ジューンブライドのメリットとデメリット

こんにちは!(^^)!natsuです!

6月に入りましたね。もう1年の半分過ぎたんだなと思うと

あっという間だなぁと感じます。

.

私もこのブログを書かせてもらうことになって

1年くらい経ったのかな。本当にあっという間です( ;∀;)

さて、6月といえば梅雨が来ますね。いやだなぁジメジメ。泣

138e

今年の関東の梅雨入りは
6
2日頃から613日の間頃くらいと予測させれているそうです。

梅雨入り梅雨明けの定義って知っていますか?

.

梅雨入りの定義は

晴天が2日以上続いた後梅雨前線の影響で、

前日と本日が雨で、その後1週間の天気予報が5日以上雨または曇り

の場合梅雨入りの発表がされるそうです。

.

梅雨明けの定義は

雨が2日以上続いていた後、梅雨前線が北上して、前日と本日が晴れ

さらに週間天気予報で5日以上が晴れ(または一部曇り)

の場合梅雨入りの発表がされるそうです。

.

何年か前まではハッキリと梅雨入り梅雨明け宣言をしていたそうなんですが、

この予想が大外れしたそうで、気象庁にクレームが殺到したそうなんです( ;∀;)

そこから宣言をすることは少なくなり「梅雨入り(開け)したとみられます。」と

あいまいな表現をするようになったんだとか!

.

6月といえばもうひとつ。

ジューンブライドが有名です(^^♪

前にも記事にしましたがこの【ジューンブライド、←クリックで記事に飛べます♡

のメリットとデメリットを今回はご紹介します♪

202e

.

まずはメリットから。

.

費用が安い

6月は日本では雨が多く結婚式場は閑散期に入るため

春や秋に比べると費用が安いそうです♪

式場によってはジューンブライドにちなんだ

オトクなプランがあったり、、

.

ちょうどいい気温

梅雨入り後だと湿気が目立つかもしれませんが、、

6月は春が過ぎ夏の手前なので気温はちょうどよく

梅雨入り前であれば暑くも寒くなくちょうどいい気温なので

過ごしやすくゲストの方も服装に迷う必要なしです♪

.

海外ウェディングにもピッタリ

6月は日本では旅行の繁盛記ではない為料金も比較的安く

海外ウェディングや新婚旅行におススメなシーズンなんです♪

さらに6月は人気のヨーロッパやハワイなどの気候も

ちょうどよくおススメです♪

.

続いてデメリットです。

.

雨が降る

やっぱり雨が多いので天気が一番のデメリットな気がします。

雨が降ればガーデンパーティーや野外演出が出来なくなってしまうので

屋根付きのガーデンなど雨が降ってしまった場合でも

対応できる会場がおススメです♪

.

雨の日は服装や髪型に困る

やはり雨は最大の敵です、、、。

会場に着くまでに髪型が湿気でやられてしまったり、

お洋服が濡れてしまったり、、、。

花嫁さんは雨が上がったとしても移動などで外に出る際に

ウェディングドレスが濡れてしまったり泥がついてしまったり、、、

純白のウェディングドレスが汚れてしまう場合もあるので

かなりの注意が必要です。

320

.

このように

梅雨入り前や海外ウェディングならかなりオトクですよね(^^♪

雨が降っても全然対処はできそうなので

6月の結婚式を検討中の方はぜひ

会場やプランナーさんとしっかりと相談をしてステキな結婚式に

してください♪