ぺこ&りゅうちぇるの結婚式

こんにちは!natsuです!

 

つい最近、ぺこ&りゅうちぇるが結婚式を挙げましたよね!
私もインスタグラムやネットニュースで見ましたが
はちゃめちゃにかわいかったです!!

0341e
二人の出会いはバイト先のアパレルショップだそうで
お互いに一目ぼれだったそうです。ディズニーランドに
誘ったりゅうちぇるがシンデレラ城の前でひざまずき
ティアラを掲げ「僕と付き合ってくれるなら、このティアラを受け取ってください。」
と告白したんだそうです。

 

 

素敵!!

 

 

 

 
そして昨年12月27日にディズニーシーで
「プリンスりゅうちぇるが本物のプリンセスになってほしかったの」
と言いながらひざまずき「結婚してくれる?」とプロポーズし、

 

 

約二年の交際を経てゴールイン!

 
前にTVでりゅうちぇるの浮気ドッキリを見ましたが
りゅうちぇるは本当にぺこちゃんの事が大好きなんだな~と感じました。

 

 

 

 

そんな仲良しな二人はモデルもやっているだけあって
結婚式はかなりこだわったそうです。

 

 

全体のコンセプトは元々レトロなものが好きな二人らしく
「American Retro Style」
また二人が好きな映画の「グリース」や「ビバリーヒルズ青春白書」
などのイメージを取り入れていったそうです。

 

 

 

 

 

【会場】

 

会場はりゅうちぇるが「プールのあるビバリーヒルズの豪邸みたい!」と
一目ぼれした八王子のヒルサイド迎賓館に。

 

 

 

その他テーブルコーディネートではレコード盤のメニュー表を作ったり、
ウェディングケーキも昔っぽさを出す為に高さ2mのケーキを
あえて使ったりしたそうです。

 

 
1番の驚きは披露宴会場のとなりに
「Peco&Ryu 60’s Diner」という看板のもと
真っ白なロビーを1から装飾して60年代に流行った
アメリカンダイナーを作っちゃったんだそうです!!

 
インスタグラムには映画のワンシーンにありそうな写真が
挙げられていました。

 

 

 
【ウェディングドレス】

 

ウェディングドレスも、ぺこちゃんが書いてくれた原画を元に
記事選びからスカートのボリューム調整、カッティングまで
細部にこだわり、世界に1つだけのドレスが仕上がったそうです。

 

 

 

ポイントはふっくらしたパフスリーブ、ボリューム感のあるロマンチックな
スカートだそうで、生地もチュールやレースではなく、
オールドアメリカンらしいシルクタフタという生地を
使ったそうです。

 

 

 

お色直しは二回行い、
2着目はレモンイエローのワンピース。
二人でレモンイエローの衣装にりゅうちぇるは日傘、
ぺこちゃんは大きなつば広帽にカゴブーケを持っていました。

 

 

 

このカゴにはお花は入っておらず、
りゅうちぇる曰く、「うさぎさんが入っている」んだとか。

 

 
三着目はアメリカンレトロスタイルに
ぺこちゃんはピンク×ドットのミモレ丈ドレスにドットのスカーフ、
髪型はポニーテール。

 

 

りゅうちぇるは青いタキシードにオールバック。
なんだかとっても男らしく見えます。

 
ちなみにぺこちゃんのスカートにはト音記号、りゅうちぇるのネクタイは
ピアノ柄になっていてさりげなくリンクコーデされていたらしくとっても可愛いです。

 

 
最近TVで見ない日はないほど忙しい二人ですが
準備と計画には約4ヶ月かかったそうで、
スケジュールの合間を縫って6、7回は打ち合わせを
したそうです。

 
考えて考えて二人で作り上げてきたイメージそのまんまの
結婚式にできあがったそうです。

 
二人は「世界に1つだけのウェディングを作りたい」と
強いこだわりを持っていたそうで、

 

 

とってもぺこ&りゅうちぇるらしい結婚式だなぁと思いました。

 

