ウエディングブーケのはじまり

 

こんにちは!natsuです!

結婚式で花嫁が持つウェディングブーケ、

あれってすっごく可愛くてステキですよね。

あのウエディングブーケのはじまりって

しっていますか?

ウェディングブーケの始まりは諸説ありますが、

有名な2つの説を今回はお話しますね。

044web

 

 

【花冠説】

古代ギリシャでは結婚式だけではなく、祝祭などの日にも花や植物を編んで

頭に乗せる習慣がありました。

結婚式では愛と幸せをもたらすという意味のあるお花が多く使われて

いたそうです。

19世紀前半のヨーロッパでは花嫁は結婚式のときには

純潔を意味する白いギンコウバイとオレンジはたくさん実をつけることから

オレンジのように子宝に恵まれるようにとオレンジの花で作った花冠を

頭に乗せる風習があり、これがやがてウェディングブーケへ姿を変えて

世界に広まっていったそうです。

昔から花冠は特別な日につけるものであり、正装でした。

なので二次会などだけではなく挙式に付けてもマナー違反

にはならないそうです。

花冠は別名「リングブーケ」と呼ばれていて、

たくさんの花で出来た輪は「永遠と幸せ」

固く結ばれた花同士は

「愛と絆の象徴」という意味があるんだとか♪

 

 

 

 

【野花を摘んでプロポーズ説】

その昔、ある男性が愛する女性にプロポーズをする際に

彼女の家に着くまでの間に野花を摘んで花束を作り、

プロポーズをしたそうな。

花嫁がブーケを持つのはプロポーズされた証なんですね。

プロポーズを受けた彼女は、YESの意味を込めて花束の中から

花を一輪引き抜き、男性の左ボタンホールに差し込んだのです。

それが男性の愛を受け入れた証拠になったそうです。

これが後のブートニアと呼ばれる物になったんだとか。

現代だと左衿に止めるのが一般的になりつつありますよね。

つまり、ブートニアを着けていない花婿はプロポーズの返事を

貰っていないという事になってしまうということですね。

 

 

 

【魔よけの意味も】

ウェディングブーケには、魔よけの意味もあるそうです。

昔、「ハーブを組み合わせた束を花嫁が持つと幸せな結婚生活が送れる」

という願いを込めてハーブの花束を持つ地域があったり。

ハーブには魔よけ効果があるそうです。

そしてウェディングブーケには純潔を表す白い花が好まれるのですが、

白も魔よけの色とされていて、「悪いものから花嫁を守る」という

意味が込められているそうです。

304e

 

お花って、あるだけで雰囲気が変わったり、

華やかになりますよね。

花言葉のようにそれぞれのお花には意味がこめられているので

シーンにあわせて選べばもっと幸せ♪

海外で人気!ウェディングボックス

 

こんにちは!natsuです!結婚式って、
色々な演出がありますよね。

 

 

0391e

 

 

4b2a6805

 

 

 

 

最近の結婚式の演出人気TOP3 は
1.家族とバージンロードを歩く  ヴァージンロードに関するあれこれ
2.フラワーシャワー  結婚式で人気の○○シャワー10選
3.ブーケトス     ブーケトスをしない、という選択肢

なんだそうです。
まだ日本ではあまり知られていないみたいですが、
海外で人気の演出の1つとして、ウエディングボックス
というものがあります。

OSAKA_013web

 

 

【ウェディングボックス】

ウェディングボックスとは、元々欧米で人気だったワインボックス
が由来なんだそうです。
ゲストの前で新郎新婦が木箱の中に
ワインボトルとお互いへの手紙を入れて釘で蓋をする儀式です。

いつもよりちょっと高級なワインを入れてもいいですし、
2人の記念日の年に作られたワインを中に入れるのもいいですね♪

中には手紙だけではなく、2人の思い出の物を
入れてもいいですし、結婚前の写真をミニアルバムに
して入れるのもいいと思います。

 

ゲストの方にメッセージ書いてもらえば
楽しみも2倍です♪
木箱は数年後の結婚記念日に2人で開けます。

数年後、箱から出したワインを2人で飲みながら
当時を振り返ってみればあの時はこうだったね~。
なんて愛を再確認出来ちゃいます。

タイムカプセルみたいですね♪

 

 
【ケンカボックス】
このウエディングボックスは、別名ケンカボックスとも呼ばれているんです。
2人が今後の結婚生活で大きなケンカをしてしまったとき、
この箱を開けて愛を再確認→仲直りをしよう。という使い方も出来ます。
仲直りのきっかけにもなるなんて、、、!!

