体型、輪郭、コンプレックス別ウェディングドレスの選び方

 

こんにちは!natsuです!
以前輪郭別似合う髪形をご紹介しましたが、
本日は体型、輪郭、コンプレックス別ウェディングドレスの
選び方をご紹介します。
ウェディングドレスに限らずカタログや雑誌を見ていると
かわいい!着たい!と思いますよね。
でも実際に着てみると自分には似合わなかった。。。
しっくりこなかった。。。
って、あるあるですよね。
モデルと私の差よね。。。と凹みます。
ウェディングドレスってデザインも大事ですが、自分に似合っているのか
がすごく大事だと思います。
もしウェディングドレスに悩まれている花嫁さんがいましたら
この記事が参考になればいいなと思います。

 

 

 

では最初にざっくりとドレスの形から説明していきますね。
【Aライン】

ウェディングドレスの中で1番主流のシルエット。
ウエストラインの位置が高くすっきりとしたトップからボトムにかけての
Aの文字のように広がるスカートの形をしたウェディングドレスです。
シンプルなシルエットなのでバランスもよくどんな体型の人でも
着こなしやすいので人気があります。

abelia3
【プリンセスライン】

上半身はぴったりめのトップスでウエストから裾にかけてふんわりと
広がるスカートがお姫様のようなシルエットです。
スカート部分は、パニエで広がりを調節することができます。

 

Marena1
【スレンダーライン】

体のラインにピッタリ沿った細身のシルエットが特徴的なウェディングドレスです。
ボディラインが際立ち、スタイリッシュで大人の雰囲気を演出することが出来ます。
デザインはシンプルなものが多いです。

IMG_1766e

 

 

【エンパイアライン】

胸下からの切り替えでハイウエストの直線的なラインのシルエットで
古代ギリシャの女神をモチーフにしたデザインと言われています。
広がりのない直線的なデザインのため、背を高く見せてくれる効果があります。

ウエスト部分を締め付けないため、レストランウェディングなどのカジュアルなウエディングにオススメです。

monet4

 

【マーメイドライン】

 

上半身から腰まで体にピッタリとフィットし、膝下あたりから
人魚の尾ひれのような形で広がるシルエットが特徴的なウェディングドレスです。

ウエストのくびれなど女性らしいしなやかな曲線美を見せることができます。

170719_432web

 

 

ではもっと細かく体型別に似合うドレスを紹介していきますね。

 

 

 

【背が低くてぽっちゃり体型】

メリハリのあるドレスを選ぶのがポイントです。
特にプリンセスラインのドレスは身長や体型をカバーしてくれるので
おススメです。
ウエスト部分が少し高めのデザインは脚長効果も期待できるので
おススメです。
【背が低くてほっそり体型】

背が低くてほっそり体型の方はウェディングドレスに”着られている”感が
でないように注意です。

そのスリムな体型を美しく見せてくれる”Aライン”のドレスが
おススメです。

胸元にリボンやお花などの目立つ装飾があるとかえって背が低く
見えてしまうので、シンプルなデザインがおススメです。
あとはヒールでカバーしましょう!

 

 

 

【背が高くてぽっちゃり体型】

上半身をすっきりさせるのがポイントです。
あえて肩を出し、トップスからボトムにかけてゆったりと広がる”Aライン”や、
シャーリングやドレープが入ったドレスは、スリムに見える効果が
あるのでおススメです。
【背が高くてほっそり体型】

スレンダーさを活かすことができる”スレンダーライン”、
”エンパイアライン”、”マーメイドライン”のウェディングドレスが
おススメです。

 

 

 

 

続いて輪郭別もご紹介しますね。
【面長】

面長をカバーするためには少しでも”横長”の印象を
付けることが大事なので、アメリカンスリーブ(肩が出るデザイン)
や、ボートネックデザインがおススメです。

肩幅が強調されることで横長の印象が付き面長をカバーすることができます。
【丸顔】

丸顔をカバーするためにはあごをシャープに見せるデザインがおすすめです。
”Vネック”や”ハートシェイプドネック”(首元がハートのような形をしている)
などのデザインで顔の縦のラインを強調させましょう。

 

 

 

【ベース顔】

ベース顔をカバーするためには、顔の骨格から視線を外せるような
”ビスチェ”(肩ひも・吊り紐が無いもの) タイプや、
”ワンショルダー”(片方の袖がないもの)デザインがおススメです。
【逆三角形】

逆三角形顔をカバーするには、少しでもソフトな印象を付ける為に
”オフショルダー”(肩が出ていて二の腕から袖があるもの)
で、視線を横に広げましょう。

 

また、”ラウンドネック”(首元が広く開いているもの)デザインも
顎のラインを和らげてくれるのでおススメです。
それと私的に気になるNO.1が二の腕なんですが、
二の腕をすっきりさせるためには、むやみに隠すよりも
思い切って出したほうが綺麗に見える場合もあるそうです。

 

他にも人それぞれ悩みがあると思います。
【二の腕を隠したい】

特に白は膨張色なので面積が増えると太って見えてしまうので、
袖ありタイプとビスチェタイプをおススメします。

 

だとしてもほんとにほんとに出したくない!!という方は
七部袖や半袖タイプをチョイスして腕の中で1番細い手首を見せるのがポイントです。

 