 
結婚式ってやっぱり女性の方は特こだわりたいですよね。
最近ではディズニー婚などもよく耳にします。

 

 

 

こちらも私興味津々なのでまた詳しく記事にしますね♪

フォトジェリッシュが大切にしていること

最近、スタッフのnatsuのブログが人気ありすぎて、少々登場しづらくなっているフォトグラファーDAIです 苦笑

 

私は18歳の高校生のときから結婚式の撮影をし始めて、

ブライダル撮影歴17年となりました。

こうもウエディングの業界が長いと、専門用語はもちろん、

当日に起こり得るトラブルのほとんどが「当たり前」となってしまっていて、

natsuのブログは初心に戻ったようにフレッシュな気持ちで読んでいるファンの一人です。

 

さて、私が結婚式のカメラマンとしてデビューした当時、

まだ世の中の98%くらいがフイルムカメラで撮影していた時代に

全国でどれくらいのウエディングフォトグラファーと言われる人たちがいたのかはわかりませんが、

高性能デジタルカメラが普及している2017年現在、結婚式のカメラマンと言われる方は

日本に3万人いると言われているそうです。

 

 

その中で、会社に所属して従業員として

日雇い労働的に土日だけ撮影している

忙しい日だけヘルプに入っている

学生のアルバイトなどなど様々な形で携わっている人たちがいますが

私もかつて高校生で土日は研修という名の無報酬で撮影していました。

(もちろん、フイルムで)

 

 

そんなブラックな時代に一番感じていたことが

「いつもだいたい一緒でつまらない」でした。

新郎新婦にとっては一生に一度(であってほしい)結婚式だけど、

撮影する側としてはパターンが決まっていて

サンプルになっているアルバムとあまり相違がないように撮影することで

もっとも重視されるのはクレームになることを避ける、

というのが《目的》になっていたのです。

 

たしかに、仕事上でより多くのお客様に対応し

もっとも「効率が良い」方法で売上を高くしていくのは必要です。

しかし、お客様は「不満が少ない」という状況で「満足」ではないのではないか?

そして、何より写真、結婚式が好きで撮影しているフォトグラファーが多い中で

「より良い写真」よりも「お客さんが不満にならないように」というのは

本望ではないのではないか。ということを考えたわけですね。

 

 

お客様が本当に望んでいるのはなにか。

写真を超えた部分でのなにか、に触れていくことが

クリエイターとしての本質だと考えました。

 

前置きが長くなりましたが、そんなわけで私の結婚式当日の撮影テーマは

いつも「当日ドキュメンタリー」です。

 

3L1A9183ee

 

お二人の支度が整ってから

ブライズルームで支度をしている”風”の紅さし(リップを塗る)や

イヤリングを着けるワザとらしい素振りをさせるようなお決まりだけの撮影はほんの一部で

大半は新郎新婦、ヘアメイクを含めてすべてを

自然なカタチで記録していきます。だからこんな感じで新郎がシャツ一枚…なんてこともザラです。

 

 

いつも一緒に入っているヘアメイクのMIYURIなんかは全く動じませんが、そんなスタイルに慣れていないヘアメイクさんには

「こんな姿撮らないでください!」

なんてことも言われることもあります。

 

でも、私たちはヘアメイクの作品のために撮影しているわけではなく、

新郎新婦さんが10年後、20年後に

「私たちの結婚式当日はこうだったね」

という思い出を語る上で重要な写真だと信じているので、

そこは理解してもらいながら撮影を続けます。

 

3L1A9189ee

 

この日の撮影はたまたま、お友達からのサプライズで、

アルバムがお支度中の新郎新婦に届けられました。

二人はすでに感動で舞い上がっています。

こういうドラマのほとんどは、メイキングでこそあり得ることなんです。

 

3L1A9204ee

 

 

4B2A2834ee

 

時には腹ごしらえをしていたり、あくびなんかしているシーンなんかも 笑

 

4B2A2887ee

 

