結婚式で人気の○○シャワー10選

先日、「ブーケトスをしない、という選択肢」では、

私がお花が大好きというお話をしましたが、

ブーケトスの他にフラワーシャワーという演出もありました。

花びらを新郎新婦に向かっておめでと~!と投げる

あのかわいくて幸せな演出です。

 _DSC7880

そのフラワーシャワーですが、どうやら投げるのは花びらだけではないようです。

【フラワーシャワー】

まずはド定番のフラワーシャワーの由来から。

結婚式で挙式が終わった後新郎新婦がヴァージンロードを歩いて

退場する際にゲストからの祝福の声と一緒に花びらを下から上へ

投げるもので花の香りで辺りを清め、悪魔や災難から2人を守り、

幸せを祈るという意味があるそうです。

見た目だけでなく香りもいいですよね。

【ライスシャワー】

こちらは知っている人も多いかと思います。

お米を新郎新婦に投げるもので実はこのライスシャワーが

○○シャワーの起源となったもので、ローマ時代から行われているそうです。

「二人が食べ物に困らないように」

「お米のようにたくさんの子供(実)が出来るように」という意味が

込められているようです。

愛情がこもった素敵な願いが込められていますね。

0337web

【リボンシャワー】

リボンを結んだものを新郎新婦に投げるもので

リボンは軽くて薄いものを選ぶと宙に浮いている時間が長く

写真映えするようです。

最近は100円ショップなどでもカラフルなリボンが

沢山売っていますよね。コスパもよさそうです。

【バブルシャワー】

シャボン玉を新郎新婦に向かって飛ばすもので、人気なんだとか。

何より空中に浮いたシャボン玉は太陽の光に照らされて

キラキラと光ってきれいですよね。

写真映えもよさそうですし、小さいお子さんも喜んでくれそうですね。

【パールシャワー】

パールとレースを使ったもので、パールをレースで包み、

テルテル坊主のような形にして新郎新婦に向かって投げるそうです。

こちらも簡単に作れるのに見た目がすごくかわいいです。

【スターシャワー】

折り紙や金銀の折紙を星型に切ったものを使うそうで、

市販のものでも売っているそうです。

折り紙だとカラフルに色々な色が作れて可愛いですよね。

市販でも売っているのもうれしいです。

257

【グリッターシャワー】

きらきらかがやくグリッターシャワー。

小さな粒なので綺麗に舞い、そして持っている姿が

キラキラと輝きとても幻想的なんだとか。

髪などにについてしまったとしてもキラキラでかわいいですよね。

【紙ふぶきシャワー】

こちらもよく見ますよね!

飛んでいる時間が長いのと、オリジナルの形に出来るのが

人気の理由なんだそうです。

紙ふぶきも和装の神前結婚式には

折り紙などを使って簡単にかわいく作ることが出来ると思います。

【リボンワイズ】

こちらはシャワーとは異なりますが、ゲストがリボンのついた棒を持ち

横でひらひらと振る形になります。

物を投げるわけではないので散らからずに祝福することができますね。

【折り鶴シャワー】

こちらは和婚にはぴったりの演出です。

折り鶴は日本でも縁起物なので喜ばれそうですね。

最近では和柄の折り紙なども売っているので

和柄の折鶴も可愛いと思います。

【ポンポンシャワー】

小さなポンポンがとってもかわいいです。糸で作ってあるポンポンなのですが、

見た目もかわいく、飛んでいる時間は短いのですが、

地面に落ちてからも非常に絵になるそうで人気だそうです。

こちらも百円ショップなどで簡単に可愛いものが

手に入るそうなので、おすすめです。

いかがでしたか?フラワーシャワーが定番だと思っていましたが

最近では様々な○○シャワーがあるみたいですね!

可愛くて簡単に出来るものが多いので例えば、グリッターシャワーとフラワーシャワー

など2つを組み合わせてみてもいいかもしれないですね。

ウエディンググローブの意味

 

こんにちは。フォトジェリッシュ新人のnatsuです。

 

 

ふと思ったのですが、花嫁の衣装といえばウェディングドレスのほかに
ベール、グローブがありますよね。
このグローブって一体何の役割をしていると思いますか?

 

 

 

 

。。。。日よけ?虫除け?

どうやらこのグローブ。持つ人によって意味が違ってくるようです。

 

 

 

 

[花嫁のグローブ]

 

 

 

4b2a6754

元々キリスト教は露出しない衣装がフォーマルとされていたようで
「露出を控える」というフォーマルな意味合いもありますが、

 

「無垢をあらわす」という意味もあるそうです。

 

白は無垢や純潔を表すと言いますよね!

 

結婚前の花嫁は無垢で汚れのない存在と考えられているので
グローブはそんな花嫁を守り、清めるためのものなんだそうです。
指輪交換の時にグローブをはずす理由は
「今からあなたのものになります」
という花嫁から花婿に向けての誓いの仕草でもあり、
花婿がこれからは私が花嫁を守りますという意味も含まれています。

 

シンプルに素敵です。

 

 

 

 

[花婿のグローブ]

 

 

 

470e
新郎は手にグローブははめずに手に持っていますよね。

 

花婿のグローブは手にはめるものではなく、
「花嫁を守る剣(つるぎ)」の象徴として持つんだそうです。

 

「これから一生をかけて右手に持った剣で花嫁を守ります」
という意味なんだそうです。

 

右手に剣、左手に盾を持っていたことから
「盾で新婦を守る」という意味で新婦は新郎の左側に
立つんだそうです。
どこかで花婿のグローブに意味はないと聞いたことが
あったのですが、きっちりありましたね。

 

 

 

[父親のグローブ]

 

 

0202%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

 

 

また、花嫁の父親もヴァージンロードを歩くときに
右手にグローブを持つのですが、理由は

 

「今まで大切な娘を守ってきた」

 

という意味があるそうです。
お父様のグローブにも意味があったとは。
こんなにも愛に溢れた意味があったにも関わらず私は
お父さんそもそも持ってたんだ。って思ってしまいました。。。

 

 

最近では、新婦がネイルを見せるために中指に輪っかをひっかけて指先を
出しているデザインのものなどもありますよね。
これはフィンガーレスというデザインなのですが、
そのほかにもショート丈~ロング丈で長さが分かれており、
生地もサテンやレースなど色々なものがあるので
グローブ一つとってみても楽しいですねっ!!!