また、腕部分はゆったりしたものやパフスリーブ(袖口が膨らんでいるもの)、
袖口がV字になっているものや、フリルが付いているものがおススメです。
【広い肩幅を隠したい】

肩幅も気にする女性は多いですよね。しかも大体が
ぜんっぜん広くないのに気にしている方が多い気がします。肩だけに。
ですがウェディングドレス姿は上半身をしっかり見せることが美しく着こなすための
ポイントなので広い肩幅は上手に活かせるそうです。

 

オフショルダーやビスチェタイプのもので鎖骨を見せて女性らしさを
演出するのがポイントです。
スカートはある程度広がりのあるデザインがおススメです。

 

 

 

【なで肩、肩幅の狭さ】

華奢すぎるのが悩みという私からしたら羨ましすぎる悩みの女性は
肩周りにボリュームのある”パフスリーブ”デザインがおススメです。

 

ビスチェやオフショルダーなど肩周りのすっきりしたドレスを
選びたい場合はダウンヘアなどで肩周りをカバーするといいと思います。
【脇のお肉を隠したい】

あるある。。ビスチェタイプは特にはみ出やすいですよね。
実はこのお肉の原因、ズバリ「姿勢」だそうです。姿勢が悪いと
脇のお肉がはみ出やすくなってしまうそうです。

 

たしかに、姿勢を意識するだけでおなかも引っ込みます。
あとはビスチェのラインが低いとバストが崩れ、どうしても
脇のお肉ははみでてしまうので、ビスチェの高さを調整するといいみたいです。

 

 

 

【背中のお肉を隠したい】

自分じゃ見えないからこそ気になりますよね~。。。
背中のお肉を隠したい場合は、背中がガッツリ出るデザインよりも
V字の袖のあるデザインがおススメです。
また、トップにフリルの付いたデザインも背中のお肉を隠してくれます。

 

日ごろから肩のストレッチなどをしておくと肩こりも
改善されてお肉が付きにくくなるみたいですよ。

 

 

 

【大きなお尻を隠したい】

タイトなドレスを着るとどうしてもお尻をきにしてしまうかも
しれませんが、最近だと大きめのお尻が流行っていて
筋トレで大きくしている人もいますよね。
本来、スレンダーラインやマーメイドラインのドレスはヒップを出すことで
綺麗なシルエットが出るため、華奢な方はヒップパッドを入れるほどなんだそうです。
なので大きいほうがドレス栄えしそうです。

 

それでも気になるという方はヒップラインに装飾のあるデザインのドレスを
選んでお尻をカバーしましょう。

 

 

 

【小さな胸をどうにかしたい】

大丈夫です。ブライダルインナーなどでウエストを強調させ
バストアップ効果を出すことも出来ますし、胸元にフリルなど立体的な装飾が
付いたデザインを選べば胸に自然なボリュームを出してくれます。

 

 

女性って男性に比べて顔、体の悩みが多かったりしますよね。
気にしすぎも良くないですが、自分の好きなパーツ、嫌いなパーツを
理解して最高に似合うウェディングドレスを選んでくださいね。

 

そんなわけで、Photo Jellishの本家・横浜元町Jellishでは

骨格診断で花嫁さんに似合うドレスの診断をしてくれるサービスを開始するみたいです。

年内にはモニター募集も始まるようなので、みなさんお見逃しなくっ!!

http://jellish.jp/

指輪交換に込められた意味

こんにちは!natsuです!

涼しくなってきましたね!
秋です!まってたよ~~秋~~~~!
本日は結婚式のド定番!指輪交換についてです。

301
【はじまり】

歴史をたどると結婚指輪のはじまりは2000年以上前の
古代ローマ時代までさかのぼります。

 

 

はじめは結婚指輪という形ではなく契約の意味として「鉄のバンド」を
贈っていたそうで、これが指輪交換の始まりといわれています。

 
その後、「誓いのしるし」として鉄の指輪を贈るようになり、ここから
指輪が結婚というものに深く関わるようになってきたそうです。

 
実際に結婚の証としての指輪を贈ったとされるのは9世紀頃、
当時のローマ教皇ニコラウス1世が妻に指輪を贈ったことが始まりです。

 
これを期に、貴族たちが妻に指輪を贈るということが流行し、
その後一般にも広まっていきました。

 
当時の文献に、花婿は花嫁に「金の指輪を」、花嫁は花婿に「鉄の指輪を」
贈りあったという記述があるそうです。

 
円を成すリングは永遠の愛を象徴しているとされ、
11世紀頃のヨーロッパでキリスト教の結婚式にて指輪の交換をすることが
一般化していき、定着していきました。

 
日本では指輪をするという文化は江戸時代後期頃からあったのですが、
結婚指輪として夫婦がつけることが一般化したのは戦後の
高度経済成長期の頃と言われています。
意外と最近!!!!

