*大磯まで出張!!人の温かさに包まれた結婚式。。。♡*

こんにちは!!Hair&Make MIYURIです(*´ェ`*)

あっと言う間に6月になってしまいましたね!みなさまいかがお過ごしでしょうか。

今日はパッとしないお天気なので、ほんわかする内容をお届けします!!

 

GWも半分を過ぎた快晴の日。フォトグラファーDAIと大磯まで行ってきました(*´▽`*)b
Jellishでドレスをご用意。当日ヘアメイク、撮影も一緒にご依頼頂きました。式場や、ホテルとは違い持ち込みも自由な町の教会。自分が信頼できて、気に入った人に頼めるのは一番幸せなことですね♪
ご依頼ありがとうございました!!

 

0001_xlarge

今回、お邪魔したのは駅前にあるとても素敵な教会です。いつも通っている教会で、大切な方たちに見守られながら愛を誓う。。。とても素敵ですね(*’ω’*)

お二人の出会いは同じ職場。接点がなかったわけではないけれど、ご新婦さま意識はしていなかったそう。
彼はラストチャンス!とばかりにデートに誘いますが、断られてしまう。。。泣
でもそれがきっかけで意識するようになり、導かれるように今日の日を迎えたそうです(´∀`o)☆゚+。
改めて、身近なところに出逢いがあり、身近なものに幸せがあるのだと感じさせられました。

毎回こんな話をお聞きしながら、ご新婦さまのお支度しているMIYURIです!笑
一方のご新郎さまは・・・

0008_xlarge

はい。落ち着きがなく、うろうろしております!!笑
だいたいのご新郎さまはじっとしていられません!!!

お二人はfirst lookだったので、教会の扉の前でご対面(*´ェ`*)

IMG_8376

柔らかい素材のスカート。広がりが少ないドレスですが、後ろ姿がとても素敵でした!!
この後ろ姿を見送りました。。。

0199_xlarge

Jellishだからできることの1つに、ドレスと同じレースを使って、グローブをご用意することができます。今回ご用意したドレスがお袖があるドレスなので、ショートグローブでご用意致しました。

たくさんの方の前で愛を誓ったお二人。
お式が始まる前は緊張気味だったものの。。。

IMG_8379

はい!!終わったらこの表情です!!(笑)だいたいみなさんそうですが、ほっとするのでしょうね♡(。→ˇ艸←)

お式後は集合写真を撮ったり、お友達同士で写真を撮ったりと賑やかな時間を過ごしました。
その後はもちろん!しっとりした写真も残しますよー!!

IMG_8383

IMG_8382

0267_xlarge

5月初めと言うこともあり、つつじがとても綺麗でした(●´U`●)
季節によって、背景が変わるのも素敵ですね!!

IMG_8385

さて、我々も引き上げの時間です。最後はお決まりのオフショットで〆させて頂きます!!
こんな素敵な笑顔で〆られるのも、当日初めて会ったカメラマンではないから。なのかも知れませんね!!
Photo Jellishでは、写真のテイストから、フォトグラファーを指名することが可能です。(空き状況についてはお問合せ下さい)
指名料はかかりませんし、事前に打ち合わせをするので安心です!ぜひお気軽にお問合せください。

ロケーション撮影もまだ間に合いますよ!!

himawari1

この時期から申し込みするならひまわりもおススメです!!
暑いですが、ひまわりの数、華やかさ、力強いさは圧巻でした(*´ェ`*)
和装プランもございますので、ぜひチェックしてくださいね!!

【石川県七尾市で行われた結婚式&披露宴】

気持ちの良い青空の下、4月に石川県七尾市の妙國寺というお寺で挙式をされたカップルのお話です。

 

81_large

———————————————–

 

[本日のお客様の撮影メニュー]

撮影内容:当日挙式・披露宴撮影プラン

撮影写真の全データ

価格:100,000円(税別)+移動費、宿泊費など42,530円

撮影者:DAI

———————————————–

お寺はご新婦様の実家。

29_large

 

実はフォトグラファーDAIはお兄さん夫婦(住職)の
結婚式も撮影させていただいたご縁があります。
そのときは加賀屋(http://www.kagaya.co.jp/)での結婚式、披露宴でした。

 

最初にご相談いただいたときは、
「結婚式はしないで写真だけ」
と言っておられました。

よくよく聞いてみると、
恥ずかしいという気持ちと、色々な事情があるということもあり

「あまり派手にしたくない」という想いがあったのです。
しかし、打ち合わせを重ねるたびに新婦様自身の、

やはり小さいころから描いた夢は膨らみ出し、

「ドレス着たり、友達をたくさん呼んだりしてやりたい」

となって、

あくまで等身大で、ということを条件に

御新郎様も同意のもと、開催することとなりました。

 

