前撮り後撮りのメリット・デメリット

こんにちは!natsuです!

この前の「結婚式の持ち込み裏話」の記事で
散々自分の成人式での前撮り失敗談を愚痴っていた私ですが
本日は結婚式での前撮りor後撮りのメリット・デメリットと
スタジオ撮影orロケーション撮影でのメリット・デメリットです。
どちらも共通するメリットは
・結婚式では着られないドレスが着られること
・時間に追われずゆっくりと撮影できる

たしかにドレスを何パターンも着れるって、特に女性にとっては嬉しいですよね。
[前撮りのメリット]

・撮影した写真を結婚式、披露宴当日に使える
ウェルカムボードやプログラムに前撮りで撮影された写真を
使用することが出来ます。

 

・結婚式はドレスで、前撮りや後撮りは和装などの衣装チェンジが可能

 

・前撮りは結婚のリハーサルとして、当日着る予定のドレスや
髪型を実際にしてみて調整できる
これなら自分の気に入る髪形やドレスを見つけることが出来るので
本番の結婚式では最高の髪型、ドレスで臨めますね。

 

 

 

[後撮りのメリット]

・後撮りは式が終わってからなので違う衣装に替えたり、髪形を変えたり、
やり残したことをすることができる

 

・新婚旅行先での撮影が出来る
ハネムーン中のリゾート地などで撮影することができます。

 

 

 

[前撮り・後撮り共通のデメリット]

 

デメリットは共通して費用が別撮り分余計にかかるということ。

 

別撮りで発生する主な費用
・カメラマンの撮影料(交通費なども含む)
・スタジオなどのレンタル料
・ドレスのレンタル代
・ヘアメイク、メイク
・着付け代
・そこに行くまでの交通費
・写真のアルバム制作費
基本的に教会や披露宴会場で撮る結婚式当日写真とは別に
前撮りや後撮りでは場所の希望もかなえられるのもメリットです。

 

160401web_11

 

スタジオ撮りorロケーション撮り

 

 

[スタジオ撮影のメリット]

 

・季節、天候に左右されないのでどの季節、天気でも
予定通り撮影することが出来る

 

忙しい新郎新婦や、別撮りで遠方から家族を招いて撮影する場合は
大きなメリットになるのでおススメです。

 

・スタジオ撮りはは照明器具が完備されています。
写真の良し悪しを大きく左右するのが光ですよね
カメラマンもその場所での撮影に慣れているので、
より質の高い写真が上がってくる可能性が高まります。

 

 

 

[スタジオ撮影のデメリット]

 

・基本的に屋内になるので変化のない写真になるリスクがある
スタジオは屋内なのでやはりバリエーションが少ないです。

 

kamidaishi

 

続いてロケーション撮影のメリットデメリットです。
[ロケーション撮影のメリット]

 

・二人の思い出の場所で撮影できる
ロケーション撮影は基本的に場所は自由に選べますので、
二人の思い出の場所、初デートの場所、海外など自分達らしい
写真を残すことが出来ます。

 

また、海バックや森バック、昼間、夕方、車や建物
などたくさんのバリエーションで撮影することが出来ます。
[ロケーション撮影のデメリット]

 

・天候に左右されてしまう
予定していた日に大雨や曇ってしまった場合は
満足行く写真が撮れない可能性もあります。

 

事前に分かっていれば変更は可能ですが
突然の雨などはなかなか避けられないので
天気運とテルテル坊主が必要になってきますね。
・海外や遠方に出向く場合は写真+渡航費などの費用が発生する
それが撮影日をはるかに超える場合もあるのでハネムーンと同時に
撮影することで一度に済ませるなどの工夫をされる方が多いようです。

312

 

 

費用はどうしても発生してしまいますが、
私はjellishの素敵過ぎる前撮り、後撮りをたくさん
見ているので、絶対にしたいです!

 

一生の思い出に残る物が最高の物になるのであれば
高くはないかなと思いました。