 

 

今では指輪をしているかしていないかで既婚かどうか
見分けたりしますが、日本ではまだ浅い歴史だったんですね。

 

 

 

 

 

【リングの意味】
エジプトであるとかヨーロッパであるとか
色んな説があるようで、
先ほどもお話したように、リングは「永遠」を意味します。

 
リングの円が途切れることのない永遠の絆や愛情を表しているのです。
また、結婚指輪って左手にはめるという習慣のようなものが
ありますよね?これにも歴史があるそうです。

 
古代ギリシャでは左手薬指と心臓はつながっていると
考えられていたそうです。そこで、お互いの心と心を繋ぐという意味で、
左手の薬指にリングがはめられることになったんだそうです。

 
心臓は人間の心、すなわち感情を司る場所だと考えられていたのです。
この左手薬指の説は、古代エジプトにも残っているんです。

 

 
左手の薬指は「指輪の指」と決められていました。
この指を流れる静脈は「愛の血管」であり、心臓と繋がっていると
信じられていたそうです。

 

 
また、左手は「信頼」「服従」を表し、右手は「権力」「権威」とそれぞれの
「手」で象徴するものが変わってくるんだとか。

 
それぞれの指にも意味があり、
親指→右:リーダーシップ 左:信念

人差し指→右:集中力 左:積極性

中指→右:トラブル回避 左:協調性

薬指→右:感性を高める 左:愛と絆

小指→右:自己主張 左:チャンス

 

 

 

左手の「信頼」と「服従」そして薬指の「愛と絆」という意味から
結婚指輪をはめるのは左手の薬指が最適とされているという話も
あるそうです。

 

 

 

170eweb

 

 

 

私も最近、小指にはめるピンキーリングというものを
買おうかなと思っていたんですが、

 

これ以上自己主張激しくする必要はなさそうなので、
左手にはめようと思います。

前撮り後撮りのメリット・デメリット

こんにちは!natsuです!

この前の「結婚式の持ち込み裏話」の記事で
散々自分の成人式での前撮り失敗談を愚痴っていた私ですが
本日は結婚式での前撮りor後撮りのメリット・デメリットと
スタジオ撮影orロケーション撮影でのメリット・デメリットです。
どちらも共通するメリットは
・結婚式では着られないドレスが着られること
・時間に追われずゆっくりと撮影できる

たしかにドレスを何パターンも着れるって、特に女性にとっては嬉しいですよね。
[前撮りのメリット]

・撮影した写真を結婚式、披露宴当日に使える
ウェルカムボードやプログラムに前撮りで撮影された写真を
使用することが出来ます。

 

・結婚式はドレスで、前撮りや後撮りは和装などの衣装チェンジが可能

 

・前撮りは結婚のリハーサルとして、当日着る予定のドレスや
髪型を実際にしてみて調整できる
これなら自分の気に入る髪形やドレスを見つけることが出来るので
本番の結婚式では最高の髪型、ドレスで臨めますね。

 

 

 

[後撮りのメリット]

・後撮りは式が終わってからなので違う衣装に替えたり、髪形を変えたり、
やり残したことをすることができる

 

・新婚旅行先での撮影が出来る
ハネムーン中のリゾート地などで撮影することができます。

 

 

 

[前撮り・後撮り共通のデメリット]

 

デメリットは共通して費用が別撮り分余計にかかるということ。

 

別撮りで発生する主な費用
・カメラマンの撮影料(交通費なども含む)
・スタジオなどのレンタル料
・ドレスのレンタル代
・ヘアメイク、メイク
・着付け代
・そこに行くまでの交通費
・写真のアルバム制作費
基本的に教会や披露宴会場で撮る結婚式当日写真とは別に
前撮りや後撮りでは場所の希望もかなえられるのもメリットです。

 

160401web_11

 

スタジオ撮りorロケーション撮り

 

 

[スタジオ撮影のメリット]

 

・季節、天候に左右されないのでどの季節、天気でも
予定通り撮影することが出来る

 

忙しい新郎新婦や、別撮りで遠方から家族を招いて撮影する場合は
大きなメリットになるのでおススメです。

 

・スタジオ撮りはは照明器具が完備されています。
写真の良し悪しを大きく左右するのが光ですよね
カメラマンもその場所での撮影に慣れているので、
より質の高い写真が上がってくる可能性が高まります。

 

 

 

[スタジオ撮影のデメリット]

 

・基本的に屋内になるので変化のない写真になるリスクがある
スタジオは屋内なのでやはりバリエーションが少ないです。

 

kamidaishi

 

続いてロケーション撮影のメリットデメリットです。
[ロケーション撮影のメリット]

 

・二人の思い出の場所で撮影できる
ロケーション撮影は基本的に場所は自由に選べますので、
二人の思い出の場所、初デートの場所、海外など自分達らしい
写真を残すことが出来ます。

 

また、海バックや森バック、昼間、夕方、車や建物
などたくさんのバリエーションで撮影することが出来ます。
[ロケーション撮影のデメリット]

 

・天候に左右されてしまう
予定していた日に大雨や曇ってしまった場合は
満足行く写真が撮れない可能性もあります。

 

事前に分かっていれば変更は可能ですが
突然の雨などはなかなか避けられないので
天気運とテルテル坊主が必要になってきますね。
・海外や遠方に出向く場合は写真+渡航費などの費用が発生する
それが撮影日をはるかに超える場合もあるのでハネムーンと同時に
撮影することで一度に済ませるなどの工夫をされる方が多いようです。

312

 

 

費用はどうしても発生してしまいますが、
私はjellishの素敵過ぎる前撮り、後撮りをたくさん
見ているので、絶対にしたいです!

