エンドロール・ムービーのチャンス

こんばんは。

フォトジェリッシュのフォトグラファーDAIです。

 

「結婚式って、ぼったくりみたいな金額ですよね」

ってたまに言われたりします。

そうですね、「結婚式価格」とか「お祝い価格」って単語が出来てしまうくらい、

通常と同じものでも「高く」して出しているところもあります。

 

私も過去にアルバム印刷をしているところと下記のようなやり取りをしたことがあります。

 

OSAKA_744web

 

DAI「これとこれ、中身は同じなのに、なんで金額が違うんですか?」

 

印刷屋「ブライダル価格です」

 

 

DAI「え、じゃあウェディングのアルバムだけど、

ウエディングじゃないって言ってこっちで発注したらどうなるんですか?」

 

印刷屋「えっと…それは出来なくないですが…結婚式の場合はこっちで発注してください」

 

DAI「同じものなんですよね?原価も工程も同じですよね」

 

印刷屋「そうですが。。。世の中にはお祝い価格ってものがあるように云々かんぬん」

 

DAI「じゃあ二人を祝うって意味で、安くしてあげたらいいんじゃないですか」

 

315e

 

こんな感じで話がつかなかったので、そこへの依頼は全て行わないことにしました。

 

結婚式価格っていうのは、通常よりも高く取ることではないんです、本当は。

じゃあ何かっていうと、写真屋と美容室からはじまった婚礼業界において、

結婚式にしか使わない特殊な技術やノウハウが存在し、

その技術に対する料金が「結婚式価格」の所以です。

 

366e

 

ちょっとお説教のようなウンチクになってしまいましたが、

今回のそんな技術の一つが撮って出し。

映画のスタッフロールのような映像から、

エンドロールと呼ばれることも多いです。

 

演出の一つですが、当日の挙式の様子を

披露宴の最後に間に合うように編集して放映する、

というものです。

CG_390

 

そこにはゲストの名前などが流れてくところが映画のエンディングのようで、

花嫁の手紙で一通り感動して、一日を振り返って宴を締める、

という流れも綺麗なので、人気の商品です。

 

 

通常の動画編集で、そこまで時間に追われることは少なく、

ザッとであってもここまで編集できるのは他にはない技術です。

 

先日、ザ ランドマーク スクエア トーキョーさんに持ち込みカメラマンとして

エンドロールムービーを撮影、作成、放映させていただきました。

※お客様には許可をいただいて公開しています。
この時もそうですが、実はこの商品はかなり大変…
当日のめまぐるしく流れる進行のなかで限られたシーンでカッコいいカットを撮影し、
空いた時間でパソコンに取り込んで編集を行う。
下準備としてお客様(ゲスト)のお名前を入力し、音楽をセットして、
あとはパーツをはめていけば完成するようになってはいるものの、
慣れていない会場では当日にならないとどういう画が撮れるかわからず、
下見をするものの、予定していた通りの絵が撮れる保証はなく、
いろんな条件が組み合わさって入れ替えたりしながら編集します。
結婚式エンドロールをやったことがない動画編集が本職の方に
「撮って出しの編集お願いします」
と言っても
「そんなリスク高いこと絶対にできない」
と断れるほど特殊な技術です。
だからこその「結婚式価格」です。
フォトジェリッシュのとってもオシャレなエンドロールは10万円(税別)。
実はこれ、2018年1月に30%も値上がります。
値上げ後は13万円(税別)。
ただし、写真とセットの料金はとってもお得になるプランもご用意しています。
いまがお得、エンドロール10万円はオススメです。
12月中までにお申し込みいただいたお客様は10万円でお請けします。
最後のチャンス!!