リングピローについて

 
こんにちは!natsuです!

 

突然ですが、リングピローって知っていますか?
結婚式でよく使われるもので、私から簡単に説明させていただきますと
指輪のベッドのようなものです。

 
今日はそのリングピローの由来と素敵な言い伝えを
ご紹介します。

 

 

 

【リングピロー】

 

「リング」の「ピロー(枕)」
結婚式で指輪を交換するときまで指輪を置いておくもので
挙式において絶対に必要な訳ではないのですが、
リングピローがあったほうがゲストからの
見栄えもいいと思います。

 

 

 

【リングピローの由来】
元々は古代エジプトで召使などが王や皇族方に宝石や
装飾品を枕状のものの上に置いて飾っていたことと

 

王や皇族に何かを渡すときに直接手渡しはせず
ピローにのせて渡していたこと、
ヨーロッパでは宝石などをクッションに乗せて運ぶ文化が
あることが由来しているそうです。

 

 
【言い伝え】

 

「結婚式に使ったリングピローを、生まれて来た赤ちゃんに3日間
ファーストピローとして使うとその赤ちゃんは健康かつ幸せに育つ」

 

という素敵な言い伝えがあるそうです。

084eweb
結婚式が終わってからも使い道があるんですね。
アクセサリー類を置いてもいいですね。

 
また、古代ヨーロッパでは、リボンや縄で自分達を1つに結ぶことが「約束」
を意味し、それが結婚を表現していたので、
リングピローに付いているリボンは「二人の愛を誓い、愛を約束する」
という意味が込められているんだとか。

web_6
現代の欧米では、結婚式でリングを運ぶ「リングベアラー」という役を
新郎新婦の親族内の10歳くらいの男の子が努め、花嫁と一緒に
入場して指輪を運ぶんだそうです。

 

このとき男の子がリングピローに乗せて運ぶ指輪は本物ではなく
模造品なんだそうです。

 

これは、キリスト教に「子供に高価なものを持たせてはならない」
という教えがあるからだそうで、本物の結婚指輪は
ベストマン(新郎の付き添い&世話をするアッシャーの代表の人。
新郎の友人や親族などのうち未婚の男性が務める)や、
メイドオブオナー(花嫁の付添人として世話をする、代表的な立場の未婚女性の友人のこと )
が持っていて、リングベアラーが模倣品の指輪を届けたところで、
彼らが本物に入れ替えるんだそうです。

 

 

 

幸せになれる結婚式の4つのおまじない
サムシングフォー(次回詳しく記事にしますね)という
花嫁が4つの何か(Something)を身に着けると幸せになれるという
おまじないの中に友人や隣人から持ち物を借りる
Something Borrowed(サムシング・ボロー :何かひとつ借りたもの)
というものがあるので、しあわせのおまじないとして
お友達からお借りするのもいいと思います。

かわいい!ラスティックウェディング

 

こんにちは!natsuです!

あっという間の9月ですね!

最近、ガーデンウェディングをはじめとする、ナチュラルスタイルの

結婚式が人気なようです。

そんなナチュラルウェディングよりもさらに自然派で、使用するアイテムや

会場の装飾の雰囲気、ドレスやメイクをラスティックにしたものを

ラスティックウェディングと呼ぶそうです。

 

Rustic:ラスティック とは「飾り気のない」や「素朴」、「田舎風」などの

意味を持ちます。

日本ではバブルから派手婚が流行り、派手めな演出が多いですが

そんな今までのイメージとは少し違った結婚式スタイルなんです。

私も見たことがありますが、ゆるーい雰囲気でものすごく可愛いんです。

私はシルバニアファミリーが小さい頃から大好きなのですが、

そこから出てきたような素朴だけど温かさが感じられる

カントリーな雰囲気なものでした。

フォトジェリッシュのフォトグラファーはそういったらスティックウェディングの撮影で指名されることも多々あります。

やっぱりこだわりのあるウエディングの方は写真もこだわって選ぶ方が多いようです。

フォトジェリッシュのカメラマンは作品を見て指名ができるので、そういった方にぴったりですね!

