【結婚式は誰のため?】

今回は横浜からはるばる金沢へ。

お客様からのご要望で色々なところへ撮影にお伺いします。

 

みなさんは「結婚式」って誰のためかなって考えたことありますか?

 

今回の新郎新婦のお二人に「誰のために結婚式をするの?」と聞いたら、

「両親のためです」

とキッパリとした答えが返ってきました。

0124e

 

新婦のお父様は、元和食の板前さん。

性格は昔気質の”べらんめえ”な方で、リハーサル中も

「なんでこんなことやんなきゃいけねーんだよ!儀式の練習なんて面倒だ。

本番ぶっつけで大丈夫だよ!失敗した方がおもしれーんだよ」

なんて言われていました。

 

そんな新婦のお父さんは2年前に脳梗塞を患い、現在も右半身には麻痺が残ったまま。

ヴァージンロードも右足を引きずるように歩いていました。

そして、新婦の手を新郎へと手渡す瞬間、お父さんは左手で力強く新婦の手を掴み、

新郎に手渡した後、寂しそうにその手を見つめているのはとても印象が強いシーンでした。

0228tt 0231t

 

挙式も無事終わり、披露の宴へ。

 

お二人のハレの日を祝う友人たちと記念写真と撮ったり、乾杯をしたり。

そんなひとときを過ごし、新婦はお色直しで中座した後のことです。

 

お酒もほどよくまわり、ヨロヨロと危なげに歩く新婦のお父さんに、

お母さんが手を貸そうとしますが、お父さんはそれを振り払うように拒否。

一人で新郎のもとへと歩み寄り、

「おう!飲め飲め!」

と2杯ほどお酌をしたところで、お父さんの涙腺が崩壊した。

0669t

 

 

「頼むぞ!頼むぞ!幸せにしてやってくれい!」

そう良いながら新郎の肩を叩き続け、

また右足を引きずりながら自席へと戻って行きました。

 

お披楽喜の時間も近づき、最後のお決まりの演出「花嫁の手紙」。

 

新婦が手紙を読み始めて10秒ほどで、後ろを振り返り、肩を揺らしながら泣く新婦父。

0915e

 

手紙も読み終わり記念品の贈呈をするも、新婦父の感情はおさまりません。

 

 

0950e

 

新郎のお父さんも、あいさつの一言目を出すまでに相当の時間を要しました。

 

0964e

 

「お父さんとお母さんのために、結婚式をしました」

 

二人のその言葉は、両家両親の、今までの苦労のすべてを

喜びに変えたような気がしました。

 

両親にとってはひとつの集大成であり、新たな子育てのはじまりであり、

二人にとってはゴールであり、スタートであり、いろんな節目です。

幸せとよろこびと感動と涙と…

色んなものが混ざり合いながら結婚式はおこなわれます。

 

そんな瞬間の大切な想い出を写真や動画として記録できることは

本当に嬉しく、ありがたく、やりがいのあることです。

願わくば、結婚式を担当した家族の生涯を同じフォトグラファーが撮り続けて欲しいですね。

1084e

 

 

【バウ・リニューアル!ハワイ挙式から一年】

フォトグラファーDAIを指名していただいて、ハワイまで同行した

2015年6月のハワイ挙式から一年が経ちました。

304e

今回は横浜在住のお二人なので、

「横浜らしい写真を撮りたい!!」というご要望で、

人気のロケーション、大さん橋でのフォトウェディング、

バウ・リニューアルという儀式ですね。

201e 120e

バウ・リニューアルの意味は、結婚したお二人が愛を誓い合うということ。

バウは「誓い」、リニューアルは「ふたたび」。

 

『再び誓う』

032e

欧米ではセレモニーを行うこともあり、結婚式の誓いの言葉「Yes, I do(はい、誓います)」ではなく、

「Yes, again.(ふたたび、誓います)」と誓いを確認すると答えるようです。

091e

毎年、家族が増えて、成長して、歳を重ねて、

それでも同じフォトグラファーが撮影するパーソナルな関係で居続けられるって、

とてもステキな家庭のストーリーだと思います。

106e

出会った想い出の場所で撮影

225e

 

