【結婚式場が持ち込みカメラマンが嫌がる、本当の理由】

横浜でロケーションやスタジオでのフォトウェディングをメインに

サービスを提供させていただいているPhoto Jellishですが、

結婚式場への持込カメラマンとしてのご依頼も少なくありません。

 

お問い合わせのなかでもとりわけ多いのが

『外部カメラマンはダメだと言われていてますが、なにか方法はありますか』

という内容です。

なかにはレストランウェディングや一部のホテルや結婚式は

『お二人のお気に入りのカメラマンさんであれば大丈夫です』

と理解を示していただける会場やプロデュース会社もありますが、

結婚式施設では外部から業者が立ち入る事を禁止している事が多くあります。

 

フォトジェリッシュではしっかりとした知識と常識を以って交渉をさせていただくため、

全面許可していただくこともありますが、

大人の都合で一部のみ許可、という事もあります。

それは担当者や会場によってなので、一概には何とも言えない状況です。

 

では結婚式場は、なぜ提携しているカメラマン以外を嫌がるのでしょうか。

すべての会場に聞き込みを行ったわけではないですし、

必ずしもすべての結婚式を行っている会場がそうではないかもしれませんが、

それは「一般常識のないカメラマンが多いから」という理由が挙げられます。

 

「結婚式の撮影にデニムで来た」とか

「入ってはいけないところも平気にズカズカ入っていった」

など、一般常識から外れる行動をしているカメラマンの話は

悲しいですが、決して少ないことではありません。

 

フォトジェリッシュではフォトグラファーへの教育をしっかりと行っているため

そういったクレームを受けたことはないのですが、

業界全体として、そういった目で見られがちなのは確かです。

 

また、ウェディング撮影経験は少ないが、

「それくらいなら撮れる」と思い込んでいるカメラマンも少なくありません。

ブライダル撮影というのは、ある程度経験を積まなければ技術もトラブル対応も出来ないので、

お二人にとっても会場にとっても、やはりある程度専門的に行なっているフォトグラファーに

お願いするのをオススメしたいですね。

 

ただし、やはり最も多い、一番の理由としては『写真業者からの紹介手数料』、

つまり結婚式場の売上や利益です。

 

結婚式場というのは、『結婚式』という商品(サービス)を売って

それをビジネスとして収益を上げています。

どれだけ「夢を叶える」とか「人生最高の記念日」と言っても、

これはまぎれもない事実。ディズニーランドと同じです。

 

ですので、会場のウェディングプランナーに「なぜダメなのでしょうか」

と率直に聞いても、「売上のためです」とは言わずに

ウヤムヤな回答が返ってくる事が90%以上です。

 

一般的に写真や動画の提携会社が結婚式場に卸す価格は、

お客様(結婚する二人)が購入する価格のおよそ50〜70%が相場です。

 

つまり、お客様が30万円のフォトアルバムを購入したとすると、

その30〜50%である、9万円〜15万円は結婚式場が営業利益として収益を得ます。

たとえば、それがお客様が持ち込みの外部カメラマンが30万円を

お客様からもらっても、結婚式場に払う金額は0円です。

 

ですから、結婚式場は「持ち込み料金」という名目で自社の営業利益の確保をするのです。

ちなみにその「持ち込み料金」から写真屋さんへ支払われる金額はありません。

また、海外のネイティブな結婚式には「持込み料」という料金はほとんど存在しません。

 

 

二番目は「クオリティが比べられてしまう」ということでしょう。

ホテルや結婚式場のカメラマンは、クオリティの高い物を作っても、ほぼ評価はされません

 

一番の評価は、失敗しない、クレームを貰わない、ということ。

 

少し話は飛びますが、昨年8月、東京は表参道にあるアニヴェルセル表参道という結婚式場で、

「カメラマンがご祝儀を盗む」という事件が発生しました。

そのカメラマンがどういう立ち位置のカメラマンなのか真相は闇のなかですが、

その事件以来アニヴェルセル各店舗は、このような注意書きをお客様に配布するようになりました。

image4e

 

「外部業者だからご祝儀を盗むかもしれない」

という可能性は成り立たない理論であって、それは別の式の参列者や

他の会場スタッフであってもあり得ることです。

 

 

結婚式施設側と、持ち込み業者側が対立するようなカタチで

現段階でのブライダル業界は存在していますが、

こういったカタチは一日でも早く解消し、

「お客様が自由にすべてを選択出来ることが、一番の顧客主義である」

とフォトジェリッシュは考えています。