ウエディンググローブの意味

 

こんにちは。フォトジェリッシュ新人のnatsuです。

 

 

ふと思ったのですが、花嫁の衣装といえばウェディングドレスのほかに
ベール、グローブがありますよね。
このグローブって一体何の役割をしていると思いますか?

 

 

 

 

。。。。日よけ?虫除け?

どうやらこのグローブ。持つ人によって意味が違ってくるようです。

 

 

 

 

[花嫁のグローブ]

 

 

 

4b2a6754

元々キリスト教は露出しない衣装がフォーマルとされていたようで
「露出を控える」というフォーマルな意味合いもありますが、

 

「無垢をあらわす」という意味もあるそうです。

 

白は無垢や純潔を表すと言いますよね!

 

結婚前の花嫁は無垢で汚れのない存在と考えられているので
グローブはそんな花嫁を守り、清めるためのものなんだそうです。
指輪交換の時にグローブをはずす理由は
「今からあなたのものになります」
という花嫁から花婿に向けての誓いの仕草でもあり、
花婿がこれからは私が花嫁を守りますという意味も含まれています。

 

シンプルに素敵です。

 

 

 

 

[花婿のグローブ]

 

 

 

470e
新郎は手にグローブははめずに手に持っていますよね。

 

花婿のグローブは手にはめるものではなく、
「花嫁を守る剣(つるぎ)」の象徴として持つんだそうです。

 

「これから一生をかけて右手に持った剣で花嫁を守ります」
という意味なんだそうです。

 

右手に剣、左手に盾を持っていたことから
「盾で新婦を守る」という意味で新婦は新郎の左側に
立つんだそうです。
どこかで花婿のグローブに意味はないと聞いたことが
あったのですが、きっちりありましたね。

 

 

 

[父親のグローブ]

 

 

0202%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

 

 

また、花嫁の父親もヴァージンロードを歩くときに
右手にグローブを持つのですが、理由は

 

「今まで大切な娘を守ってきた」

 

という意味があるそうです。
お父様のグローブにも意味があったとは。
こんなにも愛に溢れた意味があったにも関わらず私は
お父さんそもそも持ってたんだ。って思ってしまいました。。。

 

 

最近では、新婦がネイルを見せるために中指に輪っかをひっかけて指先を
出しているデザインのものなどもありますよね。
これはフィンガーレスというデザインなのですが、
そのほかにもショート丈~ロング丈で長さが分かれており、
生地もサテンやレースなど色々なものがあるので
グローブ一つとってみても楽しいですねっ!!!