昨日より、今日の方が少しオトナになっている。

オトナにはオトナの良さがあります。

 

241e

少しずつ、歳を重ね、二人が成長していくようすを

気軽に「撮って」って言ってもらいたいから。

フォトジェリッシュは「結婚式の写真と動画だけ」の仕事はしません。

269e

 

 

【和装ロケーション撮影が意外とタイミング!!?】

横浜は30度を超える真夏の暑い日が続いています。

 

天気の良い日が多い夏ですが、

実は結婚式やウェディングフォトのロケーション撮影は少し落ち着き気味です。

 

しかし!!

実はここが意外と穴場のタイミングだったりします。

 

秋や春の過ごしやすい時期は結婚式もフォトウエディングもとても人気です。

だからこそ、ロケーションの撮影予約が埋まっていたり、

観光客が多いからという理由で受け入れてもらえなかったり、

撮影出来ても観光客が写り込んでしまったり、という問題が多く発生します。

 

真夏は暑いですが、真冬と違って緑は青々としているし、

陽射しも強いので、緑や花の色、衣装の色が映えるといった良い点も多くあります。

フォトジェリッシュでは、「陽射しが暑いのはちょっと…日焼けも心配だし…」

という方には早朝の撮影をオススメしています。

たとえば、比較的気温が高くない9時ごろから撮影開始して、午前中にサクッと終わる。

そんなプランでも料金は変わりません。

 

先日、三渓園で和装の撮影でお伺いしてきました。

やはり暑いので、スタジオ撮影と迷われていましたが、

ウェルカムボードなどに使う見栄えのする写真が欲しいとのことで、

和装で三渓園のロケーション撮影に決めて撮影に挑みました。

 

朝しか咲かないと言われている蓮の花がちょうど見頃で、

日本の四季を感じる日本庭園でのステキな写真が仕上がりました♪

 

和装は日本人の正装。

 

ジェリッシュはウェディングドレスショップですが、

和装の正しい知識と技術を持ったフォトグラファーが一組一組ていねいに対応します。

210e 149e 200e 124e 116e 090e 054e 067e 052e 044e 034e 018e 232e

*横浜らしいフォトウェディング*

梅雨とは思えないほどいいお天気の横浜。

みなさまいかがお過ごしでしょうか。Hairmake MIYURIです。

先日、梅雨の合間をぬってフォトウエディングのM様の撮影に同行しました!

お天気が心配されましたが、担当フォトグラファーがDAIだったこともあり、安定の曇り。

曇りの方が肌の映りが綺麗なんだとか。。。

お二人のヘアセット、メイク、お着替えを済ませ西洋館へ移動して撮影開始です!

IMG_6176

今回は【111番館】【港の見える丘公園】で撮影しました。

ここが横浜らしい、横浜ならではのポイントです!

フォトウエディングにはもってこいのロケーションです。

お庭にはお花がいっぱい咲いていて、バラのいい香りがしました。

IMG_6183

室内と庭園のどちらも撮影できるので、いろんなシーンを撮影することができます。

階段でのバックスタイルはおさえておきたいショットですね。

ご自身ではバックスタイルは見れませんからね。

IMG_6185

こんなアーチ付きのお庭もあるんです!季節によって写り込むお花の表情が違うのも素敵ですよ。

今回はさわやかなグリーン!素敵なロケーションがここ横浜山手の西洋館にはあるんです。

IMG_6184

もちろん、前撮りや後撮り、結婚記念日の撮影にも利用できます!