 

 

ラスティックウェディング

 

文字通り。素朴で飾り気のない、温もりあるウェディングのことです。

例えば、緑に囲まれた森や草原、アメリカなどでは農場で行われるなど、

のどかなアウトドアを舞台にしたウェディングです。

皆さんが結婚式と聞いて想像するような派手なイメージとは

打って変わって、自然のものを生かし、人の手を必要以上に加えない

素朴なウェディングということです。

新郎新婦もゲストもリラックスした雰囲気の中、温もりある結婚式が

行えるのが魅力的なんです。

 

 

 

ラスティックウェディングのポイント

[ドレス]

自然を舞台にしたウェディングなのでドレスはシンプルな刺繍や

素朴な雰囲気のドレスがぴったりです。

人気のドレスのようにスカート部分がボリューミーなものよりも、

ワンピースのようなドレスが多く、ナチュラルな風合いの生地や

ふわっとしたエアリーな生地が雰囲気とよく合います。

 

[ブーケ]

ラスティックウェディングの花嫁は、自然をとことん生かせる

ブーケが大きな鍵になります。

花は落ち着いた色を選び、グリーンを多く使い、カスミソウなどの

白いブーケや、ハーブや野生の草花、木の実などをいれても

ラスティック感がぐっとアップして可愛いです。

[ヘア]

ヘアは結婚式でよくするアップスタイルやハーフアップなどではなく、

ナチュラルにダウンスタイルで花冠をつけていることが多いそうです。

注意したいポイントとしては、自然すぎていつもと同じように

ならないことです。

さりげなさを大切にしつつ、どこかにウェディングの特別感を出しましょう。

img_6555

 

 

[ナチュラルな装飾や料理]

ラスティックウェディングは衣装やヘアだけではありません。

装飾や備品などに木や花のアイテムを使うと

よりラスティック調になります。

料理も豪華にフレンチコースというよりも

オーガニック料理や地元で取れた食材などを食べやすい形で

提供するのもラスティックウェディングの特徴の1つだそうです。

女性の方は特に嬉しいですね。

CG_053

 

 

ラスティックウェディングの一番の目的は「素朴感」を出すことではなく

新郎新婦、ゲスト共にリラックスしてその場を楽しめたり、

感謝を伝えられる場であることが理想なんだそうです。

特に日本でラスティックウェディングを行う場合、

会場が都会からは離れてしまっていることが多いので

ゲストのアクセスを気にしたり、外で行う場合は過ごしやすい

季節などを選ぶなどの工夫が必要です。

 

 

 

さらにこのラスティックウエディング、とってもフォトジェニックなんです!

インスタグラムで#ラスティックウェディングで検索してみてください。

思わずカワイイ~と言ってしまうほどです!

ぜひぜひ見てみてくださいね!

結婚式の意味

こんにちは!スタッフのnatsuです。

いつも結婚式関連の記事を書いていますが、
そもそも結婚式って何故するんでしょうか?
最近は結婚式を挙げない「ナシ婚」という言葉も
よく聞きますよね。

 

 

136e
ネットでは「本当はしたくないけど、親のためにする」や、
「車一台買えるお金を一日で使いたくない」など、
しない派の意見として一番多かったのが
「お金がかかるから」でした。
お金がかかるとしても、式を挙げる理由を
知ればもしかしたら結婚式に対する意識も
変わってくるかも知れません。

 

 
永遠の愛を誓う

結婚式は人生の節目です。大勢の人の前で愛を誓い合うことで
愛する人と生涯を共にする決意が一段と強くなり、大勢の人に
祝福されることによってより幸せを実感できると思います。

 

 

