ヴァージンロードの色

 

こんにちは!natsuです!

前にヴァージンロードのあれこれをご紹介しましたが、

最近は色んなヴァージンロードがあるみたいです。

あれ。定番って赤だっけ白だっけ??

という具合にあやふやな私ですが

イメージ的にはその二色かなぁ?ってとこです。

141e

 

.

実はキリスト教の宗派によって使われる色が違うそうで、

カトリック宗派のヴァージンロードは赤、緑。

プロスタント宗派は白が正式とされています。

.

赤は、血としてキリストの死と御受難(キリストが十字架にかけられたこと)、

殉教者(自ら信仰する宗教のために命を落とした信者)の炎を意味し、

婚姻は、カトリックの7秘蹟(それを行うことによって信仰を高めるための儀式)

1つで、結婚式も婚姻ミサで行われるため、

「聖霊の導き」という意味で赤。

.

白は、「輝きと命」「勝利と喜び」「純潔」「復活と永遠の命への希望」

という意味で白。

.

緑の絨毯には「希望」という意味が込められているそうです。

.

最近だと珍しくはないかもしれませんが青の絨毯にも

「果てしなく続く空や海のように永遠に続く愛」という

ステキな意味もあるんだとか。

 

.

昔、教会の床下には悪魔が潜んでいるといわれていたそうで、

結婚式では床に白い布を敷き、花嫁を悪魔から守ったそうです。

img_5816

.

 

最近では羽やお花、貝殻を撒いて浜辺風に♪

芝生やレース、ガラス張りのヴァージンロードなど、

ステキなアイデアがたくさんです♪

 

.

ヴァージンロードは色が変わるだけでも

チャペルの雰囲気やドレスの見え方なども変わるので

ぜひコンセプトに合わせたステキなヴァージンロードにしてくださいね♪