 

一生の思い出に残る物が最高の物になるのであれば
高くはないかなと思いました。

 

ウエディンググローブの意味

 

こんにちは。フォトジェリッシュ新人のnatsuです。

 

 

ふと思ったのですが、花嫁の衣装といえばウェディングドレスのほかに
ベール、グローブがありますよね。
このグローブって一体何の役割をしていると思いますか?

 

 

 

 

。。。。日よけ?虫除け?

どうやらこのグローブ。持つ人によって意味が違ってくるようです。

 

 

 

 

[花嫁のグローブ]

 

 

 

4b2a6754

元々キリスト教は露出しない衣装がフォーマルとされていたようで
「露出を控える」というフォーマルな意味合いもありますが、

 

「無垢をあらわす」という意味もあるそうです。

 

白は無垢や純潔を表すと言いますよね!

 

結婚前の花嫁は無垢で汚れのない存在と考えられているので
グローブはそんな花嫁を守り、清めるためのものなんだそうです。
指輪交換の時にグローブをはずす理由は
「今からあなたのものになります」
という花嫁から花婿に向けての誓いの仕草でもあり、
花婿がこれからは私が花嫁を守りますという意味も含まれています。

 

シンプルに素敵です。

 

 

 

 

[花婿のグローブ]

 

 

 

470e
新郎は手にグローブははめずに手に持っていますよね。

 

花婿のグローブは手にはめるものではなく、
「花嫁を守る剣(つるぎ)」の象徴として持つんだそうです。

 

「これから一生をかけて右手に持った剣で花嫁を守ります」
という意味なんだそうです。

 

右手に剣、左手に盾を持っていたことから
「盾で新婦を守る」という意味で新婦は新郎の左側に
立つんだそうです。
どこかで花婿のグローブに意味はないと聞いたことが
あったのですが、きっちりありましたね。

 

 

 

[父親のグローブ]

 

 

0202%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

 

 

また、花嫁の父親もヴァージンロードを歩くときに
右手にグローブを持つのですが、理由は

 

「今まで大切な娘を守ってきた」

 

という意味があるそうです。
お父様のグローブにも意味があったとは。
こんなにも愛に溢れた意味があったにも関わらず私は
お父さんそもそも持ってたんだ。って思ってしまいました。。。

 

 

最近では、新婦がネイルを見せるために中指に輪っかをひっかけて指先を
出しているデザインのものなどもありますよね。
これはフィンガーレスというデザインなのですが、
そのほかにもショート丈~ロング丈で長さが分かれており、
生地もサテンやレースなど色々なものがあるので
グローブ一つとってみても楽しいですねっ!!!

 

『ナイトローケーション・フォト』はじめました

こんにちは、フォトジェリッシュのフォトグラファーDAIです。

 

今日はみなさんにお知らせです。

 

フォトジェリッシュでは、これから結婚をする新郎新婦の方々に

新しい形で写真を提供させていただくことをはじめました。

 

それは、タイトルの通り「ナイトロケーションフォト」です。

 

どんなものかというと、夜のフォトウェディングのプランです。

 

初めて聞くと「えっ?下ネタですか?」と思っちゃう人もいるかもしれません。

いいえ、超絶マジメでカッコいい、オシャレな写真です。

 

IMG_4886eweb

 

 

こんな感じ。

 

今回はお試しだったので、ウェディングドレスではないし、カップルでもないのですが、

(DAIの個人的なお友達です 笑)

夕方から夜にかけてのドラマティックでめちゃめちゃキレイな写真なんです。

 

 

この日はまだ時間帯が早い、街から近かった、雲が多かったなどの理由で、

満天の星空というわけにはいきませんでしたが、

晴れた日、街の光が少ない場所かつ、もう少し遅い時間帯で撮影なら

最高の星空を背景にフォトウエディングが撮影できちゃいますね!

 

IMG_4850eweb

 

それで「ここはどこだよ?」って聞きたくなると思うのですが、

(え?思わなくても続きを読んでください 笑)

実はこれ、石川県金沢市からほど近い海水浴場。

 

IMG_4811eweb IMG_4893eweb

 

石川県って日本でも珍しい”海に夕陽が沈む”地域なんですね。

“裏日本”なんて言われ方もしますが、

太平洋側ではほぼ見ることができない、こんなステキなロケーションが望めるなんて、

なんてラッキーなんでしょう!!

 

食べ物も美味しいしね。

 

さてさて、フォトジェリッシュでは近く、月に一度くらい金沢に来て、

ナイトロケーションを撮影するイベントを作ります。

IMG_4895eweb

もちろん!!

ウエディングロケーション撮影としても承りますよ♩

 

詳しくは近日中に公開しますので、

気になる方はHP、もしくはFacebookページをマメにチェック!!

HP → http://photo-jellish.jp/

Facebook → https://www.facebook.com/photojellish/

 

IMG_4844eweb

 

とうとう7月ですね!!キャンペーンのお知らせ その壱

7月のキャンペーン1

あらーっ!今日から遂に今年も後半戦。7月に突入だそうですよ、奥さんっ!