OSAKA_774web

 
お世話になった人々に感謝を伝える

今まで関わってくれた人々に感謝を伝える機会って滅多にありませんよね。
結婚式は今まで自分を支えてくれた人々に感謝を伝える機会になります。

会社の上司や友達など感謝を伝えるべき人はたくさんいますが、
特に結婚式は今まで育ててくれた両親への「ありがとう」を
伝える場所になり、最高の親孝行の場になると思います。

0891%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

 
久しぶりの再会の場

遠くに住んでいてなかなか会えない兄弟、親戚、友人達。
そんな人達に再会できる絶好の機会です。そしてゲスト側も
新郎新婦の晴れ舞台に幸せを感じられると思います。
「結婚式は周りの方々のため」と言う言葉もよく聞きますよね。

 

OSAKA_702web

 

 

 

 

そして結婚式といえば挙式と披露宴を
セットで聞きますよね。

違いは何なのでしょうか?
恥ずかしながら私は
ドレスがウェディングドレスからカクテルドレスに
変わるくらいしかパッと思い浮かばなかったのですが、
しっかりとした違いがあります。

 
挙式は、神などに結婚を誓うための儀式です。
披露宴は挙式を終えた新郎新婦のお披露目パーティです。

今までお世話になった、そしてこれからお世話になる方々にお互いを披露する。
それが披露宴に込められた意味なんだそうです。
ダンスやゲームなど楽しいイメージのある披露宴ですが
本来は新郎新婦が感謝の気持ちを述べ、ゲストに喜んでもらうためのものだそうで、
わざわざ足を運んでくれた人達に「来てよかった」と
感じてもらえるようにという願いが込められているそうです。

0391e

 

 

 
また、ナシ婚賛成派でも一応式を挙げたという人の意見では
「仕方なく挙げたけど親や友人が喜んでくれて結果的にしてよかった」
という人がほとんどで、「式を挙げて後悔した」という意見は
少なかったです。

 

 
自分達の為でなく、周りの人への感謝のためにも、
式を挙げるのはいい機会になるということですね。
意味を知ってこそ周りの人にももっと感謝し、
最高の結婚式になると思います。

1.5次会(会費制結婚式)ってどんなもの?

暑い日が続きますね。

水分補給はしたいけど、汗はかきたくないです。

 

こんにちは。Photo Jellish 新人のnatsuです。

 

