婚約指輪と結婚指輪の違いと、その意味や使い方について

 

 

 

こんにちは!

 

新人スタッフのnatsuです。

突然ですがみなさんは婚約指輪と結婚指輪の違い、って知っていますか?

私は未婚なもので、この2つは同じものだと思っていたのですが、

どうやらそれぞれの意味があるみたいです。

 

OSAKA_033web

 

まずは婚約指輪について。

エンゲージリングとも呼びますね。

 

 

男性から女性へ愛の誓いとして送る指輪

メインはダイヤモンドをあしらった豪華なタイプが多いようです。

 

プロポーズから入籍や結婚式までをメイン使いするものだそうです。

 

 

結婚式終わったら使わないの?と思いましたが

 

結婚式後は重ね付けで普段使いしたり

デートや式典などの際に活用する方が多いんだとか。

 

 

107web

 

 

 

 

結婚指輪

マリッジリングとも呼ばれています。

 

 

夫婦そろって結婚の証として左手の薬指につけます。

結婚式にリングピローっていう座布団みたいなやつに置いてあって、

指輪交換のときにお互いが付け合うやつですね。

 

 

結婚指輪は婚約指輪に比べて

仕事や普段の外出など普段使いするため婚約指輪より

シンプルなものが多いですが、

指輪の内側に刻印だけではなく誕生石やダイヤを埋め込む人もいるんだとか。

 

304e

 

 

結婚指輪は通常夫婦で2セット

婚約指輪は奥様用に1つという購入の仕方が一般的で

 

更に婚約指輪をもらった際には新婦から新郎へ1/3~半分ほどの価格のお返しを

するルールがあるんだそうです。

 

 

これははじめて知りました!!!

 

お返しといっても何をあげればいいんだろう。。。

 

 

 

大事なのは

「普段使えるものか」「長く使えるか」

だそうです。

 

 

 

定番は

・財布

・スーツ

・かばん

・ネクタイピン

・カフス

・時計

 

おススメは断然時計だそうで

一緒に時を刻むという意味でも結婚に関連していますね。

 

131web

 

期限としては結納や顔合わせのタイミングでお披露目できると

よいみたいです。

 

 

とはいえ簡単なプレゼントではないので

悩んでしまいますよね。

 

 

そんな方は結婚指輪を二人で買いに行くのと

同時に一緒に選んでもらってプレゼントすると

よいみたいです!

 

 

 

 

 

婚約指輪から結婚指輪の付け替えるタイミングは?

 

婚約指輪はほとんどの方が婚約時に二人で選んで購入します。

顔合わせや結納を行う場合はそのタイミングで婚約指輪をつけ始めます。

 

 

その後婚約指輪を挙式などの準備中に結婚指輪を購入します。

婚約指輪から結婚指輪に付け替えるのは結婚式当日からという方が多いようです。

 

170eweb

 

いかがでしたでしょうか。

結婚指輪と婚約指輪は別物でそれぞれの意味があるようですね。

 

 

 

女性にとっても男性にとっても結婚は一大イベントなので

指輪やお返しのプレゼントを選ぶのもワクワクしますよね!

 

 

私はまだそんなワクワクは未経験なのではやく

経験したいものです。。。

 

natsue