リングピローについて

 
こんにちは!natsuです!

 

突然ですが、リングピローって知っていますか?
結婚式でよく使われるもので、私から簡単に説明させていただきますと
指輪のベッドのようなものです。

 
今日はそのリングピローの由来と素敵な言い伝えを
ご紹介します。

 

 

 

【リングピロー】

 

「リング」の「ピロー(枕)」
結婚式で指輪を交換するときまで指輪を置いておくもので
挙式において絶対に必要な訳ではないのですが、
リングピローがあったほうがゲストからの
見栄えもいいと思います。

 

 

 

【リングピローの由来】
元々は古代エジプトで召使などが王や皇族方に宝石や
装飾品を枕状のものの上に置いて飾っていたことと

 

王や皇族に何かを渡すときに直接手渡しはせず
ピローにのせて渡していたこと、
ヨーロッパでは宝石などをクッションに乗せて運ぶ文化が
あることが由来しているそうです。

 

 
【言い伝え】

 

「結婚式に使ったリングピローを、生まれて来た赤ちゃんに3日間
ファーストピローとして使うとその赤ちゃんは健康かつ幸せに育つ」

 

という素敵な言い伝えがあるそうです。

084eweb
結婚式が終わってからも使い道があるんですね。
アクセサリー類を置いてもいいですね。

 
また、古代ヨーロッパでは、リボンや縄で自分達を1つに結ぶことが「約束」
を意味し、それが結婚を表現していたので、
リングピローに付いているリボンは「二人の愛を誓い、愛を約束する」
という意味が込められているんだとか。

web_6
現代の欧米では、結婚式でリングを運ぶ「リングベアラー」という役を
新郎新婦の親族内の10歳くらいの男の子が努め、花嫁と一緒に
入場して指輪を運ぶんだそうです。

 

このとき男の子がリングピローに乗せて運ぶ指輪は本物ではなく
模造品なんだそうです。

 

これは、キリスト教に「子供に高価なものを持たせてはならない」
という教えがあるからだそうで、本物の結婚指輪は
ベストマン(新郎の付き添い&世話をするアッシャーの代表の人。
新郎の友人や親族などのうち未婚の男性が務める)や、
メイドオブオナー(花嫁の付添人として世話をする、代表的な立場の未婚女性の友人のこと )
が持っていて、リングベアラーが模倣品の指輪を届けたところで、
彼らが本物に入れ替えるんだそうです。

 

 

 

幸せになれる結婚式の4つのおまじない
サムシングフォー(次回詳しく記事にしますね)という
花嫁が4つの何か(Something)を身に着けると幸せになれるという
おまじないの中に友人や隣人から持ち物を借りる
Something Borrowed(サムシング・ボロー :何かひとつ借りたもの)
というものがあるので、しあわせのおまじないとして
お友達からお借りするのもいいと思います。