こんなところでロケ撮したい!後撮りでドレスを撮りたい!などなどご相談ください。

横浜らしさを洋装で残すなら、西洋館はおすすめです♪

ロケ撮なので、ご家族が合流しても大丈夫です。

ちょっと手持無沙汰かも知れませんが、途中で一緒に記念写真を撮りながら、撮影を進めていきます。

IMG_6188

最初はカチカチだったお二人の表情も次第に柔らかくなり、撮影終了。

その後ご家族で食事会だった為、元町にある【霧笛楼】さんへ移動されました。

ホテルや専門式場でやるだけが結婚式ではない。

自分たちらしい、お二人だけの結婚式をする方が増えたらいいな。なんて改めて思った日でした!

M様末永くお幸せに。。。お二人の記念日に関われたこと、嬉しく思います。

ありがとうございました(*´ェ`*)

【一年目の周年写真】

雨がふらなくても、じめじめとした空気が梅雨を感じさせます。

横浜も例に違わず梅雨真っ最中です。

 

さて、ちょうど一年くらい前の6月22日に、ハワイで結婚式を挙げたお二人。

その時はフォトジェリッシュのフォトグラファーDAIも連れて行っていただいて、

多くの写真を撮影させていただきました。

 

 

ビーチで

0377

 

 

サンセットで

 

0740ee

 

 

 

モアナ・サーフライダーで

 

0100ee

 

 

ワイキキ・ビーチで0198ee

 

0214ee

 

 

ダウンタウンのハワイ・シアターで0271e

 

 

 

 

 

ダイアモンド・ヘッドが見下ろせる丘で0337e 0341e

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、結婚式当日も。0472ee

そこから3ヶ月後、二人は大好きな地元・横浜で

友達中心の結婚披露パーティーを行いました。

 

そちらはファーストブレイクさんがプロデュースし、

フォトジェリッシュで写真と動画の撮影をさせていただきました。

 

新郎新婦はもちろん、ゲストも参加できる、みんなで創り上げた結婚式です。

お二人の要望はすべて叶えることが出来たそうです。

いま思い出してもメチャクチャ楽しいパーティーでした。

 

 

あれから一年。

 

先日、ご新婦様から連絡がありました。

 

「一年を記念して、横浜の大さん橋で写真を撮って欲しい」

と。

 

嬉しいご連絡です♪

Jellishではご購入いただいたウェディングドレスのお直しやクリーニングも行なっています。

幸せ太りにも対応いたしますよ 笑

 

そうそう話は飛びますが、クリエイターズファイルでロバートの秋山さんが演じた

ウェディングプランナーがツボです 笑

そんなプランナーはいません!笑

【椿山荘の庭園ロケーション撮影】

日に日に夏のような暑さになっていくのが感じられます。

横浜は今日も良い天気で、いたるところでよさこいやフェスなどの

イベントが行われているようです。

 

こんにちは。横浜の結婚式カメラマン持込撮影の実績多数、

フォトジェリッシュのフォトグラファーDAIです。

 

少し前になりますが、

同業のウエディングフォトグラファー仲間、Photo感写(http://photokansha.jp/)さんより

「信頼できるビデオカメラマンは居ませんか?」

と問合せいただき、一緒に撮影させていただくことになりました。

027e

007e 004e

 

挙式は新宿区にある氷川神社で、披露宴が日本庭園がとっても美しい椿山荘。

椿山荘は東京23区でも高級なイメージのある文京区にあり、

近くには時の総理大臣、田中角栄さんのお屋敷もあったりもします。

 

そんな場所にも関わらず、5~7月くらいにはホタルを鑑賞できる場所でもあります。

都心でホタルに囲まれながらビュッフェ…そんな粋なイベントも毎年開催されていて、

とても人気の高い、風情のある場所です。

 

今回のお客様は当日、ご自宅で和装の着付け、ヘアメイクなどのお支度をした後、

椿山荘の庭園でロケーション撮影を行なって、神社に向かうという企画です。

私はたまたま日程が合ったので、見学と取材というカタチで様子を見に行きました。

 

庭園には裏口があって、そこを出ると雰囲気のある川沿いの道が続きます。

001e

お二人と撮影班が到着するには少し時間があったので、

しばらく庭園の散策を行なっていました。

 