と、朝から騒々しい衣装担当 山浦がお届けしております、Photo Jellishブログです。

7月と聞くとなぜか夏のイメージなんですが、実は7月20日頃まで梅雨なんですよね~。7月ほとんど梅雨じゃん!

今年はザッーっと雨が降る事が少ないように感じますが、只今絶賛梅雨開催中という事です。

「秋の結婚式前に前撮り写真を残したかったんだけど、お天気がスッキリしないな~」

「結婚式はしないけれど、写真だけ残したい。秋まで待っていると、また時期が延びてしまうな~」

そんな風にお考えのみなさまに、本日は7月のキャンペーンのお知らせでございます☆

 

その壱 : カサ・デ・アンジェラ フォトウェディングキャンペーン

その弐 :海辺でウェディグフォトキャンペーン

その参 : 秋のブライダル撮影早割キャンペーン

 

カサ・デ・アンジェラ フォトウェディングキャンペーン

中でも本日はカサ・デ・アンジェラ フォトウェディングキャンペーンについてご案内いたします♪

梅雨時期の撮影は、常にお天気との相談です。

例えご新婦さまが結婚式準備の為に休職中で日程の融通が利いたとしても、ご新郎さまはそうもいかない事も・・・

ロケーション撮影の日程は基本的に平日をお勧めしておりますので、少なくとも有給を取る手配をしていただかないといけないわけです(土日に撮影の場合は、追加料金が掛かります。あと、希望のカメラマンを抑えづらいです)。

基本的には撮影ご依頼の際に雨天時の予備日を設けて頂くのですが、シフト組みがなかなかうまくいかないなどの場合、どうしても撮影は決め打ちで予備日なしで済ませたい!というカップルさまも多いです。

そんなときはとにかく屋根のある所を選びましょう!笑

屋根があって、素敵なチャペルと言えば、そうカサ・デ・アンジェラさんですね!!

ohnuma-(10)

写真は過去にカサ・デ・アンジェラさんで挙式を挙げられたお客さまから頂いた物です

カサデアンジェラさんと言えば、横浜馬車道にある結婚式専門会場です。

こちらの名物は何と言ってもステンドグラス!!

天井の高いチャペルに、31枚のステンドグラスは張り巡らされ、その荘厳な風景は圧巻です。

結婚式は神前だから、ウェディングドレス姿の写真を残したい。というカップルさまも、結婚式はしないけれど、ウェディングフォトを残したい。というお二人にも、感動のお写真になる事間違いありません。

またオプションで雪を降らせたり(泡みたいな雪ね)、プラネタリウム点灯したり、キャンドルを灯したりと、カサ・デ・アンジェラを思う存分二人占め出来てしまう訳です(あ、カメラマンとアテンドも一緒に連れて行ってくださいね汗)。

そうそう、カメラマンに言わせると実はこの場所での撮影は技術が必要だそうです。暗い室内で、背景のステンドグラスと新郎新婦の両方をきちんと明るく写すのには技術が必要です。

ですから撮影当日は、カサデアンジェラさんの照明担当の方とリレーションを取りながら撮影を進めていきます。

カサ・デ・アンジェラさんに合う衣装について

ワタクシ、衣装担当なので、ここで一つウェディングドレスのお話もさせてくださいね。

カサデアンジェラさんの様な、荘厳な雰囲気のチャペルには、やはりロングトレーン&ロングベール。

肩の露出を控えたノーブルな印象のドレスがオススメです。

また、大きく広がるベルラインのドレスも、会場の広さに負けず美しく映えるでしょう。

Photo Jellishのドレスラインナップだと・・・

photo_wedding_0052_back_700

photo_wedding_0031_front

 

この辺りのドレスがカサ・デ・アンジェラさんの雰囲気ピッタリですね!

もちろん、色々とご試着頂いた上でお気に入りの一着を見つけてくださいね♪

カサ・デ・アンジェラ フォトウェディングプラン

・ロケーション撮影プラン・・・15万円(税別)

商品内容 / 新郎新婦衣装・小物一式レンタル、新郎新婦ヘアメイク、アテンド、撮影料、撮影データ全部お渡し

(衣装のグレードアップ追加料金などは頂いておりません)

・カサデアンジェラ施設使用料・・・3万円(税別)

(オプション追加の場合は別途料金が掛かります)

合計18万円+消費税にて、承ります!

 

—– 7月のキャンペーン!!—–

7月中にカサデアンジェラさんでウェディングフォトの撮影をご依頼頂いたカップルさまは¥10,000割引きとさせて頂きます。

必ずご注文時に「キャンペーンを見たよ」とお伝えくださいませ。お値引きするの忘れちゃうからさ笑

以上、衣装担当 山浦がお届けいたしました~♪

 

 

【チューリップ・ロケーションフォト】

うららかな陽気の続く横浜のゴールデンウィーク2017。

 

ここ横浜はパレードの開催のおかげで

日本大通りをはじめ、みなとみらい、関内、桜木町あたりまで

いつも以上に人が賑わっていました。

 

横浜スタジアムがある横浜公園はチューリップフェアが行われており、

16万本のチューリップが鮮やかに彩っています。

0001web

 

先日、ある一組のお客様が「どうしてもチューリップでロケーション撮影がしたい!!!」

という強いご要望をいただきましたが、この時期、横浜公園で撮影許可が降りないので、

立川にある昭和記念公園まで出張撮影に行って来ました。

 