 

064eweb

 

そして迎えた結婚式当日。

 

妙國寺というお寺は北陸新幹線で賑わう金沢市から1時間ちょっと

海沿いの無料ハイウェイを走らせたくらいの場所にあります。

 

002eweb

 

山の寺寺院群といわれるお寺の密集した地域に存在します。

階段や坂が多く、妙國寺さんも例外ではありません。

 

015eweb

 

フォトグラファーDAIが到着してしばらくしたら美容師さんたちも到着。

ご自宅での着付けがスタートします。

 

014eweb016eweb

 

昔はこうやってみなさんご自宅で花嫁準備をされていたんですね。

最近、都会ではマンションタイプが多く、スペースが厳しいので

結婚式場やホテルで行われるパターンが多いですが、

やっぱり自宅の花嫁着付けは風情があっていいですね。

 

 

048eweb
64_large

DAIはだんだんと仕上げられて様子をポイントで撮影します。

プレ花嫁から本物の花嫁へと変貌を遂げてゆくご新婦様の表情は

少しずつ緊張感が高まっていきます。

 

036eweb

084eweb

だんだんと先に結婚した兄弟や親戚の方々が集まってきます。

姪っ子ちゃんたちの声で賑やかな雰囲気が作り出されます。

 

020eweb

 

式次第はデザイナーのお姉さんの手作り。

kinko’sの袋で無造作に置かれていたあたりが

ギリギリまで準備をしていた様子を物語っています 笑

 

067eweb 086eweb

いよいよ本当の花嫁として仕上がって挙式を迎えます。

 

009eweb

 

地元の衣装屋さんが準備してくれたという花嫁のれん。

 

映画にもなったということでそれなりに認知されているかもしれませんが、

石川県には非常に多くの独特な花嫁文化が残されています。

花嫁のれんもそのひとつですね。

 

本来はお母さんより受け継がれた花嫁のれんを、

娘が花嫁道具の一つとして持って行くという風習です。

もちろん昔の文化なので、世に二つとして同じ柄がない逸品です。

 

110eweb

119_large

55_large

 

 

お寺で行われる結婚式は、念珠の交換も行われます。

 

125eweb

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

164_large

 

157eweb

滞りなく、結婚式は行われました。

 

194eweb

 

その後は集合写真や外での記念写真など行います。

 

303_large

317eweb 309eweb 293eweb

心配された天候もスカッと青く、心地よい日差しとなってくれました。

終始アットホームな雰囲気でした。

 

/////////////////////////////////////

その日の夜

 

401eweb 368eweb

 

第二部は金沢市まで移動してパーティーを行いました。

午前中の厳かな結婚式とは変化をつけて、

カジュアルで可愛いスタイルのパーティーです。

382eweb 390eweb

 

394eweb

お二人も入り口に立ってゲストの方々をお出迎え。

 

428_large

リラックスしたムードでパーティーはスタートしました。
430_large

ドレス・タキシードを召された姿も素敵です^^


458_large

ケーキ入刀などのオーソドックスなイベントもやっぱり女性の憧れです。
580eweb

終始和やかなムードで、幸せに包まれた披露宴でした。

 

予算のこともかなり気にされたカップルでしたが、

金沢のウェディングプロデュース会社であるベージュさんの的確なアドバイスによって、

「予算をかける優先順位を明確」にして、イメージどおりの結婚式、

パーティーを行うことができたようです。

 

 

 

———————————————–

 

[本日のお客様の撮影メニュー]

撮影内容:当日挙式・披露宴撮影プラン

撮影写真の全データ

価格:100,000円(税別)+移動費、宿泊費など42,530円

撮影者:DAI

———————————————–

* ご協力いただいた方々 *
プロデュース会社「BEAGE」http://www.beige-wedding.jp/
かなざわはこまち「ALUCU」http://www.kanazawahakomachi.jp/shop_list/alucu/
妙国寺 http://temple.nichiren.or.jp/4061021-myoukokuji/

【誰のための、なんのための結婚式ですか?】

ようやく寒さも和らいできましたね。

世間はゴールデンウィークが始まり、子どもと連れたファミリーの姿をよく見かけます。

 

同時に、至る所で結婚式に参列するような雰囲気の服装の方々が見受けられます。

 

本日は3月に伊勢山皇大神宮で結婚式の撮影をしたお話です。

———————————————–

[本日のお客様の撮影メニュー]