最近、知ってはいるがそんなに仲はよくない。

みたいな関係の人々の結婚ラッシュが来ているようで、

SNSではよく

「○○ちゃんと○○君結婚おめでと~☆綺麗すぎた!!私も早く結婚した~い!お幸せに☆」

といった投稿を何度も何度も見ますので、

私も友達の結婚式に行った際には積極的に

このテンプレを使いたいと思っています 笑

最近では結婚披露宴でもなく2次会でなく、1.5次会というものが

流行っているようです。

これまた初耳です。1.5ってなんですかという感じです。

CG_315

【1.5次会とは】

結婚式は親戚や上司、友人など幅広くゲストを招待することから

ある程度格式も担保しなくてはならず、かしこまったスタイルを作ることが

大切になっている一方で、二次会は料理はブッフェスタイルが多くなり

パーティ内容もゲームが中心であったり「カジュアル」スタイルですよね。

1.5次会とは1を結婚式の披露宴、2を二次会とし、その間をとってそれぞれの

いいところを取り入れるパーティのことだそうです。

簡単に言えば

「結婚式披露宴ほどフォーマルではないが二次会ほどカジュアルではない

パーティ形式の式」だそうです。

たとえば、二人で海外ウェディングを挙げたが、

帰国後も友達や親族にお披露目したい。

結婚式披露宴と二次会をいっしょに挙げたい。

という新郎新婦にはまさに1.5次会がぴったりだそうで。

義理で招待するゲストだけではなく、本当に結婚を祝ってほしい身内や恩師、

親しい友人や同僚などを招待できる結婚パーティ形式なんだそうです。

私は昔から予定もないのに

「結婚式ってしたいけどホント緊張しそうだしなんかほんと恥ずかしい。。。」

とひっそり思っていたのですが、

はずかしがり&人見知りだけど身内や親しい友人達だけで

できる結婚パーティは最高!!1.5次会最高!!と思いました。

服装はのコーディネートのコツは

フォーマルな服装を少しだけカジュアルダウンさせることだそうです。

男性の場合は

スーツに色や柄を取り入れてみたり、カフスボタン、ポケットチーフ、

眼鏡などの小物を身につけるなどしてみるのがおすすめです。

女性の場合もクセサリーやヘアスタイルで「ドレスダウン」すると

よりオシャレ感が出せるそうです。

大きめのアクセサリーなどが割と簡単で取り入れやすいそうです!

CG_203

【1.5次会の特徴】

・ご祝儀ではなく、会費制を選ぶこともできる

・着席でも立ち席でもOK

・コース料理でもブッフェでもOK

・時間は昼でも夜でもOK

・ゲストは結婚式よりも気軽に参加できる

・ファーストバイトなどの演出も可能

かなり自由度が高いですね!

ちなみに約7割が会費制なんだとか。

CG_159

【1.5次会の注意点】

まずは結婚式場。会場によって受けているところと

受けていない会場があるそうです。

もともと1.5次会プランなどを打ち出している会場であれば、

1.5次会歓迎の会場なのでぜひ一度見学をしてみることをおすすめします。

また、レストランの場合は料理内容に要注意。

1.5次会なので、二次会ほどカジュアルなお料理を出している会場は

避けたほうがいいようです。

コースに対応しているか、もしくはブッフェでも使用している食材の

クオリティーなども確認しておかないと、二次会などでよくあるような

から揚げやポテト類、パスタばかりなどカジュアル過ぎるメニューに

なってしまうので注意が必要なんだそうです。

CG_120

1.5次会のメリット・デメリットについて

【メリット】

・結婚式とは違い、より幅広い友人関係を気軽に招待することができる

・会費という名目でお金を頂くので、ゲスト目線で考えるとご祝儀をいくら包む?

などの心配をかける必要がない

・総体的に結婚式費用はかからない

・自由度が高いので、自分たちのオリジナリティーを出しやすい

【デメリット】

・何より年齢層の高いゲストには理解してもらいにくく、親族には別で食事会を開催

するか、1.5次会に招待するのであれば、事前に1.5次会の意味などの説明が必要

・沢山の人を招待する場合には、レストランだとキャパが合わない場合があるので

招待人数のリストアップとパーティ会場探しは早くから進めておかないと

場所探しに困ることがある

いいことばかりではないようです。。。

たしかに、結婚式の固定概念がある方には理解しがたいかもしれませんね。

1.5次会にはメリット・デメリットはあるものの、

メリットの方がなにかと多く、自分達だけで準備が難しい場合、

会場にはプランナーのような担当者がいることもあるそうですが、

たくさんの会場を出入りしているフリープランナーさんたちなら

最適な会場をプランニングしてくれるかも。

≪30代からの二次会・1.5次会専門プランナー≫

http://2jikai-p.net/

また、二次会のように幹事をお願いするのもOKだそうです。

結婚式と二次会両方のいいとこ取りして思い出に残る

素敵な1.5次会を楽しんでみてはいかがでしょうか。

結納品の豆知識あれこれ

おはようございます!

 

私は今まで友達の結婚式に出たことがないけど、

フォトジェリッシュで仕事をしていると日常的にあれこれとブライダルの用語が出てくるので、

日々お勉強です!