こちらもブライズルームでの一コマ。

この後に控える新郎謝辞を暗唱で練習中。

(謝辞とは、新郎からゲストのみなさまへ披露宴のおひらきの時に伝える締めのお礼の挨拶)

 

新郎へのプレッシャーの大きさが伝わりますね。

 

4B2A3193ee

 

もちろん、新郎新婦だけではなく、ゲストの方々がどのようなテンション、表情で当日を過ごしたか、ということも記録していきます。

 

3L1A9540ee

そして最後、全てが無事に終わったの一コマ。

 

フォトグラファー本人が事前に打ち合わせをして、「カメラマンさん」ではなく、「DAIさん」と名前で呼んでいただき、当日は最初から最後までお二人に付きっ切りで撮影したのも一つの思い出となりえます。

 

そんな想いで婚礼写真をしているのは、日本全国のウェディングカメラマンと呼ばれる3万人のうちの何人くらいいるのでしょうか。結婚式の写真を大切に思う気持ちは、きっと二人に理解していただける日が来ると信じて。

『ナイトローケーション・フォト』はじめました

こんにちは、フォトジェリッシュのフォトグラファーDAIです。

 

今日はみなさんにお知らせです。

 

フォトジェリッシュでは、これから結婚をする新郎新婦の方々に

新しい形で写真を提供させていただくことをはじめました。

 

それは、タイトルの通り「ナイトロケーションフォト」です。

 

どんなものかというと、夜のフォトウェディングのプランです。

 

初めて聞くと「えっ?下ネタですか?」と思っちゃう人もいるかもしれません。

いいえ、超絶マジメでカッコいい、オシャレな写真です。

 

IMG_4886eweb

 

 

こんな感じ。

 

今回はお試しだったので、ウェディングドレスではないし、カップルでもないのですが、

(DAIの個人的なお友達です 笑)

夕方から夜にかけてのドラマティックでめちゃめちゃキレイな写真なんです。

 

 

この日はまだ時間帯が早い、街から近かった、雲が多かったなどの理由で、

満天の星空というわけにはいきませんでしたが、

晴れた日、街の光が少ない場所かつ、もう少し遅い時間帯で撮影なら

最高の星空を背景にフォトウエディングが撮影できちゃいますね!

 

IMG_4850eweb

 

それで「ここはどこだよ?」って聞きたくなると思うのですが、

(え?思わなくても続きを読んでください 笑)

実はこれ、石川県金沢市からほど近い海水浴場。

 

IMG_4811eweb IMG_4893eweb

 

石川県って日本でも珍しい”海に夕陽が沈む”地域なんですね。

“裏日本”なんて言われ方もしますが、

太平洋側ではほぼ見ることができない、こんなステキなロケーションが望めるなんて、

なんてラッキーなんでしょう!!

 

食べ物も美味しいしね。

 

さてさて、フォトジェリッシュでは近く、月に一度くらい金沢に来て、

ナイトロケーションを撮影するイベントを作ります。

IMG_4895eweb

もちろん!!

ウエディングロケーション撮影としても承りますよ♩

 

詳しくは近日中に公開しますので、

気になる方はHP、もしくはFacebookページをマメにチェック!!

HP → http://photo-jellish.jp/

Facebook → https://www.facebook.com/photojellish/

 

IMG_4844eweb

 

エンドロール・ムービーのチャンス

こんばんは。

フォトジェリッシュのフォトグラファーDAIです。

 

「結婚式って、ぼったくりみたいな金額ですよね」

ってたまに言われたりします。

そうですね、「結婚式価格」とか「お祝い価格」って単語が出来てしまうくらい、

通常と同じものでも「高く」して出しているところもあります。

 

私も過去にアルバム印刷をしているところと下記のようなやり取りをしたことがあります。

 

OSAKA_744web

 

DAI「これとこれ、中身は同じなのに、なんで金額が違うんですか?」

 

印刷屋「ブライダル価格です」

 

 

DAI「え、じゃあウェディングのアルバムだけど、

ウエディングじゃないって言ってこっちで発注したらどうなるんですか?」

 