撮影内容:メイクシーン・神社挙式・披露宴

撮影後に補正全データお渡し

価格:100,000円(税別)

———————————————–

 

 

032e

 

 

まだ冷たい雨が降る3月の終わりごろです。

フォトグラファーとの事前打ち合わせは3週間前でした。

 

今回のご依頼者は入籍して3年目のカップル。

フォトグラファーは聞きました。

「なんで入籍してしばらく経ってるのに?」

 

新婦さまは一瞬考えてこうお答えしました。

「私のお母さんの体調が悪いから。どうしても今しかなくて」

 

024e

 

「そうなんですね。。。」

 

今回の結婚式を行う神社は伊勢山皇大神宮。

別名、関東のお伊勢さまとも言われる由緒ある当社は、

天照大神を祭神としているにもかかわらず、

この日はどこかの岩戸へと引き籠もってしまわれたのかもしれない。

 

披露宴は文久三年(1863年)より横浜で料亭を営んでいる

超老舗料亭「田中家」さんにて。

お支度もそちらをお借りして行われました。

022e

 

素敵な風情ある建物と笑顔がステキな方々ばかり。

到着してから色々と荷物を整理して。

 

002e

 

005e 008e

 

衣装も揃ったので、いよいよ新婦様のヘアメイクがスタートします。

 

和装はやっぱり水化粧を行うととっても綺麗になりますね。

今回ヘアメイクの盧さんは超ベテランの盧さん。

 

いつも新婦様の期待以上の仕上がりにしてくれます。

 

053e

 

 

「トントン」

 

襖を叩く優しい音とともに新婦様の妹さんが様子をうかがいに来ました。

 

新婦と妹さんはとっても仲良しで

 

「かわいい〜」

「いいでしょー?えへへ」

 

そんな暖かい会話が交わされていました。

 

046e

 

着付け師「HARU」の小西さんはテキパキとお支度を仕上げ、

予定より30分も前に花嫁支度完了。

 

096e

 

新婦のお父さんとお母さんを別室にお呼び立てし、ご挨拶です。

 

「いままでありがとう。これからもなるべく永くよろしくね」

 

新婦もお母さんも終始照れ笑い。

ただひとり、新郎様のお母さんは後ろを向いて音を立てないように涙をぬぐっていました。

 

133e

 

 

新郎は三人兄弟で妹が二人、新婦は三人兄弟で弟と妹がいます。

両家揃うととっても賑やかで、お父さんもお母さんもノリが良くって、本当にみんな仲良しです。

 

138e

 

 

雨の中の移動は大変ですが、花嫁衣装は不思議と風情も感じます。

 

173e

親族紹介は少し笑いもありましたが、無事滞りなく終わりました。

 

いよいよ挙式です。

 

197e202e

 

参進

 

花嫁行列

 

雨が降るなかでの撮影となりました。

 

伊勢山皇大神宮は天照大神を祭神として祝っておられる神社ですが、

もしかしたら、この日はまた岩戸に篭っておわしたのでしょうか。

 

210e

伊勢山皇大神宮の特別なルールがあります。

 

カメラマンは祭事ごとに立ち位置とシャッターの回数が4回までと決められているのです。

一枚一枚を大切に撮るようになります。

緊張の瞬間の連続です。

219e

 

種類によって、桜はすでに散っていましたが、

これもまた日本の味わいを感じられます。

 

218e 233e

 

 

挙式も無事、行われました。

 

田中屋さんまでバスで戻って、宴席です。

 

274e

 

 

 

389e 463e

 

最近では見ることが少なくなった鏡開き、

また、田中屋さんに専属でいらっしゃる芸妓さんの三味線が花を添えます。

 

最後は、オリジナルの歌に合わせてお茶屋遊びの「トラトラ」

 

511e

 

実はこれ、旅行好きの両親にはドッキリのイベントで、

新郎新婦から旅行券のプレゼント。

 

両親は「やられた!」という表情で、恥ずかしそうに受け取っていました。

 

580e

585e

披露宴も無事に御被楽喜となりました。

 

空もすっかりと暗くなっていて、いい時間です。

お二人はこちらの写真を気に入っていただき、

サンキューカードとしてポストカードもご依頼いただきました。

 

———————————————–

[本日のお客様の撮影メニュー]

撮影内容:メイクシーン・神社挙式・披露宴

撮影後に補正全データお渡し

価格:100,000円(税別)

サンキューカード:150円(税別)/枚

———————————————–

 

後日、出来上がった写真を納品させていただいた時には、

お二人はもちろん、ご両親もとっても喜んでいただけたそうです。

以来、お母様の体調も良く、元気に過ごされているそうです。

 

