幸せになれる4つのおまじない♪サムシングフォー

こんにちは!natsuです!
先日のリングピローの記事で軽く触れた
幸せの4つのおまじない「サムシングフォー」

について本日は詳しくまとめてみました。

 
【サムシングフォー】

 

イギリスやアメリカを中心に親しまれている童謡の
「マザーグースの歌」の歌詞中の

 

なにかひとつ古いもの:Something Old
なにかひとつ新しいもの:Something New
なにかひとつ借りたもの:Something Borrowed
なにかひとつ青いもの:Something Blue

そして靴の中には6ペンス銀貨を

 

という歌詞に由来していて、4つの何か:Something を
結婚式で花嫁が身に着けると幸せになれるというおまじないです。

0165web

 
『なにかひとつ古いもの:Something Old』
新婦の先祖から続く幸せや富を象徴することから、
幸福な結婚生活が長く続くためのお守りという意味を持ち、
一族の幸せが続いてきた証として家々に伝わるジュエリーを
身に着けることです。
代々伝わるものがない方は母親や祖母が身に着けた
ウェディングドレスやベール、リボンなどを譲ってもらって
使用することが多いそうです。

 
『なにかひとつ新しいもの:Something New』

 

これから始まる新生活を象徴します。まっさらな気持ちで結婚生活に
臨む意味を込めて白色のアイテムを新調することです。

 

 

花嫁衣裳の一部である白いサテン製の上靴や長手袋などを
これに当てることが多いそうです。

 

 

 

 

『なにかひとつ借りたもの:Something Borrowed』
幸せな結婚生活を送る友人や隣人の持ち物を借りることで
その幸せにあやかるという意味があります。
一般的にハンカチやアクセサリーを借りて身に着けるそうです。

 

 

 

『なにかひとつ青いもの:Something Blue』
新婦の純潔を意味し、青は聖母マリアを表す清らかな色とされていたことから
白色が花嫁衣裳の定番になる前のウェディングカラーでした。
ブルーのアイテムを隠れたところに身に着けることで
新婦に対する忠誠を表します。
白いガーターに青いリボン飾りをつけたりするほかに
ネイル、リングピロー、下着、アクセサリー、ウェディングケーキに
さりげなくブルーのリボンを入れるなど
色々な方法があります。

 

 
そしてマザーグースの歌詞には実は5つ目の
おまじないがあるんです!

 

 

 

【6ペンス銀貨】

 

サムシング・フォーの由来となった歌の最後の歌詞

「そして靴の中には6ペンス銀貨を」
にも幸せのジンクスがあるんです。
それは「花嫁の左靴の中に6ペンス銀貨を入れて
結婚式を挙げると豊かで幸せな結婚生活を送ることができる」
というものです。
現在、6ペンス銀貨は通貨として使用されていませんが、
レプリカや別のシルバーコインを代用して
受け継がれています。

0069web

 
マザーグースが広まった時代と、攻略結婚から恋愛結婚へと
移り変わる時代が重なって、女性の幸せを願う意味が
込められたという説があるそうです。

 

 

日本ではまだあまり知られていないサムシング・フォーですが、
意味を知ってしまったからにはぜひしてほしい演出の1つです。