 

今日は結婚とセットでよく「結納」という言葉も聞くので、それについて調べてみました。

 

今までに何度も耳にしたことはあるのですが、内容はよくわからないまま

「結納とりあえずめちゃめちゃ緊張する~」と知り合いに言われたことが

あったのですが、結納がどういうことをするのか知らない私は

「え~やばそ~」と、当たりさわりのない返事をしてしまったことがあります。

 

その時に聞いておけばよかったものの

聞くは一時の恥。聞かぬは一生の恥。という言葉のとおり

ここまで来てしまいました。

まあ私は今知ったので3年ほどの恥で済みましたが。

 

皆さんが一生の恥をかかないためにも結納とは一体何をしているのか?

を調べてみました。

 

 

 

ということで今回は結納と結納品についてです。

 

 

結納とは両家のみで行うものなので、挙式、披露宴や二次会のように友人のものに

参加して雰囲気を知ることができない為、

自分が結婚するまで結納に触れる機会はなかなかありません。

 

 

「家族」と「家族」を結びつけるものとして、男性は結納品を用意し

女性の自宅へ、一方で女性は料理で男性一家をもてなすものだそうで、

元々は仲人という家と家を行き来する役割の人も存在しましたが、今では

略式結納といった形で仲人を立てないず、料亭やレストランで行うのが一般的だそうです。

 

私も一緒に食事をするということはなんとなく知っていましたが

元々は女性が料理をふるまっていたということは衝撃的でした。

 

 

その他の特徴として結納品の準備や結納金、結納返しなどの用意が必要になることも特徴だそうです。

 

基本的には結婚する当事者(新郎新婦)と両親、兄弟、祖父母くらいまで執り行うので

お互いの両親に教えてもらうことが多いようですが、新郎新婦たちも自分たちでしっかりと

理解しているに越したことはないですよね。

 

 

 

まずは結納品について。

 

結納品とは、二人の結婚して暮らしていくのに関係する縁起の良い物を集めたものだそうで

関東と関西では熨斗(のし)の形状や中身が違ったりするみたいで、

東日本と西日本でくっきりと分かれるかというと、そうでもないみたい。

あくまで参考程度に知っておけばよい程度らしいです。

 

ちなみに、関東も関西も正式には9品目ですが、

略式の場合は5か7品目が一般的なんだそうですよ。

 

結婚式のご祝儀もそうですが、

日本は昔から奇数を縁起のいい数字として扱っているため

品数が増えても減っても奇数を守るそうです。

 

 

よく「割り切れない」という理由から、

割り切れる数は結婚に向いてないという説がありますが

結婚に限らず陰陽道では奇数はいい数字とされていた名残だそうです。

 

また、関東では新郎家、新婦家を同格に扱う背景から結納品も同じレベルを

そろえるため、結納品を「交わす」、関西では新郎から新婦側へ結納を「納める」

という表現をするそうです。

 

 

すごくどうでもいい話をしますが私は白米が苦手なのでおかずは多い方がうれしいです。

 

 

関東の結納品一覧(9種)