椿山荘の庭園の遊歩道脇に時折見かける石像は、

「この庭園は七福神が散歩をしています」

立て札に説明してありました。

 

そこで男子心をくすぐられた私は、

「よし、全部探しだそう!」と決意。

 

なんて子どもなんだろう…

と自覚しながら、なんとか全部探し出しました。

 

大黒天

023e

 

弁財天

022e

 

 

 

 

 

福禄寿

021e

 

 

 

布袋

019e

 

 

寿老人

017e

 

 

 

恵比寿

012e

 

 

 

毘沙門天

 

014e

 

と、まぁそんな事をしているうちに、お二人が到着。

門出さんとビデオカメラマンは自宅からの撮影をしているので、一緒に到着。

 

ちょっと時間が推している事もあって、さっそく撮影スタートです。

 

030e

 

少し暖かい日だったので、ふたりとも汗だくになりながら撮影しています。

撮影スタートしてすぐ、新婦様のご両親が合流。

032e

カメラマンにもよりますが、実はこれ、撮影中の難関あるあるの一つです 汗

 

カメラマンたちは時間との闘いで手際よく段取り良く撮影しているのですが、

こちらの撮影に割ってスマホなどで撮影を始めることがあります。

「時間ないから後にして~!」

と心のなかで嘆いているカメラマンは少なくないでしょう 苦笑

 

 

経験が多いカメラマンはそれでもなんとかするのが腕の見せ所です。

 

 

 

037e

鮮やかな緑とキレイなコントラストがある朱橋でも記念の写真を撮って、

 

031e

 

階段でも撮って…

と、わずか数分のウチに色んなロケーション、バリエーションを変えながら撮影を行なっていく門出カメラマン。

さすがです。

 

 

040e

 

きっと二人にとって、門出さんに撮ってもらったことはとても大切な想い出になるでしょう。

仕上がりが楽しみですね☆

 

【ヒルトン東京で小さな結婚式持ち込み撮影】

今年の5月の大型連休はとても天候に恵まれていますね。

こどもの日(旗日)と土曜日に挟まれた平日の2016年5月6日に日本人とタイ人のカップルが無事挙式を迎えられました。

1e

商社マンである旦那様がタイに赴任したのは3年前。

当時、よく通っていた日本食レストランで出会われたそうです。

現在もタイ在住のお二人は結婚式の準備もほぼメールでのやり取りのみで進めてきました。

お二人の結婚写真を担当したのは、フォトジェリッシュのフォトグラファー宮崎☆

お二人とは昨年6月に横浜で挙式をしたご夫婦からのご紹介で、今年2月にメールをいただきました。

2e

今回結婚式をプロデュースしているのは少人数制の結婚式で有名な「小さな結婚式」さん。

フォトジェリッシュには2月にお二人からお問い合わせいただき、お台場ヒルトン東京のチャペルで挙式を行ないました。

お二人は別の場所にてお支度を整え、タクシーでヒルトン東京のチャペルへ直行。

一方、ご家族や友人たちが待ち受けているチャペルは海とレインボーブリッジが一望できる素敵な空間!!

新郎新婦はしっかりと腕をとりあい、最高の笑顔で入場していきました♪

4e

挙式の直前はかなりの緊張感が伝わってきていましたが、カメラマンの宮崎と

ウェディングプランナーさんが上手にリード、サポートし、滞ることなく挙式を行うことができました

3e

挙式はヒルトン東京内の日本料理のお店で会食ご家族、友人たちと幸せを感じるひとときを満喫していた様子

5e

写真を通して、人の幸せに寄り添えるのは本当嬉しいですね。

撮影当日中に写真のインデックスをお送りさせていただき、とても喜んでいただいたようです。

そのクオリティの高さだけではなく、ゲストへの配慮や価格の面でもとても満足されたとのこと。

新郎様いわく「正直、写真の金額的価値はよくわからなかったのですが、宮崎さんにお願いして、出来上がりを見たときに理解することが出来ました。」

とコメントいただきました。

さらに、その価格も他の業者の半額くらいにコストを抑えることができたのだとか。

「写真の持込撮影」ということを交渉するにあたって、お二人には一手間かけていただいたけれども、

その価値は十分に感じていただけたのは本当に嬉しいことです。

宮崎も撮影した手応えは感じていたようで、今回も最高の瞬間をしっかりとカタチさせていただきました!