なるべく、多くの時間を家族とともに。

それが一番の親孝行だと感じました。

結婚式って、なんのため、だれのために行うのでしょうか。

それが明確になっていればいるほど、素晴らしい1日になると思います。

 

366e

 

 

【横浜でロケーションフォト】

横浜といえば、歴史的建造物が数多く存在する町並みが印象的ですよね。

 

国の重要文化財に指定されている開港記念会館(旧開港記念横浜会館)や

県立歴史博物館(旧・横浜正金銀行)をはじめとする、

観光名所にもなっている赤レンガ倉庫が有名ですね。

その他にも、ぜんぶで91もの横浜市認定歴史的建造物が存在しています。

 

なかでも第二次世界大戦より前から営業していて、

かつそのままの建物を使用しているホテル・ニューグランドは、

あのマッカーサー元帥も泊まったという歴史あるホテルです。

また、日本最古のホテルといわれる日光金谷ホテルや、

ジョン・レノンが愛したという軽井沢万平ホテルなどと並んで、

由緒ある日本を代表するクラシックホテルの一つとして、横浜に存在しています。

 

 

横浜には、そういった古き良きを残すことで、歴史を積み重ねていく。

それが赤レンガ倉庫や開港記念会館、山手西洋館などの景観を守っていますね。

 

 

 

1007web

 

今回のおふたりは、昨年2016年8月にそのニューグランドで挙式をされた新婚さん。

そんなお二人からご指名いただけたスペシャルなフォトグラファーは幸せいっぱいです。

 

 

1002web

 

新婦様もかわいらしいのですが、とっても恥ずかしがり屋さん。

その分、新郎様が実に爽やかで人当たりが良くて、

新婦さんの緊張をほぐすようにいつもジョーダンを言ってくれます。

 

 

1005web

 

オーダーメイドでつくった、結婚式当日と同じマイドレス。

「太ったから着れるかな~」なんて不安がる新婦様。結果はまったく問題なく。

髪飾りはイメージを変えるためにアレンジしました。

 

 

オーダーメイドウェディングドレスショップ・ジェリッシュで支度を整えてから、

いざロケーション撮影へ。

撮影時間は2時間ちょっとだったのですが、200カットほど撮影しました。

ただ連射して多ければ良いわけではなく、

ポーズやシチュエーションのバリエーションが豊富でないと、意味はありません。

 

 

あの手この手で色んな角度とシチュエーションで撮影を行ないます。

 

 

 

 

1048web

 

窓の外はすっかり冬景色だけど、それがまた何かの物語がありそうな予感です。

 

 

◆ちょっと写真のウラ側◆

 

「絵のような描写の写真にしよう」

とイメージして写真を撮ろうとしても、写真と絵画の決定的な違いは、

写真はダメなところはダメなまま写ってしまう、ということ。

 

 

なので、シャッターを押す前に色々と整える時間があります。

 

 

 

和装の花嫁衣装とかも、5分位かけて着物を整えます。

コレがけっこう大変で、最近のブライダルカメラマンにはできない人も少なくない。

写真が撮れるだけじゃ、一人前のウェディングフォトグラファーにはなれないんですね。

 

 

 

1101web

 

美しい光が差し込む場所へ。

 

フォトジェリッシュならではですが、カラードレス、イブニングドレスには着替えず、

ウェディングドレスアレンジでお色直しをします。

新郎様の蝶タイとおそろいの生地で作ったリボンは

カラーアクセントになって、とってもキュートです。

 

 

1106web

 

本当にどこをとっても美感をくすぐられる場所ですね。

 

ホテルや結婚式場に提携以外のお気に入りのカメラマンを持ち込むときは、

仮契約より前に担当者に確認をしましょう。

ブライダルカメラマンの写真のタイプはピンキリです。

 

————————————–

 

カメラマン毎のフォトギャラリーを見て選ぶならコチラ↓

フォトギャラリー

 

↓今回のお客さまがご注文いただいたのはコチラ↓

◆結婚式の前撮り(洋装ロケーション撮影)は、ぜ~んぶコミコミ150,000円 手ぶらでOK!◆

※カット数は無制限、データすべてお渡し

 

◆ホテルへの友人として依頼するカメラマンの持ち込み 挙式(メイクシーン)~披露宴 100,000円◆

※カット数は希望するだけ、全データお渡し

 

サンプルはコチラ

ホームページはこちら

公式LINEでのお問い合わせも可能です♪

ID @photojellish

【会員制の日本工業倶楽部で結婚式の撮影 〜披露宴編〜】

今日の横浜はとても良い天気です。

青い空と赤レンガ倉庫の赤はとてもコントラストが美しい。

観光名所でもある大さん橋には多くの観光客でにぎわっています。

 