 
このウェディングボックス、材料も簡単に手に入るので
取り入れやすい演出の1つです♪
その場だけの楽しみではなく、何年後何十年後にも
楽しみが増えるのでぜひ取り入れてみてください♪

ブーケトスをしない、という選択肢

 

こんにちは!私はお花が大好きなのですが結婚式の写真を見ていると

カラフルなブーケや飾りがたくさんあって見ていて楽しいです。

 

結婚式でのお花といえば、ブーケトスを一番に思い浮かべたのですが、

実はわたし、ブーケトス未経験なんですよね。

 

ブーケトスとは

挙式を終えた花嫁が後ろ向きで未婚女性ゲストに向けて頭上を超えるように

ブーケを投げる演出です。

運よくブーケをキャッチした女性が次の花嫁になれると言われており、

「幸せのバトンタッチ」という意味が込められています。

絶対にゲットしたいですよね。

 

【ブーケトスの由来】

ブーケトスの由来は諸説ありますが、14世紀頃のイギリスの風習で結婚式の参列者たちが

祝福にあやかりたいと、花嫁のドレスを引っ張ったり、

ブーケの花や小物を取ったりしたそうです。

花嫁に襲い掛かる女性に大変危険な状態になることもあったようで、

その予防策としてブーケを投げるようになったといわれているそうです。

、、、、怖すぎます。落ち着いてください。
0249e

 

とはいえ今では結婚式の定番になっていますよね。

 

しかし最近、結婚式にブーケトスをしない新婦さんが増えているそうです。

どうして??と思ったのですが、このブーケトス、賛否が別れるようで、

ここ10年くらいで、価値観や女性の生き方などが変わってきているので

花嫁になるという希望が見出せないと考える人や、「ガツガツしていると思われたくない」

「全員に見られているという必死さがイヤ」 「男性に取りに行くところを見られたくない」

「未婚女性!と晒し者にされている気がしていやだ」という女性が多いようです。

 

確かに言われて見れば、実は欲しいほしいと思っていても

周りの目を気にしてしまいあまり前に出れないと思う人もいると思います。(私です。)

 

ということから最近の結婚式では

ブーケが投げられても目で追っているだけで取りに行かない人が多く、

そのままブーケが地面に落下してしまうこともあるそうです。

 

なので、ブーケから出るたくさんの紐の一つだけ正解を付けて、

みんなでそのリボンを引っ張る、ブーケプルズが多いようです。

0391e

 

人目を気にする人が多いようですね。分かります。

とはいえ新婦側からしたらショックですよね。。。

せっかくのブーケトスでそんなことにならない為にも

少々お酒の力を借りてしまいましょう。笑

 

また最近では、ブーケトスの代わりに様々なものが

投げられているようです。

・ぬいぐるみ

持っているだけでかわいく、写真映えも抜群ですね。

・キャンディブーケ

チュッパチャップスなどのお菓子を造花、包装紙、リボンなどで手作りできて

こちらも可愛くて写真映え最高です。

・お菓子

トスというよりはお菓子シャワーというみたいです。

たくさんのお菓子を投げるので全員がゲットできますね。

・ブロッコリー

もはや可愛いとかではなく野菜ですが、ブロッコリーは成長すると子房ができるので

「子孫繁栄」という意味があるそうです。

 

 

こちらは新郎が未婚の男性に向けて投げられるパターンが多いようです。

マヨネーズ付だそうです。その場で食べるんでしょうか。

色々なブーケトスがあるようですね。

ブーケトスには「幸せのおすそ分け」

という意味もあるそうなのでブーケに限らずキャンディや

ブロッコリーをトスして幸せをおすそ分けして見るのもいいですね!