印刷屋「えっと…それは出来なくないですが…結婚式の場合はこっちで発注してください」

 

DAI「同じものなんですよね?原価も工程も同じですよね」

 

印刷屋「そうですが。。。世の中にはお祝い価格ってものがあるように云々かんぬん」

 

DAI「じゃあ二人を祝うって意味で、安くしてあげたらいいんじゃないですか」

 

315e

 

こんな感じで話がつかなかったので、そこへの依頼は全て行わないことにしました。

 

結婚式価格っていうのは、通常よりも高く取ることではないんです、本当は。

じゃあ何かっていうと、写真屋と美容室からはじまった婚礼業界において、

結婚式にしか使わない特殊な技術やノウハウが存在し、

その技術に対する料金が「結婚式価格」の所以です。

 

366e

 

ちょっとお説教のようなウンチクになってしまいましたが、

今回のそんな技術の一つが撮って出し。

映画のスタッフロールのような映像から、

エンドロールと呼ばれることも多いです。

 

演出の一つですが、当日の挙式の様子を

披露宴の最後に間に合うように編集して放映する、

というものです。

CG_390

 

そこにはゲストの名前などが流れてくところが映画のエンディングのようで、

花嫁の手紙で一通り感動して、一日を振り返って宴を締める、

という流れも綺麗なので、人気の商品です。

 

 

通常の動画編集で、そこまで時間に追われることは少なく、

ザッとであってもここまで編集できるのは他にはない技術です。

 

先日、ザ ランドマーク スクエア トーキョーさんに持ち込みカメラマンとして

エンドロールムービーを撮影、作成、放映させていただきました。

※お客様には許可をいただいて公開しています。
この時もそうですが、実はこの商品はかなり大変…
当日のめまぐるしく流れる進行のなかで限られたシーンでカッコいいカットを撮影し、
空いた時間でパソコンに取り込んで編集を行う。
下準備としてお客様(ゲスト)のお名前を入力し、音楽をセットして、
あとはパーツをはめていけば完成するようになってはいるものの、
慣れていない会場では当日にならないとどういう画が撮れるかわからず、
下見をするものの、予定していた通りの絵が撮れる保証はなく、
いろんな条件が組み合わさって入れ替えたりしながら編集します。
結婚式エンドロールをやったことがない動画編集が本職の方に
「撮って出しの編集お願いします」
と言っても
「そんなリスク高いこと絶対にできない」
と断れるほど特殊な技術です。
だからこその「結婚式価格」です。
フォトジェリッシュのとってもオシャレなエンドロールは10万円(税別)。
実はこれ、2018年1月に30%も値上がります。
値上げ後は13万円(税別)。
ただし、写真とセットの料金はとってもお得になるプランもご用意しています。
いまがお得、エンドロール10万円はオススメです。
12月中までにお申し込みいただいたお客様は10万円でお請けします。
最後のチャンス!!

【横浜穴場ロケーションスポット】

いつのまにかセミの声がだんだんと目立つようになってきた横浜のとある公園。

 

天候にも恵まれたおめでたカップルのロケーション撮影のレポートです。

 

160401web_11

———————————————–

[本日のお客様の撮影メニュー]

撮影内容:洋装ロケーションプラン

ウェディングドレス、タキシード持ち込み、撮影写真の全データ

価格:90,000円(税別)+移動費、土日料金など30,000円

撮影者:DAI

———————————————–

 

フォトジェリッシュの特徴の一つとして、衣装持ち込みでの撮影も可能です。

しかも、衣装分の料金を差し引くことができます。

ただし、あまりに状態の悪い衣装だと、ご依頼をお請けできない場合も。

 

お客様の将来、写真を見返して残念な気持ちになることはしたくないのです。

 

160401web_3

 

今回の御新郎様は190cmを超える身長のバスケット選手!!

フォトジェリッシュでもそんな衣装はご用意がなかったので、

オーダーで作ったものを持ち込んでいただきました。

 

160401web_12 160401web_13

記念にバスケットチームのユニフォームでも撮影。

160401web_15

 

そんなお二人が溺愛しているうさぎさんも参加しての撮影でした。

もしかしたら花嫁よりも注目を集めていたかも!?

