指輪交換に込められた意味

こんにちは!natsuです!

涼しくなってきましたね!
秋です!まってたよ~~秋~~~~!
本日は結婚式のド定番!指輪交換についてです。

301
【はじまり】

歴史をたどると結婚指輪のはじまりは2000年以上前の
古代ローマ時代までさかのぼります。

 

 

はじめは結婚指輪という形ではなく契約の意味として「鉄のバンド」を
贈っていたそうで、これが指輪交換の始まりといわれています。

 
その後、「誓いのしるし」として鉄の指輪を贈るようになり、ここから
指輪が結婚というものに深く関わるようになってきたそうです。

 
実際に結婚の証としての指輪を贈ったとされるのは9世紀頃、
当時のローマ教皇ニコラウス1世が妻に指輪を贈ったことが始まりです。

 
これを期に、貴族たちが妻に指輪を贈るということが流行し、
その後一般にも広まっていきました。

 
当時の文献に、花婿は花嫁に「金の指輪を」、花嫁は花婿に「鉄の指輪を」
贈りあったという記述があるそうです。

 
円を成すリングは永遠の愛を象徴しているとされ、
11世紀頃のヨーロッパでキリスト教の結婚式にて指輪の交換をすることが
一般化していき、定着していきました。

 
日本では指輪をするという文化は江戸時代後期頃からあったのですが、
結婚指輪として夫婦がつけることが一般化したのは戦後の
高度経済成長期の頃と言われています。
意外と最近!!!!

 

 

今では指輪をしているかしていないかで既婚かどうか
見分けたりしますが、日本ではまだ浅い歴史だったんですね。

 

 

 

 

 

【リングの意味】
エジプトであるとかヨーロッパであるとか
色んな説があるようで、
先ほどもお話したように、リングは「永遠」を意味します。

 
リングの円が途切れることのない永遠の絆や愛情を表しているのです。
また、結婚指輪って左手にはめるという習慣のようなものが
ありますよね?これにも歴史があるそうです。

 
古代ギリシャでは左手薬指と心臓はつながっていると
考えられていたそうです。そこで、お互いの心と心を繋ぐという意味で、
左手の薬指にリングがはめられることになったんだそうです。

 
心臓は人間の心、すなわち感情を司る場所だと考えられていたのです。
この左手薬指の説は、古代エジプトにも残っているんです。

 

 
左手の薬指は「指輪の指」と決められていました。
この指を流れる静脈は「愛の血管」であり、心臓と繋がっていると
信じられていたそうです。

 

 
また、左手は「信頼」「服従」を表し、右手は「権力」「権威」とそれぞれの
「手」で象徴するものが変わってくるんだとか。

 
それぞれの指にも意味があり、
親指→右:リーダーシップ 左:信念

人差し指→右:集中力 左:積極性

中指→右:トラブル回避 左:協調性

薬指→右:感性を高める 左:愛と絆

小指→右:自己主張 左:チャンス

 

 

 

左手の「信頼」と「服従」そして薬指の「愛と絆」という意味から
結婚指輪をはめるのは左手の薬指が最適とされているという話も
あるそうです。

 

 

 

170eweb

 

 

 

私も最近、小指にはめるピンキーリングというものを
買おうかなと思っていたんですが、

 

これ以上自己主張激しくする必要はなさそうなので、
左手にはめようと思います。