【長熨斗(ながのし)】

のしあわびです。あわびを長く伸ばしているもので長く生きる、

また、長生不死の薬といわれたことからも長寿祈願として

おめでたい場で使われます。熨斗とは、のしあわびが由来なんだそうです。

もともとあわびは儀式用のさかななんだそうです。

最近ののしあわびはビニール製の代替品や、本物のあわびでも

食用として加工されていない場合が多く、食べることはできないようです。

ちょっと残念です。。。

【目録(もくろく)】

結納品のメニュー一覧。結納品として、これを贈ります。

ということで、結納品の一覧とそれぞれの数を記載します。

関東では目録は品数に含まれますが、

関西では目録は品数に含まれないそうですよ。

【金宝包・金包包(きんぽうつつみ)】

金封です。いわゆる結納金がこの金包包になります。

もともとは新郎家から新婦の方に

「これで結婚の支度をしてくださいね。結婚衣装でも買ってくださいね」

という意味なので、新郎からのからの金包包を「御帯料」(おんおびりょう)、

新婦からの結納返しを「御袴料」(おんはかまりょう)と表書きにします。

こちらは男性用の袴を仕立てる料金という意味から転じて、

現代ではスーツ仕立代などになっているそうです。

【勝男節(かつおぶし)】

文字通り鰹節です。「勝男武士」ともいい、男性らしさの象徴でもあるそうです。

もともと鰹は勝ち魚として、慶事ごとに使われていましたが、

鰹そのままでは飾っていても傷んでしまうので、保存食である鰹節を用いるように

なったそうです。日持ちがするので、「末長い幸せ」を願う意味がある、

といわれているそうですよ。

 

【寿留女(するめ)】

健康と長寿を象徴するものだそうです。

現代のスルメのイメージでは完全に酒のツマミでおめでたいイメージはゼロですが、

昔から日持ちし、噛めば噛むほど味が出るということで、

「そんな花嫁になってほしい」という意味と末永い幸せを願ってスルメを贈るのだそうです。

また、長期保存できることから「食べ物に困らないように」

という意味合いもあるそうです。

【子生婦(こんぶ)】

これはおせち料理とおなじなので、よろ「こぶ」などで子孫繁栄を願った縁起物です。

嫁入りの場合は「子生婦」「子布婦」、

婿養子の場合は「子生夫」「幸運夫」と書くこともあるそうです。

【友白髪・友志良賀・共白髪(ともしらが)】

多分これはほとんど見たことがないと思いますが、麻の繊維です。
白髪になるまで、白髪になっても二人が仲良く、という願いを込めた縁起物です。

また、麻のように強い絆で結ばれるという意味で、

夫婦円満の願いが込められているそうです。

【末廣・末広(すえひろ)】

末広がりをイメージする扇子です。純真無垢の印として、

白い扇子を結納品を贈り、家の色に染まってくださいという意味もある、

なんとも意味深な結納品ですね(笑)

家運が末広がりに繁栄することを意味するようです。

【家内喜多留(やなぎだる)】

これはお酒の樽です。「多くの喜びが溜まる」ようにと家内の円満を願って贈るもので、

もともとは酒樽を送りますが、

現状は「酒肴料」としてお金を包むようにしているそうです。

 

また、今後9品目ではなく、3,5,7と略式にする場合は

  • 7品目の場合は目録、長熨斗、金宝包、寿留米、子生婦、友白髪、末廣
  • 5品目の場合は目録、長熨斗、金宝包、友白髪、末廣
  • 3品目の場合は目録、長熨斗、金宝包

という品目になっていきます。

食材ひとつひとつに意味があってどれも深いですね。

個人的にはするめがなんだか気に入ったので

帰りにするめを買っていこうと思います。

 

 

 

いかがでしたか?結納にはこんなにもたくさんの

意味合いがあったんですね。

 

 

結納とは両家が二人と両家の幸せを願って贈るもので

金銭的な問題だけではなく、それぞれの結納の意味や成り立ち、

結納品の意味について知っておくことで、結納を単に「こなすもの・済ます物」

ではなく、一つの大事なイベントとして思い出に残すことができると思います!

 