 

160401web_14

160401web_1 160401web_2

 

いえいえ。

新婦さまもとっても素敵なオトナの女性です。

 

160401web

 

 

こだわりは生花のヘッドアクセ。

フォトジェリッシュと相性が良いエドウィンRモレナールの作品です。

 

160401web_4

 

 

身長差がすごいので、撮影の構図を考えるのにも一苦労しました。

 

160401web_9

 

横浜で有名な公園といえば、山下公園。

その近くにある港のみえる丘公園もなかなかの眺望です。

 

その公園内にひっそりとただずむ旧邸跡がとっても素敵な雰囲気を醸し出しています。

これからの暑い時期ですが、

ちょうど一日中木陰なので、比較的涼しい撮影時間を過ごせそうな場所です。

 

土日も撮影できるので、一押しのロケーションスポット。

———————————————–

[本日のお客様の撮影メニュー]

撮影内容:洋装ロケーションプラン

ウェディングドレス、タキシード持ち込み、撮影写真の全データ

価格:90,000円(税別)+移動費、土日料金など30,000円

撮影者:DAI

———————————————–

 

フォトウェディングならフォトジェリッシュのDAIがチョー得意分野だからお任せ!

 

【挙式当日の撮影お問い合わせが続々】

早いもので2017年も1ヶ月が過ぎました。

実は、1月、2月は結婚式当日の撮影や前撮り撮影は少ないものの、

結婚式当日の写真や動画撮影のお問い合わせが多いのです。

今月のお問い合わせで相談いただいたのは4組のカップル。

うち、みなさんフォトジェリッシュでのご依頼を決めていただきました。

◆1組目 ファニーワップさんで二次会の撮影◆

IMG_6161

横浜のロケーションスタジオ、ファニーワップさんでの二次会のご依頼です。

二次会の撮影だけでしたので、フォトグラファーの指名こそありませんでしたが、

今日の担当のフォトグラファーは絶対に素敵な写真を撮って来れる自信があります。

なぜならおふたりが、とってもステキなお二人だから(♡´∀`♡)

新郎様は横浜で沖縄料理店を経営されているそうです。

—————————–
二次会写真撮影プランは60,000円+税、全データのお渡し。

◆2組目 5月 伊勢山皇大神宮で和装神前結婚式、横浜の老舗料亭・田中家さんで披露宴◆

IMG_6111

旦那様は消防士で、奥様は美容学校の先生という組み合わせ。

職業だけで見てみると、いろんな組み合わせがありますね。

横浜出身のご新婦様は、ご友人の家が田中屋さんの近くだったということで、

前々から存在は知っていたとのこと。

料亭割烹の田中家さんは文久三年(1863年)から営業しており、

その頃の横浜駅のあたりは、まだ海だったのだとか。

ご指名いただいたフォトグラファーは伊勢山皇大神宮での撮影経験があるJUNKOさん。

和装の技術もかなりの上級者です。

—————————–

JUNKOさんのフォトギャラリーはこちら→ http://photo-jellish.jp/photographer/junko/

◆三組目 表参道クラシカでお子様づれで結婚式◆

IMG_6159

三組目のカップルは、実は一年くらい前にご相談をいただいたお二人。

そう、そのときはお二人だったんです。

今回のご相談は三人で来ていただきましたー(♡´∀`♡)

表参道クラシカさんで挙式・披露宴を行いますが、最初はプロフィールムービーでのご相談をいただき、

お話しているうちにいろんなご提案を受け入れていただき、当日のウェディングフォトもご依頼いただく事になりました。

「結婚式場のようにたくさん割引して、決めるまでしつこく帰さない」

というスタンスではないので、みなさんは安心してご相談に来ていただいているようです。

より多くのお客様に喜んでいただけるよう、幸せな結婚式を最高の形で残せるように

お手伝いできたらいいな、と。