———————————————–

[本日のお客様の撮影メニュー]

撮影内容:洋装フォトウェディングプラン

ウェディングドレス、タキシード、小物一式、ヘアメイク、撮影写真の全データ

価格:150,000円(税別)+入園料、移動費など6,176円

撮影者:ROCO

———————————————–

 

 

0016web

とってもキュートな新婦様と、爽やかな新郎様のカップル。

 

0040web 0069web

 

ご新婦様は色んな小物で色んなパターンの写真をイメージされていて、

色んなサンプルカットを集めたり、小道具をカバン一杯に持ってきてくれました(≧▽≦)

 

0037web 0011web

 

天気も良いので、お散歩がてらたくさんのお花を見に来ているお客さんもたくさん。

 

0024web

 

ときにはギャラリーの方から祝福のお言葉をいただいたりもします♪

 

0060web

 

0165web 0144web 0121web

 

チューリップだけじゃなく、桜も良い見頃で撮影ができてとってもラッキー!!

な、おふたりです。

 

0240web

 

ドキドキプロポーズの直前のシチュエーションや

 

0260web

 

メリー・ポピンズに出てきそうなショットも。

 

0210web

0085web

 

幸せいっぱいのカップル。

これから結婚式に向けて、準備が大詰めの段階だそうです。

 

沢山の方々にフォトジェリッシュの写真を見ていただき、

より多くの笑顔と幸せが沁み渡っていくと嬉しいですね!

 

春のロケーションは暖かさいっぱいです。

 

———————————————–

[本日のお客様の撮影メニュー]

撮影内容:洋装フォトウェディングプラン

ウェディングドレス、タキシード、小物一式、ヘアメイク、撮影写真の全データ

価格:150,000円(税別)+入園料、移動費など6,176円

撮影者:ROCO

———————————————–

【横浜でロケーションフォト】

横浜といえば、歴史的建造物が数多く存在する町並みが印象的ですよね。

 

国の重要文化財に指定されている開港記念会館(旧開港記念横浜会館)や

県立歴史博物館(旧・横浜正金銀行)をはじめとする、

観光名所にもなっている赤レンガ倉庫が有名ですね。

その他にも、ぜんぶで91もの横浜市認定歴史的建造物が存在しています。

 

なかでも第二次世界大戦より前から営業していて、

かつそのままの建物を使用しているホテル・ニューグランドは、

あのマッカーサー元帥も泊まったという歴史あるホテルです。

また、日本最古のホテルといわれる日光金谷ホテルや、

ジョン・レノンが愛したという軽井沢万平ホテルなどと並んで、

由緒ある日本を代表するクラシックホテルの一つとして、横浜に存在しています。

 

 

横浜には、そういった古き良きを残すことで、歴史を積み重ねていく。

それが赤レンガ倉庫や開港記念会館、山手西洋館などの景観を守っていますね。

 

 

 

1007web

 

今回のおふたりは、昨年2016年8月にそのニューグランドで挙式をされた新婚さん。

そんなお二人からご指名いただけたスペシャルなフォトグラファーは幸せいっぱいです。

 

 

1002web

 

新婦様もかわいらしいのですが、とっても恥ずかしがり屋さん。

その分、新郎様が実に爽やかで人当たりが良くて、

新婦さんの緊張をほぐすようにいつもジョーダンを言ってくれます。

 

 

1005web

 

オーダーメイドでつくった、結婚式当日と同じマイドレス。

「太ったから着れるかな~」なんて不安がる新婦様。結果はまったく問題なく。

髪飾りはイメージを変えるためにアレンジしました。

 

 

オーダーメイドウェディングドレスショップ・ジェリッシュで支度を整えてから、

いざロケーション撮影へ。

撮影時間は2時間ちょっとだったのですが、200カットほど撮影しました。

ただ連射して多ければ良いわけではなく、

ポーズやシチュエーションのバリエーションが豊富でないと、意味はありません。

 

 

あの手この手で色んな角度とシチュエーションで撮影を行ないます。

 

 

 

 

1048web

 

窓の外はすっかり冬景色だけど、それがまた何かの物語がありそうな予感です。

 

 

◆ちょっと写真のウラ側◆

 

「絵のような描写の写真にしよう」

とイメージして写真を撮ろうとしても、写真と絵画の決定的な違いは、

写真はダメなところはダメなまま写ってしまう、ということ。

 

 

なので、シャッターを押す前に色々と整える時間があります。

 

 

 

和装の花嫁衣装とかも、5分位かけて着物を整えます。

コレがけっこう大変で、最近のブライダルカメラマンにはできない人も少なくない。

写真が撮れるだけじゃ、一人前のウェディングフォトグラファーにはなれないんですね。

 

 

 

1101web

 

美しい光が差し込む場所へ。

 

フォトジェリッシュならではですが、カラードレス、イブニングドレスには着替えず、

ウェディングドレスアレンジでお色直しをします。

新郎様の蝶タイとおそろいの生地で作ったリボンは

カラーアクセントになって、とってもキュートです。

 

 

1106web

 

本当にどこをとっても美感をくすぐられる場所ですね。

 

