンガ倉庫の赤はとてもコントラストが美しい。

観光名所でもある大さん橋には多くの観光客でにぎわっています。

 

さてさて、先日の結婚式撮影の物語のつづきです。

赤が似合う(むしろ赤づくし)なお二人。

 

291e

ウェルカムボードがとってもステキなコンセプトでした。

写真は携帯電話で撮ったものですが、何がステキかというと、

お二人で行った100店舗で撮ったふたりの写真を

たくさんコラージュのように散りばめてあります。

 

ここに二人の結婚までのストーリーがひとつ、隠されています。

 

315e

そして、席次表にも一工夫。

 

東京のおしゃれスポットの美味しいご飯屋さんマップが載っていました。

これは二人で行った100店舗から選ばれた飲食店で、

ミシュランガイドのように☆で評価してあります。

 

303e

 

 

ゲストのみんなから「これ助かる〜!」と高評価。

気の利いたふたりならではのアイデアですね。

 

298e 301e

 

披露宴開始まであと少し。

ちょっと空き時間が生まれてしまったけど、それぞれに楽しんでいたようです。

 

待ちかねたふたりがようやく入場。

 

319e

323e

 

結婚式という儀式を終えたあとに、みなさんの前へとあらわれたふたりは、

神様に誓った新しい夫婦としての初お披露目=披露宴ということですね。

 

333e

 

高砂席に付いたふたり、そして乾杯へと進行を順調に進めたものの、

 

ここで大事件発生!!!!

 

342e

乾杯という大役を担ったゲストがあまりの緊張で手が震え、

「カンパイ!!」の発生とともに自分の腕にシャンパンをぶちまける。

 

そしてツボる新婦さま。。。

 

そんなハプニングがありながらも、ケーキ入刀。

 

402e 414e

 

とってもカワイイケーキトップ越しに一枚。

 

 

411e 409e419e

 

このふたりに熱中して撮影をしているゲストの表情は

どこの結婚式でもイキイキしていて、幸せが散りばめられていますね。

 

 

425e

 

、、、と。

おもむろにブルーシートが敷かれ、椅子が準備されている。

 

なんだ、、、これは???

 

なんと、新婦さんは

「昨年に美容免許を取得し、まだ誰の髪の毛も切ったことがない」

との理由で、

新郎さまが27歳から一度も短くしたことがないというロン毛にファーストカット。

 

 

427e

 

 

新郎「え?まじ?カタチだけでしょ?」

 

 

436e 437e

 

との小芝居をはさみつつ、無事にファーストカット。

せっかく立派なラーメンズの片桐仁さんのような髪型なのに、、、

とゲストも苦笑い。

 

438e

 

とここで中座の時間となりました。

実はサプライズはここから。

 

新郎新婦の部屋でふたりを迎えていたのは、、、

456e

 

 

おや?美容師?

それはね、適当に切ったガタガタの髪型のまま

お色直し再入場はできませんからね。

 

460e

 

 

それにしても、新郎様のこの不安な表情は、、、

 

すべての準備も整え、再入場のためにみんなが待つ会場の扉の後ろで待機。

ところが、タイミング悪く離席していた友人が戻って来た。

 

473e

 

「あ、先に見ちゃった〜ごめんねぇ〜」

 

474e

 

「!!!!!!!!!!!?」

 

「さぁ、装い新たなお二人がみなさまの前に登場いたします!

拍手でお迎えください!」

という司会者さんのコメントともに扉が開かれ、どよめく会場。

 

482e 491e 488e 483e

 

 

493e

 

そう、新郎は短髪になっていました。

 

457e

 

26歳から一度も単発にしたことがないという新郎さんは、

「これからもっと大切にしなければならないものができたから」

ということを理由に、ロン毛に別れを告げたのです。

 

463e

 

 

BEFOR

 

 

456e

 

AFTER

468e

 

 

さすがのこれには会場に来ていたゲストもビックリ。

先に見てしまった女性ゲストの表情にも納得ですね。

 

 

503e

さて次は急遽、会場が暗くなったと思ったら

 

507e 512e

 

音楽とともに歌っている女性たちが登場。

 

 

505e

 

これには新婦が驚きの表情を隠しきれないようす。

 

 

 

512e

 

 

 

熱望していたア・カペラの演出は、予算の都合上諦めたハズ、、、

 

513e

 

 

プランナーの粋な計らいによって、実現された新婦の夢に感無量です。

 

538e 536e

 

大盛り上がりなふたりは最高のひと時を過ごしたことでしょう。

 

544e

 

友人たちも一緒に歌ってClap!して。

 

その後も友人たちからの祝福や楽しい時間を過ごしたが

 

636e648e

644e

638e

662e

ラストにはやっぱりこのイベント。

 

『花嫁の手紙』

 

いくら着飾って、楽しい時間を過ごしても、

いま、ここに自分たちがいるのは両親のおかげです。

 

そして、家族、友人、いろんな人たちが育て、

ともに歩んで来てくれたから自分が今ここにいることを決して忘れてはいけません。

 

665e670e 689e669e

 

兄弟も、友人も、友達も、、、

すべての人々に感謝をする時間。

 

716e

 

自分のルーツはやはり親にあることはまぎれもない事実です。

 

702e

 

いまの日本では、結婚式、披露宴の意味がキチンと理解されていないことが多いように感じます。

 

結婚をしたから結婚式を行うことが当たり前とされていた1990年代。

当たり前だと思っていることは、もう一度本当の意味を考えてみる必要があります。

 

もし、その意味がもう一度見直されるとすれば、

結婚式って、もっと価値のあるイベントになるんじゃないでしょうか。

 

727e

 

「結婚式はしなくて良いと思っていた。でもね、実際に今、ここで言えるのはやった方がいい。

いや、やらなきゃダメだと思うんです」

新郎様は締めのあいさつでそう発言しました。

 

男は背中で語る。

みんなの方を振り返らずに、右手だけ大きく掲げて退場していく新郎。

 

ふたりの新たなる旅立ちの瞬間です。

 

759e 774e

 

 

 

 

 

 

お開き後は館内の雰囲気のあるスポットを探しては

くまなく、と言って良いほどの撮影をしました。

 

790e 792e 784e

 

本当に良いものっていうのは、色褪せることなくいつまでも良いまま残るんですね。

歴史と情緒、色んな物が入り混じって、

とても奥行きのある雰囲気を醸し出している会場でした。

 

815e

 

最近恒例の記念写真。一眼レフで自撮り 笑

結婚式の本当の価値観に気づいてくれるお客様とこの先何人とお会いできるか。

 

そして、私たちが気づかせてあげなければならないことを忘れないで

今後の撮影に取り組んでいきたいと思います。

 

————————————–

↓今回のお客さまがご注文いただいたのはコチラ↓

◆結婚式当日の写真撮影は、お好きなカメラマンを選んで100,000円◆

※カット数は無制限、データすべてお渡し

フォトギャラリーはこちらから

◆フォトグラファーDAI◆

DAIのギャラリーはコチラ

※カット数は無制限、データすべてお渡し

お問い合わせはこちら

LINE@でのお問い合わせも可能です♪