【初回の見積もりと最終見積もりの差額】

2016年2月第3土曜日、本日は雨模様の横浜。

ブライダル業界は比較的穏やかなシーズンを過ごしていることでしょう。

フォトウェディングに関しても、ちょっと寒いので人気は低いですが、

需要を集めたいからお得なキャンペーンを打ち出している会社も少なくありません。

 

4月や5月に挙式を行うカップルの多くは、

このシーズンに打ち合わせを行うことが多くあります。

初めて結婚式場に訪れたのは12月。4月半ばくらいに挙式日を確定し、

打ち合わせ開始は2月というのが多いパターンだと思います。

 

打ち合わせを開始するのが2ヶ月くらい前であることには

いくつか理由があるのはご存知でしょうか。

 

一部には夏休みの宿題を最後の1週間でスパートをかけるのと

同じような意味もあるのですが、

企業戦略としては

「挙式3ヶ月を切っていると、キャンセルが難しくなってくる」

というのが大きな理由です。

 

仮予約をした時点で、内金(10-30万円くらい)を収めます。

その際に、お客様(新郎新婦)と「この内金はキャンセルしても返金できない」という契約を結びます。

しかし、法律的にはキャンセル料金はあくまで営業損失を補うためであり、

3ヶ月以上前の施工に関しては営業損失は認められない、

という判例もあるため、

3ヶ月前までは寝かしておいて、そこから打ち合わせを行うという形式にしているのです。

 

また、親族にも招待状で案内を行っているので、

なおキャンセルしづらい状況というわけです。

 

では、なぜそのような状況にしなければならないのでしょうか。

理由は、初回の見積もりよりも金額が膨れていくからです。

 

「初回の見積もりで230万円と言われたのに、終わってみたら350万円くらいかかった」

「最初は300万円切っていたのに、最終的に600万円以上かかった」

というのは、

先輩カップルからよく聞く話です。

 

普通、見積もりから請求までの間に2倍以上に見積もりが膨れ上がることなど、

聞いたことがありません。ましては数百万円単位で。

そんな会社があったら、二度と取引は行いませんが、

「結婚式場の場合は二度目の利用はないから」でしょうか。

 

もし、最初に接した営業担当者(ウェディングプランナー)が

「あとでお客様の要望を叶えるために費用がかかった」

というのであれば、初見でのヒアリング不足、想像力不足は明らかです。

 

本当に優秀な営業担当者(ウエディングプランナー)であれば、

お客様の要望を想定し、初回の見積もりに入れておき、

「あとはご予算に応じて相談していきましょう」

というのが本質でしょう。

 

ただ、現代の日本人の20-30代の多くは、

ネットなどで「安い」ところを探してきて依頼したがります。

まずはお二人とプランナーとの信頼関係が構築できていないからそうなる。

そして、その「安さ」に応えようとする業者が多く存在してしまうのも事実です。

 

結果として、質を下げたサービスを展開せざるを得なくなり、

軽井沢のバスツアーのような事故が起きてしまうのです。

 

安くすることは悪いことではありませんが、

あまり安さばかり追い求めても、そこには何も残らないということも

みなさんに知っていただきたい。

 

だから、結婚式場が出す「初回の見積もり」の金額で

結婚式場を選ぶことはやめて、

まずは無料で相談に乗っているフォトジェリッシュや

同じく横浜元町で無料相談(セカンドオピニオンサービス)を行っている

ウェディングエージェンシーさんに(http://www.wedding-agency.jp/)

相談に行くことをオススメします。