ホテルや結婚式場に提携以外のお気に入りのカメラマンを持ち込むときは、

仮契約より前に担当者に確認をしましょう。

ブライダルカメラマンの写真のタイプはピンキリです。

 

————————————–

 

カメラマン毎のフォトギャラリーを見て選ぶならコチラ↓

フォトギャラリー

 

↓今回のお客さまがご注文いただいたのはコチラ↓

◆結婚式の前撮り(洋装ロケーション撮影)は、ぜ~んぶコミコミ150,000円 手ぶらでOK!◆

※カット数は無制限、データすべてお渡し

 

◆ホテルへの友人として依頼するカメラマンの持ち込み 挙式(メイクシーン)~披露宴 100,000円◆

※カット数は希望するだけ、全データお渡し

 

サンプルはコチラ

ホームページはこちら

公式LINEでのお問い合わせも可能です♪

ID @photojellish

【会員制の日本工業倶楽部で結婚式の撮影 〜披露宴編〜】

今日の横浜はとても良い天気です。

青い空と赤レンガ倉庫の赤はとてもコントラストが美しい。

観光名所でもある大さん橋には多くの観光客でにぎわっています。

 

さてさて、先日の結婚式撮影の物語のつづきです。

赤が似合う(むしろ赤づくし)なお二人。

 

291e

ウェルカムボードがとってもステキなコンセプトでした。

写真は携帯電話で撮ったものですが、何がステキかというと、

お二人で行った100店舗で撮ったふたりの写真を

たくさんコラージュのように散りばめてあります。

 

ここに二人の結婚までのストーリーがひとつ、隠されています。

 

315e

そして、席次表にも一工夫。

 

東京のおしゃれスポットの美味しいご飯屋さんマップが載っていました。

これは二人で行った100店舗から選ばれた飲食店で、

ミシュランガイドのように☆で評価してあります。

 

303e

 

 

ゲストのみんなから「これ助かる〜!」と高評価。

気の利いたふたりならではのアイデアですね。

 

298e 301e

 

披露宴開始まであと少し。

ちょっと空き時間が生まれてしまったけど、それぞれに楽しんでいたようです。

 

待ちかねたふたりがようやく入場。

 

319e

323e

 

結婚式という儀式を終えたあとに、みなさんの前へとあらわれたふたりは、

神様に誓った新しい夫婦としての初お披露目=披露宴ということですね。

 

333e

 

高砂席に付いたふたり、そして乾杯へと進行を順調に進めたものの、

 

ここで大事件発生!!!!

 

342e

乾杯という大役を担ったゲストがあまりの緊張で手が震え、

「カンパイ!!」の発生とともに自分の腕にシャンパンをぶちまける。

 

そしてツボる新婦さま。。。

 

そんなハプニングがありながらも、ケーキ入刀。

 

402e 414e

 

とってもカワイイケーキトップ越しに一枚。

 

 

411e 409e419e

 

このふたりに熱中して撮影をしているゲストの表情は

どこの結婚式でもイキイキしていて、幸せが散りばめられていますね。

 

 

425e

 

、、、と。

おもむろにブルーシートが敷かれ、椅子が準備されている。

 

なんだ、、、これは???

 

なんと、新婦さんは

「昨年に美容免許を取得し、まだ誰の髪の毛も切ったことがない」

との理由で、

新郎さまが27歳から一度も短くしたことがないというロン毛にファーストカット。

 

 

427e

 

 

新郎「え?まじ?カタチだけでしょ?」

 

 

436e 437e

 

との小芝居をはさみつつ、無事にファーストカット。

せっかく立派なラーメンズの片桐仁さんのような髪型なのに、、、

とゲストも苦笑い。

 

438e

 

とここで中座の時間となりました。

実はサプライズはここから。

 

新郎新婦の部屋でふたりを迎えていたのは、、、

456e

 

 

おや?美容師?

それはね、適当に切ったガタガタの髪型のまま

お色直し再入場はできませんからね。

 

460e

 

 

それにしても、新郎様のこの不安な表情は、、、

 

すべての準備も整え、再入場のためにみんなが待つ会場の扉の後ろで待機。

ところが、タイミング悪く離席していた友人が戻って来た。

 

473e

 

「あ、先に見ちゃった〜ごめんねぇ〜」

 

474e

 

「!!!!!!!!!!!?」

 

「さぁ、装い新たなお二人がみなさまの前に登場いたします!

拍手でお迎えください!」

という司会者さんのコメントともに扉が開かれ、どよめく会場。

 

482e 491e 488e 483e

 

 

493e

 

そう、新郎は短髪になっていました。

 

457e

 

26歳から一度も単発にしたことがないという新郎さんは、

「これからもっと大切にしなければならないものができたから」

ということを理由に、ロン毛に別れを告げたのです。

 

463e

 

 

BEFOR

 

 

456e

 

AFTER

468e

 

 

さすがのこれには会場に来ていたゲストもビックリ。

先に見てしまった女性ゲストの表情にも納得ですね。

 

 

503e

さて次は急遽、会場が暗くなったと思ったら

 

507e 512e

 

音楽とともに歌っている女性たちが登場。

 

 

505e

 

これには新婦が驚きの表情を隠しきれないようす。

 

 

 

512e

 

 

 