さてさて、先日の結婚式撮影の物語のつづきです。

赤が似合う(むしろ赤づくし)なお二人。

 

291e

ウェルカムボードがとってもステキなコンセプトでした。

写真は携帯電話で撮ったものですが、何がステキかというと、

お二人で行った100店舗で撮ったふたりの写真を

たくさんコラージュのように散りばめてあります。

 

ここに二人の結婚までのストーリーがひとつ、隠されています。

 

315e

そして、席次表にも一工夫。

 

東京のおしゃれスポットの美味しいご飯屋さんマップが載っていました。

これは二人で行った100店舗から選ばれた飲食店で、

ミシュランガイドのように☆で評価してあります。

 

303e

 

 

ゲストのみんなから「これ助かる〜!」と高評価。

気の利いたふたりならではのアイデアですね。

 

298e 301e

 

披露宴開始まであと少し。

ちょっと空き時間が生まれてしまったけど、それぞれに楽しんでいたようです。

 

待ちかねたふたりがようやく入場。

 

319e

323e

 

結婚式という儀式を終えたあとに、みなさんの前へとあらわれたふたりは、

神様に誓った新しい夫婦としての初お披露目=披露宴ということですね。

 

333e

 

高砂席に付いたふたり、そして乾杯へと進行を順調に進めたものの、

 

ここで大事件発生!!!!

 

342e

乾杯という大役を担ったゲストがあまりの緊張で手が震え、

「カンパイ!!」の発生とともに自分の腕にシャンパンをぶちまける。

 

そしてツボる新婦さま。。。

 

そんなハプニングがありながらも、ケーキ入刀。

 

402e 414e

 

とってもカワイイケーキトップ越しに一枚。

 

 

411e 409e419e

 

このふたりに熱中して撮影をしているゲストの表情は

どこの結婚式でもイキイキしていて、幸せが散りばめられていますね。

 

 

425e

 

、、、と。

おもむろにブルーシートが敷かれ、椅子が準備されている。

 

なんだ、、、これは???

 

なんと、新婦さんは

「昨年に美容免許を取得し、まだ誰の髪の毛も切ったことがない」

との理由で、

新郎さまが27歳から一度も短くしたことがないというロン毛にファーストカット。

 

 

427e

 

 

新郎「え?まじ?カタチだけでしょ?」

 

 

436e 437e

 

との小芝居をはさみつつ、無事にファーストカット。

せっかく立派なラーメンズの片桐仁さんのような髪型なのに、、、

とゲストも苦笑い。

 

438e

 

とここで中座の時間となりました。

実はサプライズはここから。

 

新郎新婦の部屋でふたりを迎えていたのは、、、

456e

 

 

おや?美容師?

それはね、適当に切ったガタガタの髪型のまま

お色直し再入場はできませんからね。

 

460e

 

 

それにしても、新郎様のこの不安な表情は、、、

 

すべての準備も整え、再入場のためにみんなが待つ会場の扉の後ろで待機。

ところが、タイミング悪く離席していた友人が戻って来た。

 

473e

 

「あ、先に見ちゃった〜ごめんねぇ〜」

 

474e

 

「!!!!!!!!!!!?」

 

「さぁ、装い新たなお二人がみなさまの前に登場いたします!

拍手でお迎えください!」

という司会者さんのコメントともに扉が開かれ、どよめく会場。

 

482e 491e 488e 483e

 

 

493e

 

そう、新郎は短髪になっていました。

 

457e

 

26歳から一度も単発にしたことがないという新郎さんは、

「これからもっと大切にしなければならないものができたから」

ということを理由に、ロン毛に別れを告げたのです。

 

463e

 

 

BEFOR

 

 

456e

 

AFTER

468e

 

 

さすがのこれには会場に来ていたゲストもビックリ。

先に見てしまった女性ゲストの表情にも納得ですね。

 

 

503e

さて次は急遽、会場が暗くなったと思ったら

 

507e 512e

 

音楽とともに歌っている女性たちが登場。

 

 

505e

 

これには新婦が驚きの表情を隠しきれないようす。

 

 

 

512e

 

 

 

熱望していたア・カペラの演出は、予算の都合上諦めたハズ、、、

 

513e

 

 

プランナーの粋な計らいによって、実現された新婦の夢に感無量です。

 

538e 536e

 

大盛り上がりなふたりは最高のひと時を過ごしたことでしょう。

 

544e

 

友人たちも一緒に歌ってClap!して。

 