6e 7e

【愛宕神社で結婚式の持ち込み撮影】

ゴールデンウィークまっさかり、天気が良い日が続いていますね。

日本各地、とくに観光地はどこも混雑しているようです。

大型連休につきもののUターンラッシュは5日がピークのようで、

朝7時頃には各高速道路は混雑しはじめるようです。

 

さて、そんななかで東京都港区にある愛宕神社で結婚写真の持ち込み撮影をさせていただきました。

今回のフォトグラファーはtsuyoshiさん。

平均年齢30代のフォトジェリッシュではめずらしく40代中盤のベテランカメラマンさんです。

経験も豊富なだけあって、お二人とご両親、ゲストの気持ちが伝わってくるような、

とっても感動的な写真を撮るフォトグラファーです。

 

今回は結婚式前の事前の打合せ1回、現地の下見を2回行いました。

もちろん、愛宕神社の神主さんとも事前の説明をお伺いし、

当日の導線や段取りをイメージトレーニングして、万全の体制で当日を迎えました。

 

愛宕神社といえば、東京23区でもっとも高い自然山としても有名ですが、

じつは昨年10月に女優でモデルの杏さんと東出昌大さんが挙式をした神社なんです。

そのせいもあってか、朝からずっとひっきりなしに参拝客が往来しています。

 

愛宕神社のちょっとした豆知識として、

高低差が26メートルの山頂にあるため、正面にとても急な階段があります。

そこは「出世の石段」と呼ばれ、江戸の三代将軍家光公の

ストーリーに由来しているそうです。

160503-02e

 

160503-04e

さて、挙式は11時からなので、新郎新婦は9時に到着予定。

ところが、Tsuyoshi カメラマンは現地に7時半に到着し、

現地で念入りに神社の外観の撮影をしていました。

めちゃくちゃ気合が入っています。

 

とても天気がよく、木々の間から漏れる陽の光はキレイにこぼれていました。

160503-06e

 

160503-01e 160503-05e

東京23区内に、こんなにも自然が溢れている場所があるのか、と驚きました。

 

そんな自然が多いせいか、愛宕神社には何匹か住みついているネコが居ます。

その猫たちはとても人馴れしていて、頭をなでてあげると気持ちよさそうな顔をします。

160503-03ee

 

 

いよいよ新郎新婦さんが登場。

出世の石段とは別側にある、長く急な坂をお二人が登るところからお二人の一日と、

そしてフォトジェリッシュのブライダルドキュメンタリースナップのスタートです。

160503-07ee

 

さて、この長い一日をどのような写真に仕上げたのでしょうか。

 

【能楽舞台で和装フォトウェディング】

桜が満開を過ぎ、暖かな日が多くなってきました。

花粉症の人もそろそろ落ち着いて来たのではないでしょうか。

 

さて、先日撮影でおうかがいしたのは、横浜市磯子区の丘の上にある能楽舞台。

1917年に東京日比谷にある帝国ホテル裏にあった能楽舞台を

移築した由緒ある能楽舞台です。

 

背景の鏡板(かがみいた)の老松の絵は、明治の有名日本画家・平福百穂が筆を執ったもの。

当時のものがそのまま保管されているということは、

100年前に描かれたものなんです。

 

そんな歴史が積み重なった場所で撮影をさせてもらえるのは横浜の良いところ。

しかも、市の管理なのでとてもお手頃な金額で。

 

心配していた天気はまずまず。

スカッとは晴れなかったですが、肌の色がキレイになりやすい曇りでした。

まずは準備。

能楽舞台とは別室に和室をお借りし、お支度。

075e

和装は二時間ほどかかります。

 

今回、髪は短めご新婦様でしたが、地毛で文金高島田を。

これはすごい!