【会員制の日本工業倶楽部で結婚式の撮影 〜挙式編〜】

寒さ続く1月。
先日のゲレンデのマイナス18度よりは比にならないほどマシではあるけれど、
慣れてしまえば寒いものは寒いですね。
今回の舞台は横浜ではなく東京は丸の内。
オシャレな大人の街。モダンな建物が立ち並び、日本経済の中心地の一角でもある。
その中で、歴史を感じるこちらの建物が今日の結婚式場です。
026e
そこらの張りぼてのゲストハウスとはワケが違います。
歴史のある本物のアンティークの建物の会員制の日本工業倶楽部。
さてさて今日のお二人はというと、
新婦さんはブライダルもバリバリやってのけるヘアメイクさん。
一方の新郎さんはデザイナー会社の社長さんです。
新婦様には夢とこだわりがたくさんあって、
常日頃からブライダルに携わっているだけに、
内側も外側もよくわかってる方です。
新郎さんのこだわりはとにかくロン毛と赤。
タキシードの試着は5着中4着は赤、残る一つは花柄という、
かなり色濃く特徴のあるお二人です。
まずはいつもの通り、お二人が来館する前から待ち構えて、
来館と同時に激写。
エレベーターでも激写 笑
002e
新郎「やべ、だんだん恥ずかしくなってきた」
と、すでに当日の実感が湧いてきたようです 笑
039e
メイクの途中にはそんな緊張も解けてか、
待ちぼうけで構って欲しいのか、
撮影用小物で遊び始める新郎。
048e
本職がメイクも行なっている新婦は、
ヘアセットをしてもらっている間にメイクをしはじめました。
そうこうしているうちにブライズルームに姪っ子ちゃん登場。
新婦様が姪っ子ちゃんのチークとリップを
ちょいちょいっとしてあげる新婦。
072e 075e
姪っ子ちゃん上機嫌になって走り出します。
外は寒いけど、なんだかほっこりするワンシーンでした。
さて、先に着替えてしまった新郎は新婦のウェディングドレス姿を知りません。
ブライズルームの外で、後ろ向きに立ち尽くす新郎。
089e
みなさんは知っていますか? ファーストミート(first meet)って知っていますか?
091e
次の瞬間、新郎は新婦のウエディングドレス姿を初めて目にします。
092e
驚きと嬉しさと、いろんな感情が入り混じっているようです。
いよいよロケーション撮影。
101e 115e
 東京駅ステーションホテルは
日本を代表するクラシックホテルだった歴史的建物。
冬の青空も手伝って、良い雰囲気を醸し出しています。
117e 120e
青空と雲が良い感じですね。
建物まで戻って入り口でも撮影。
132e 126e
屋上の「坑夫と織女の像」は、大正9年に建設されたオリジナルの物だそうです。
挙式の会場も高い天井と装飾がとってもステキな雰囲気です。
141e
ゲストもぞろぞろと集まって来て、いよいよ挙式が始まります。
151e
新婦様はさすがブライダル関係者。
雰囲気に呑み込まれることなく、余裕の表情です。
146e 147e
結婚式あるある。今までにたくさん出席している方はわかるかもしれませんが、
新郎が入場する時って、たいがい笑いが起きます。
167e
なぜでしょうか。
新婦入場の時は比較的しっとりするか、「ステキ〜」となるか。
176e
お二人は「結婚式はしない」という選択肢もかなり視野に入れていたそうですが、
やる決断の一つとして、新婦様が「お父さんとバージンロードを歩きたい」
という理由が強かったそうです。
新婦のお父様が新郎に新婦を託す瞬間、一つ目の感動のシーン。
182e
186e
手渡した瞬間も良いのですが、個人的にこの直後の
新婦父のものげな表情にグッときます。
190e
これからおふたりの舞台に登り、誓いを立てます。
192e 211e 207e
お決まりですが、誓いのキス、誓約書にサイン。
216e 220e 229e
あとで聞いた話ですが、新婦は終始、涙腺がギリギリだったそうです。
241e
255e
無事、挙式も終わり、親族記念写真(オフショット)
277e
この後は披露宴ですが、今日のブログはここまで。
次回をお楽しみ。

————————————–

↓今回のお客さまがご注文いただいたのはコチラ↓

◆結婚式当日の写真撮影は、お好きなカメラマンを選んで100,000円◆

※カット数は無制限、データすべてお渡し

フォトギャラリーはこちらから

◆結婚式場への友人として依頼する持ち込みカメラマン 挙式のみ 60,000円◆

サンプルはコチラ

※カット数は無制限、データすべてお渡し

お問い合わせはこちら

LINEでのお問い合わせも可能です♪