その後も友人たちからの祝福や楽しい時間を過ごしたが

 

636e648e

644e

638e

662e

ラストにはやっぱりこのイベント。

 

『花嫁の手紙』

 

いくら着飾って、楽しい時間を過ごしても、

いま、ここに自分たちがいるのは両親のおかげです。

 

そして、家族、友人、いろんな人たちが育て、

ともに歩んで来てくれたから自分が今ここにいることを決して忘れてはいけません。

 

665e670e 689e669e

 

兄弟も、友人も、友達も、、、

すべての人々に感謝をする時間。

 

716e

 

自分のルーツはやはり親にあることはまぎれもない事実です。

 

702e

 

いまの日本では、結婚式、披露宴の意味がキチンと理解されていないことが多いように感じます。

 

結婚をしたから結婚式を行うことが当たり前とされていた1990年代。

当たり前だと思っていることは、もう一度本当の意味を考えてみる必要があります。

 

もし、その意味がもう一度見直されるとすれば、

結婚式って、もっと価値のあるイベントになるんじゃないでしょうか。

 

727e

 

「結婚式はしなくて良いと思っていた。でもね、実際に今、ここで言えるのはやった方がいい。

いや、やらなきゃダメだと思うんです」

新郎様は締めのあいさつでそう発言しました。

 

男は背中で語る。

みんなの方を振り返らずに、右手だけ大きく掲げて退場していく新郎。

 

ふたりの新たなる旅立ちの瞬間です。

 

759e 774e

 

 

 

 

 

 

お開き後は館内の雰囲気のあるスポットを探しては

くまなく、と言って良いほどの撮影をしました。

 

790e 792e 784e

 

本当に良いものっていうのは、色褪せることなくいつまでも良いまま残るんですね。

歴史と情緒、色んな物が入り混じって、

とても奥行きのある雰囲気を醸し出している会場でした。

 

815e

 

最近恒例の記念写真。一眼レフで自撮り 笑

結婚式の本当の価値観に気づいてくれるお客様とこの先何人とお会いできるか。

 

そして、私たちが気づかせてあげなければならないことを忘れないで

今後の撮影に取り組んでいきたいと思います。

 

————————————–

↓今回のお客さまがご注文いただいたのはコチラ↓

◆結婚式当日の写真撮影は、お好きなカメラマンを選んで100,000円◆

※カット数は無制限、データすべてお渡し

フォトギャラリーはこちらから

◆フォトグラファーDAI◆

DAIのギャラリーはコチラ

※カット数は無制限、データすべてお渡し

お問い合わせはこちら

LINE@でのお問い合わせも可能です♪

 

 