熱望していたア・カペラの演出は、予算の都合上諦めたハズ、、、

 

513e

 

 

プランナーの粋な計らいによって、実現された新婦の夢に感無量です。

 

538e 536e

 

大盛り上がりなふたりは最高のひと時を過ごしたことでしょう。

 

544e

 

友人たちも一緒に歌ってClap!して。

 

その後も友人たちからの祝福や楽しい時間を過ごしたが

 

636e648e

644e

638e

662e

ラストにはやっぱりこのイベント。

 

『花嫁の手紙』

 

いくら着飾って、楽しい時間を過ごしても、

いま、ここに自分たちがいるのは両親のおかげです。

 

そして、家族、友人、いろんな人たちが育て、

ともに歩んで来てくれたから自分が今ここにいることを決して忘れてはいけません。

 

665e670e 689e669e

 

兄弟も、友人も、友達も、、、

すべての人々に感謝をする時間。

 

716e

 

自分のルーツはやはり親にあることはまぎれもない事実です。

 

702e

 

いまの日本では、結婚式、披露宴の意味がキチンと理解されていないことが多いように感じます。

 

結婚をしたから結婚式を行うことが当たり前とされていた1990年代。

当たり前だと思っていることは、もう一度本当の意味を考えてみる必要があります。

 

もし、その意味がもう一度見直されるとすれば、

結婚式って、もっと価値のあるイベントになるんじゃないでしょうか。

 

727e

 

「結婚式はしなくて良いと思っていた。でもね、実際に今、ここで言えるのはやった方がいい。

いや、やらなきゃダメだと思うんです」

新郎様は締めのあいさつでそう発言しました。

 

男は背中で語る。

みんなの方を振り返らずに、右手だけ大きく掲げて退場していく新郎。

 

ふたりの新たなる旅立ちの瞬間です。

 

759e 774e

 

 

 

 

 

 

お開き後は館内の雰囲気のあるスポットを探しては

くまなく、と言って良いほどの撮影をしました。

 

790e 792e 784e

 

本当に良いものっていうのは、色褪せることなくいつまでも良いまま残るんですね。

歴史と情緒、色んな物が入り混じって、

とても奥行きのある雰囲気を醸し出している会場でした。

 

815e

 

最近恒例の記念写真。一眼レフで自撮り 笑

結婚式の本当の価値観に気づいてくれるお客様とこの先何人とお会いできるか。

 

そして、私たちが気づかせてあげなければならないことを忘れないで

今後の撮影に取り組んでいきたいと思います。

 

————————————–

↓今回のお客さまがご注文いただいたのはコチラ↓

◆結婚式当日の写真撮影は、お好きなカメラマンを選んで100,000円◆

※カット数は無制限、データすべてお渡し

フォトギャラリーはこちらから

◆フォトグラファーDAI◆

DAIのギャラリーはコチラ

※カット数は無制限、データすべてお渡し

お問い合わせはこちら

LINE@でのお問い合わせも可能です♪

 

 

【日本一高いフォトウェディング!?】

普段は横浜でのほほんとウェディングロケーション撮影をしているフォトジェリッシュチームですが、

ニュースというニュースが「最強寒波!」と騒ぎ立てる中に

群馬県の丸沼高原スキー場でフォトウェディングの撮影させていただきましたー!

一昨年、2015年の年末に初めてのスキー場フォトウェディングをさせていただきましたが、

この時は粘った甲斐もあって最高の天気で撮影を迎えることができました。

【2015年最後のウェディングロケーション撮影】

今回は2016年秋ごろからご相談いただいたお二人。

とってもやさしい性格の新郎様と、はっきりとして性格で美人な新婦様のカップルです。

本当は年末12月29日に撮影する予定でしたが、

まだ雪は少なく、1月に延期となりました。

まぁ、その甲斐あって雪には恵まれましたが。。。

058web

064web

この大雪です。苦笑

ヘアメイクの準備はまだ明るくなる前の6時半ごろからはじまります。

003web

011web

014web

準備ができた頃にはかなり明るくなっていました。

020web

ペンションのオーナーさんもお祝いしてくれて、いざ、撮影に!!

018web

丸沼高原の標高2000メートルはマイナス18度。

気温が低すぎて簡易温度計はLOを表示していました。

131web

しかし、お二人の「どうしても撮影したい!」との強い想いから、撮影を敢行。

053web

087web

スノボ仲間も駆けつけて一緒に記念撮影しました。

101web

途中、アシスタントのヘアメイクMIYURIが転び

073web

新婦様も移動中に転び

075web

いろんなトラブルもありましたが、素敵な写真も撮れました。

107web

164web

135web

051web

044web

034web

撮影が終わる頃には、新婦様の頭は真っ白に。。。

171web

こうなったら、アレ、やっちゃいますよね。

120web

116web

最後は一滑り終えた仲間たちとも撮影。

178web

186web

182web

これまでにない寒さでしたが、お二人は「とても素敵な思い出になった」

との感想をいただきました。

————————————-
今回ご依頼いただいた注文

洋装フォトウェディングプラン 150,000円+税
(衣装、着付け、ヘアメイク、写真全データ付き)

実費交通費

↓↓↓詳細はこちら↓↓↓
http://photo-jellish.jp/lphoto/