結婚式当日~結婚式後にやることリスト

こんにちは!natsuです!

プロポーズされたら!!結婚式までにやることリスト【結婚が決まったカップル編】

結婚式までにやることリスト【残り3ヶ月~2ヶ月編】
さぁいよいよ結婚式当日~結婚式後にやることリストです!!

abelia3

 

 

【結婚式当日・挙式が始まるまでの時間】

 

①余裕とあいさつ

挙式を直前に控えてドキドキもMAXですよね。
時間に遅れてバタバタと落ち着かない気持ちのまま
結婚式を迎えることがないように時間には余裕を持って行動
するようにしましょう。

会場に着いたら、まず当日お世話になる人たちに
「よろしくおねがいします」とにっこりあいさつをしましょう。
あいさつはするだけで気持ちが明るくなります。

それだけでまわりの人たちとの距離が縮まり、
2人にとって居心地のよい空間になるといいます。
そしてヘアメイク、ドレスを着てすべての準備が整ったら
心の準備をしましょう。
緊張をほぐすためにも2人で笑顔のチェックを
し合ってもいいと思います。

 

 

②美しい姿勢

挙式が始まったら、まず常に気をつけたいのが、姿勢です。
姿勢って女性にとってはかなり大事なんですよね。
姿勢が悪いと表情も暗く、スタイルが悪く見えてしまったりと
悪いことばかりです。

せっかくのステキなドレスも猫背じゃ美しさ半減です、、、。
美しい姿勢のポイントはズバリ☆

・膝をしゃんと伸ばし、お尻にキュッと力を入れる
・頭は斜め上から糸で吊られているイメージで背筋を伸ばす
・腕を後ろにしたときの位置ですっと力を抜き、デコルテを開く。

こうすることで姿勢がよくなり、ドレスを美しく着こなすことができます。
座るときも、お辞儀をするときもこれを意識するようにしましょう。

そうすることで不意打ちショットに強い花嫁になれます!!

0187%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0
③第一印象

仲のいい友人なら、多少羽目を外しても「○○ちゃんらしい」と
笑ってくれるかもしれませんが、相手側の親戚、友人、会社関係の人は
その日が初対面の場合が多いですよね。

あまりに羽目を外しすぎてしまうと、その日のあなたの第一印象が、
一生の印象になってしまう可能性も。

なので、挙式、披露宴の日は、いつどんなときも
見られているという意識を忘れず、お開きになるまでは、
「舞台の上」にいるつもりで美しい立ち振る舞いを
心がけるようにしましょう。

 

 
【結婚式後にやること】
結婚式を終えて新婚生活のスタートを迎えるわけですが、
新婚生活で今後の夫婦関係が決まると言われています。

というわけで、「新婚生活で気をつけたい7つのこと」
ご紹介していきますね。

img_5824

 

①旦那を育てる

これ!我が家の鬼嫁(お母さん)も言ってました!!
お子さんが誕生する前に旦那を育てることが大事なんだそうです。
新婚だからといって張り切って家事を一人でしてしまうと、
旦那様は安心しきってしまい、家事を任せるのが当たり前に
なってしまうんだとか。
子供にもスパルタで伸びるタイプと、褒められて伸びるタイプが
いますので育て方は任せますが(笑)
一緒に家事をこなすことでコミュニケーションもとれ、
家事を教えることも出来るそうです。
風邪を引いたときも旦那様の家事力が高いと安心して
休むことが出来ますよね。

 

 

②朝は必ず見送る

これもよく聞きますよね。
もし兼業で旦那様の方が出勤時間が早くても絶対に見送りましょう。

多くの旦那様は、ハグとチュー付きで見送られたほうが、自分の喧嘩の
立ち振る舞いを反省するんだそうです。
普段ももちろん、ハグとチューで「今日もがんばろうね」と
声をかけてください。「がんばってね」ではなく、「がんばろうね」と
一緒に一日を頑張ることが大切なんだそうです。
うちの場合、喧嘩のあと母が父に「早く仕事いけー!!」と
言ってるのは何度か見た事あります。
③なにかひとつ、甘えるものを作る

「旦那に察してほしいは無駄だった」や、「私に頼りすぎ甘えんな」
など既婚の友達に愚痴られることがよくあります。

新婚生活の中で、自分で簡単に出来ることをなにかひとつ
旦那様に甘えてやってもらいましょう。
例えば、髪を乾かしてもらったりとか。結婚生活がスタートすると
どうしても女性がしっかりしてしまい、甘えられることの方が多くなるそうで、
「付き合ってるときは甘える側だったのに結婚すると
やっぱり旦那様のほうが無意識に頼り甘えてしまう」
ってことが多いみたいですね。

結婚したって女なんだから甘えたっていいでしょう!
ということで1つだけでも旦那様に甘えてみることで2人の時間を作る
きっかけになるそうです。喧嘩したときは仲直りのきっかけにもなりますね。
④一緒の部屋で寝る

これ実はとても大切なんだそうで、結婚してからすぐに別々の部屋で
寝ることが当たり前になってしまうと、一緒に寝ること自体に違和感を
持ってしまうようになるそうです。

始めの頃は寝言、いびき、寝相の悪さが気になるかもしれませんが、
実は夫婦一緒に入れる時間は日々数時間なのです。

同じベッドで寝ると、恋愛ホルモンのが増加し、
ストレスホルモンが低下することが科学的に証明されているそうです。

さらに、一緒のベッドなら寝る前の会話も増え、コミュニケーションもとれ、
ストレスや不安も解消することができるので、睡眠にいい効果をもたらします。

 

 

 

⑤褒める

なんでもいいです。一日最低でも一回褒めるんだそうです。
「今日もかっこいいね」「家事を手伝ってくれてありがとう」
など感謝や相手を褒める言葉をかけてください。

「男って単純よね~」ってよくおかまか、もしくは綺麗なお姉さんが
言っていますが、本当にそのとおりだそうで、褒められれば
喜んで仕事も家事の手伝いもしてくれることが多いそうです。

いやもはやこれは男女関係ないと思います。
褒められて嫌な思いする人はいないと思います。
旦那様も奥様をもっと褒めてーーーーー!!!

 

 

 

⑥お互いを諦めない

これは新婚のうちから癖付けるとよさそうです。
結婚前から気になっている相手の短所、結婚したらもっと許せなくなるそうです。
許せるどころか嫌いになるそうです。だからといってみないふり、
許したつもりは絶対にダメです!!!
「あなたのこういうところ、もっとこーしたら今よりステキなのに~」
などと褒めながら伝えるのがポイントだそうです。

もう本当に教育ですね(笑)
言葉、状況を変えて日々言い続けることによって
自分自身のストレスを減らす方法でもあるんです。

 
⑦喧嘩してもこれだけは絶対にしない!

例えば、喧嘩して「離婚する!」と言ったり、家を出て行ったり、、、。
好きなだけで結婚したわけではないと思います。色々な覚悟の上で
結婚を決意したんだと思います。

夫婦ケンカのたびに「離婚する!」と言ったり、家を出て行くような相手とは
心の信頼関係は上手く作れません。

相手を不安にさせるだけの行動や、これは絶対に言わない。やらない。
ということを新婚生活のうちに決めておくことが大切です。

 

 

 

いかがでしたか?2人で作り上げていく結婚式、結婚生活
夫婦円満の秘訣はたくさんあると思いますが、
お互いを思いやることと2人の時間を作ることがなにより
大事なんだと感じました。