【会員制の日本工業倶楽部で結婚式の撮影 〜挙式編〜】

寒さ続く1月。
先日のゲレンデのマイナス18度よりは比にならないほどマシではあるけれど、
慣れてしまえば寒いものは寒いですね。
今回の舞台は横浜ではなく東京は丸の内。
オシャレな大人の街。モダンな建物が立ち並び、日本経済の中心地の一角でもある。
その中で、歴史を感じるこちらの建物が今日の結婚式場です。
026e
そこらの張りぼてのゲストハウスとはワケが違います。
歴史のある本物のアンティークの建物の会員制の日本工業倶楽部。
さてさて今日のお二人はというと、
新婦さんはブライダルもバリバリやってのけるヘアメイクさん。
一方の新郎さんはデザイナー会社の社長さんです。
新婦様には夢とこだわりがたくさんあって、
常日頃からブライダルに携わっているだけに、
内側も外側もよくわかってる方です。
新郎さんのこだわりはとにかくロン毛と赤。
タキシードの試着は5着中4着は赤、残る一つは花柄という、
かなり色濃く特徴のあるお二人です。
まずはいつもの通り、お二人が来館する前から待ち構えて、
来館と同時に激写。
エレベーターでも激写 笑
002e
新郎「やべ、だんだん恥ずかしくなってきた」
と、すでに当日の実感が湧いてきたようです 笑
039e
メイクの途中にはそんな緊張も解けてか、
待ちぼうけで構って欲しいのか、
撮影用小物で遊び始める新郎。
048e
本職がメイクも行なっている新婦は、
ヘアセットをしてもらっている間にメイクをしはじめました。
そうこうしているうちにブライズルームに姪っ子ちゃん登場。
新婦様が姪っ子ちゃんのチークとリップを
ちょいちょいっとしてあげる新婦。
072e 075e
姪っ子ちゃん上機嫌になって走り出します。
外は寒いけど、なんだかほっこりするワンシーンでした。
さて、先に着替えてしまった新郎は新婦のウェディングドレス姿を知りません。
ブライズルームの外で、後ろ向きに立ち尽くす新郎。
089e
みなさんは知っていますか? ファーストミート(first meet)って知っていますか?
091e
次の瞬間、新郎は新婦のウエディングドレス姿を初めて目にします。
092e
驚きと嬉しさと、いろんな感情が入り混じっているようです。
いよいよロケーション撮影。
101e 115e
 東京駅ステーションホテルは
日本を代表するクラシックホテルだった歴史的建物。
冬の青空も手伝って、良い雰囲気を醸し出しています。
117e 120e
青空と雲が良い感じですね。
建物まで戻って入り口でも撮影。
132e 126e
屋上の「坑夫と織女の像」は、大正9年に建設されたオリジナルの物だそうです。
挙式の会場も高い天井と装飾がとってもステキな雰囲気です。
141e
ゲストもぞろぞろと集まって来て、いよいよ挙式が始まります。
151e
新婦様はさすがブライダル関係者。
雰囲気に呑み込まれることなく、余裕の表情です。
146e 147e
結婚式あるある。今までにたくさん出席している方はわかるかもしれませんが、
新郎が入場する時って、たいがい笑いが起きます。
167e
なぜでしょうか。
新婦入場の時は比較的しっとりするか、「ステキ〜」となるか。
176e
お二人は「結婚式はしない」という選択肢もかなり視野に入れていたそうですが、
やる決断の一つとして、新婦様が「お父さんとバージンロードを歩きたい」
という理由が強かったそうです。
新婦のお父様が新郎に新婦を託す瞬間、一つ目の感動のシーン。
182e
186e
手渡した瞬間も良いのですが、個人的にこの直後の
新婦父のものげな表情にグッときます。
190e
これからおふたりの舞台に登り、誓いを立てます。
192e 211e 207e
お決まりですが、誓いのキス、誓約書にサイン。
216e 220e 229e
あとで聞いた話ですが、新婦は終始、涙腺がギリギリだったそうです。
241e
255e
無事、挙式も終わり、親族記念写真(オフショット)
277e
この後は披露宴ですが、今日のブログはここまで。
次回をお楽しみ。