 

そこそこ準備ができた段階で新郎様の準備。

042e

一緒にお子ちゃんも準備。衣装を着たせいか、お子ちゃんのテンションは急上昇!

091e

065e 051e

そうこうしている間に全員完成して撮影開始。

舞台、屋外、色々とロケーションが豊富で、時間が足りないくらいでした。

 

紅葉の時期は一段とキレイなロケーションで望めそうです。131e 122e 161e

 

横浜の三渓園は人がいっぱいで写り込んでしまうけど、ここなら人も少なくて安心♪

穴場のウェディングフォトスポットですね!

紅葉のシーズンが楽しみです。

【上手なウェディングフォトの見分け方】

だんだんと春らしく、陽気が横浜は桜が満開です。

Photo Jellishも問合せを多くいただいており、いよいよ結婚式シーズンが到来です。

 

フォトジェリッシュでは、ブライダルフォトグラファーごとの作品を見ていただき、

新郎新婦のお二人がお気に入りのカメラマンを指名していただくシステムです。

持ち込みカメラマンとして、各々の技術やセンスを直接的にお客様に評価して

いただくことが可能な仕組みです。

 

一方で、多くの結婚式場やホテルは、当日まで担当フォトグラファーが男性か女性か、

まだどんなセンスで、どんな性格かを知ることは出来ません。

例えば挙式日が「三連休初日で大安の日」だとすれば、結婚式場やホテルにとっては繁忙日となるため、

カメラマンを手配するだけで精一杯となっているのが実状です。

そのため、普段からその会場で活躍している高い技術を持ったカメラマンばかりではなく、

撮影に慣れていない人も本番の撮影をすることになります。

 

もし、お願いして担当するフォトグラファーが実際に撮影した写真を見る機会があれば、

その写真が上手いかどうか、また、そのフォトグラファーがブライダルフォトの

基礎を知っているか知らないか、見分ける方法を知っておきたくありませんか?

 

今回は、上手いかどうかを見分ける方法を特別に教えちゃいます♪

 

まず、ブライダルのスナップ写真といっても、

ほぼ必ずと言って良いほど撮影する暗黙のルール的なポーズ写真があります。

そのうちのもっとも基礎的なポージングの写真を例に検証しましょう。

 

ここに、AとBの二つの写真があります。

A B

 

どちらが美しく見えましたか?

これだけで違いお分かりいただけた方はかなりセンス◎です。

 

正しい立ち方は『B』です。

 

私たち、プロのブライダルフォトグラファーが見るポイントは3つあります。

 

1. 「新郎の立ち方」

Aの新郎はカメラに向かって正面に脚を開いて棒立ち状態です。

一方、Bの新郎は脚を閉じていて、全体がスマートに見えますよね。

 

2. 「ブーケの高さ」

Aのブーケはミゾオチの辺りの高さですが、

胸部分のレースが隠れがちになったり、肘の角度が、腕に力が入っているように見えたりします。

一方、Bは肘の角度は自然に腕を下ろしているように見えますし、

また、新婦のウエストのくびれを強調する視覚効果が見込めます(ココ大事!!)

 

3. 「写真の水平垂直」

結婚写真以外にも言えることですが、一瞬一瞬で状況が変わるシーンでなければ、

傾いた写真は基本的に心地良い写真にはなりません。

ましてや、フォトグラファーが意図しない傾き(傾いてしまった写真)や

意図しない左右非対称(非対称に気づいていない写真)は

細かなところまで配慮できていないようにも思えます。

 

以上、3つのポイントを簡単にまとめてみました。

下に比較した写真を並べて見てみましょう。

AB

 

 

これでおわかりいただけたでしょうか?

ネットで安い持ち込みカメラマンをしているフリーフォトグラファーも沢山いますが、

そういったサイトを見た時に、

こういうポイントを見て選ぶのも良いかもしれませんね。