————————————–

↓今回のお客さまがご注文いただいたのはコチラ↓

◆結婚式当日の写真撮影は、お好きなカメラマンを選んで100,000円◆

※カット数は無制限、データすべてお渡し

フォトギャラリーはこちらから

◆結婚式場への友人として依頼する持ち込みカメラマン 挙式のみ 60,000円◆

サンプルはコチラ

※カット数は無制限、データすべてお渡し

お問い合わせはこちら

LINEでのお問い合わせも可能です♪

【雪がチラつく大阪に出張撮影】

2016年末、代官山のメゾン・ポールボキューズで撮影させていただいたお客さま

詳細は → 【アスリート、ときどきお笑い芸人と落語家】

実は、2017年1月に大阪のラ・フェットひらまつさんでも結婚披露宴を行いました。

両店は同じひらまつグループとして展開しているレストランです。

大阪のラ・フェットひらまつさんの会場はとっても素敵で、

檜でできたシャンデリアと、真ん中がガラス張りになっている高い天井が印象的です。

OSAKA_380web

OSAKA_801web

さらには朝日新聞本社跡の大阪フェスティバルタワーの最上階、

大阪の中之島周辺のオフィスビル群が下の方に見える地上200メートルという高さからの眺望は

まさに特別な時間にぴったりです。

東京のポールボキューズは地下だったため、そのギャップに驚きました。

そんなことはさておき、実はフォトジェリッシュは大阪にもパートナーフォトグラファーが何人もいます。

今回のフォトグラファーはカメラメーカーとして有名なキヤノンの元社員・しんちゃん(右)。

180センチの長身を活かした撮影が得意なフォトグラファーです。

ちなみにしんちゃんのはじめてのブライダル撮影研修は、2年ほど前にフォトジェリッシュのDAIが担当しました。

この日は久しぶりの再会です。

ムービー担当は大阪のカメラマンチーム「フォトエイプ」のリーダー井上さん(左)。

スノーボードのアクション撮影をさせたら右に出るものはいないほどのカメラマンさんです。

OSAKA_797web

お二人の支度が上がったら、まずは1階の大きな階段でロケーション撮影が行われます。

OSAKA_800web

すごーく長いトレーン(ドレスの裾)やペールが映える階段ですね。

最上階に戻ったらいよいよ本番。

今回の新婦様は人気テレビ番組「奇跡体験アンビリーバボー」に出演したことがあり、

お母様への感謝の思いを込めて、お二人の入場前にお披露目しました。

OSAKA_263web

その後、お二人の入場、披露宴会場のなかで人前結婚式を行い、

パーティータイムのスタートです。

OSAKA_275web

OSAKA_169web

OSAKA_306web

OSAKA_370web

今回のテーマカラーもティファニーブルー。

新婦様の大好きなティファニーが色濃く出ていますね。

OSAKA_033web

OSAKA_013web

OSAKA_011web

少し不思議だなって思ったのは、やはり大阪と東京でゲストのノリが違います。

なんというか、大阪のゲストの方が全体的にノリが良い。

OSAKA_216web

OSAKA_702web

いやいや、ゲストだけではなく、お二人も心を許しているところがありますね。

それはお二人との距離感なのか、はたまた関係性や交友期間のおかげか。

いずれにしても新婦様の豪快さは変わらないのが印象的でもありましたが 笑

OSAKA_805web

OSAKA_433web

そんなご新婦様の幼馴染でもあるお二人とその仲間たちが余興としてダンスのご披露。

OSAKA_455web

OSAKA_470web

EXILEさんのかつて一世を風靡した「Choo Choo TRAIN(チューチュートレイン)」の曲にのって

カッコいいダンスショーが行われました。

新婦のお母さんも一生懸命撮影してます。

OSAKA_467web

披露宴の中では、ちょっと変わったワンシーンも見受けられました。

OSAKA_543web

OSAKA_545web

お二人ともWikipedia(ウィキペディア)に載るほどの有名アスリートですからね。

なにはともあれ、お二人はもちろん、ゲストの方々もこの時間を楽しんでいらっしゃったようです。

OSAKA_497web

OSAKA_627web

最後は新婦からお母様へ感謝の気持ちを込めてのお手紙朗読。

OSAKA_645web

OSAKA_806web

奇跡体験アンビリーバボーに出演するほど大変なご苦労もあったのですが、

無事に幸せな結婚ができ、感謝すべきは親だということを語られておりました。

すべてのプログラムが無事に終了し、お二人は笑顔で退場していきます。

OSAKA_812web

お客さまを見送ったあとは、

再度お二人だけの写真を撮らせていただき、本日の撮影はこれまで。

OSAKA_784web

OSAKA_796web

OSAKA_774web

一から十まで幸せそうなお二人とめぐり合うことができて、

私も横浜から駆けつけた甲斐がありました。

個人的に最後に一つだけワガママ言わせていただきました。

これからも私たちは走り続けます、の意味で、三人で競輪のポーズ。

OSAKA_814web

お目汚し失礼いたしました…

————————————–

↓今回のお客さまがご注文いただいたのはコチラ↓

◆結婚式当日の写真撮影は、お好きなカメラマンを選んで100,000円◆

※カット数は無制限、データすべてお渡し

フォトギャラリーはこちらから

◆映画のような一眼レフのシネマティック。ムービーは150,000円◆

サンプルはコチラ

いまならセットで20,000円割引!!

お問い合わせはこちら

LINEでのお問い合わせも可能です♪

【2015年最後のウェディングロケーション撮影】

4B2A8815ee_1e新年明けましておめでとうございます。

昨年2015年の最終(12月31日)は、新潟県妙高市の池の平温泉スキー場で

ウエディングのロケーション撮影を行いました。

 

事の発端は

「二人の出逢った場所でフォトウェディングを行いたい」

という要望から。

その場所はなんと「スキー場」。

 

スノーボード好きなお二人が出会いのキッカケとなったのがスキー場。

数々の有名なフォトウエディング専門店に行ったが

「スキー場は対応しておりません」

「可能ですが、40万円かかります」

という、決してお二人の「想いを叶えよう」

という気持ちは感じられない対応だったと言います。

 

Photo Jellishは、基本プランはあるものの、

結婚写真とは、できる限りお二人の要望の原点に立ち、

なるべく実現できるような形で御殿案させていただくことを心がけております。

 

久々にドローンまで出動した、

今回もめちゃくちゃ楽しんでいただけた

ブライダルロケーション撮影をさせていただくことができて、

本当に幸せです。

 

今年も、結婚するお二人にとって、最高の一年でありますように♪

 

 

そんなわけで、本年もなにとぞフォトジェリッシュをよろしくお願いいたします!!

IMG_4281ee IMG_4253ee DJI_0003ee 4B2A8840ee4B2A8646ee4B2A8805ee4B2A8788ee4B2A8764ee4B2A8739ee4B2A8733ee4B2A8731ee4B2A8716ee4B2A8693ee4B2A8675ee4B2A8668ee4B2A8666ee