 

8月〜9月のキャンペーンのお知らせ①

こんにちは!Photo Jellish 衣装担当、山浦ですm(_ _)m

いや〜、暑いですね!台風の影響で薄ら寒い日々から一転、横浜は真夏の暑さに戻りましたね!

暑い暑いと言いながらも、秋になってしまうのはやっぱり心細いので(まだ夏休み前だし)もう少し暑さを満喫したいところです。

 

さて、そんな8月〜9月のおトク情報についてご案内してまいります♪

①スタジオフォト エコノミープランのご紹介

②穴場!木陰でロケーション撮影

③知ってた?前撮りロケーションプランと挙式当日撮影をご依頼いただくと割引になるんだってよ!

という3本だてでお伝えしてまいります。どうか途中で息絶えないよう応援よろしくお願いいたします。。。

 

それではまず、本日お伝えしたいのはコチラ↓↓↓

①スタジオフォト エコノミープラン

もうね、冒頭から暑い暑いと連発している今日この頃です。

この真夏の炎天下でロケーション撮影はちょっと・・・というカップルさまも多いはず。

これはね、実際に経験すると本当に暑いです。

横浜の撮影スポットで人気の大さん橋では、どんなに午前中早い時間から撮影しても、こんな感じになります笑

20731023_1407082449374234_751354643_n

フォトグラファー DAIのシャツの色が・・・お判りいただけますか?そして撮影しているご新郎さま・・・ベストとジャケットを着用されています(途中でジャケットを脱いで手に持ったりもします)。

 

が、しかし暑い!!

 

くじらのせなか(大さん橋のデッキの事をそう呼びます)って、フライパンと同義語だったんだね。と思い知らされるわけです。

でもでも、結婚式のウェルカムボード用にドレス&タキシードの写真が欲しいんだーっ!!というカップルさまにオススメのプランが登場です。

「それはね、室内でエアコンの効いたスタジオで撮影するっていう方法さ!」

スタジオ撮影エコノミープラン2

しかもこちらのエコノミープランは

○新郎新婦衣装レンタル(グレードアップ料金なし、サイズのご用意がない場合はお取り寄せ料金が掛かります)

○新婦ヘアセット

○撮影データ1カット

がついて、なんと¥10,800(税込)!!

ぜひぜひご検討ください。

なお、9月30日までに撮影させていただける方が対象となります。お早めにお問い合わせくださませ♡

もちろん、スタジオプランは他にもございます。コチラからどうぞ〜

8月〜9月のキャンペーン第1弾、Photo Jellish衣装担当の山浦がお伝えいたしました(^ ^)/

ヴァージンロードに関するあれこれ

◯◯っ子ってありますよね。

私は小さい頃からお父さんっ子で、いまだに
結婚するならパパみたいな人!!と決めています。

 

こんにちは、フォトジェリッシュ新人のnatsuです。

 

よく「結婚するときパパ泣いちゃいそうだね」と言われるのですが
それよりも先に私が泣くと思います。

 

静かに泣くことが出来ないのできっと大泣きです。
考えただけで恐ろしいです。
結婚・父親といえばヴァージンロードを連想させますよね。

 

結婚式で花嫁とその父親が一本の道の上を共に
歩いて新郎のところへ行くアレです。結婚式の定番ですよね。

 

ohnuma-(10)

 

 

ヴァージンロードについて、詳しく調べてみると
深すぎて全私がスタンディングオベーションしました。
[ヴァージンロードは和製英語]

日本ではヴァージンロードと呼びますが和製英語なので
欧米では通じず、「ウェディングロード」または「アイル(花嫁のための通路)」
と呼ぶそうです。

日本では花嫁は無垢であるべきと考えられていたことから
「ヴァージンロード」と呼ぶようになったそうで、日本の結婚式業界が名付けたんだそうです。

 

0191%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

 

[花嫁を悪魔から守るという言い伝え]

昔、教会の床下に悪魔が潜んでいると信じられていたそうで、
結婚式では床に白い布を敷き、花嫁を床下の悪魔から守ったそうです。
キリスト教の結婚式において、カトリックでは赤い絨毯(もうせん)、
プロスタントでは白い布が敷かれるそうですが、
最近ではお花や貝殻を敷いて道を作ったりと色々なヴァージンロードが
あるようです。
[ヴァージンロードは花嫁の人生]

ヴァージンロードは花嫁の人生を表しているといわれ、
チャペルの扉が開くという事は、花嫁の誕生を意味しているそうです。

その為、チャペルの扉が開く前、花嫁は母親のおなかにいる状態
を表しているそうです。

web_6

 

 

[母親からのベールダウン]

ベールダウンとは挙式の直前に花嫁のウェディングベールのことをいい、
母親が降ろして送り出す儀式です。

このベールには花嫁を邪悪なものから守る「魔よけ」の意味が込められており、
そのベールを顔の前へ降ろすことで

「これまで長い間、愛情と優しさを持って
あなたを守ってきましたが、今日からはあなたが選んだ最愛の人
とともにしあわせな人生を歩んでください」
という親の思いを表現するそうです。
そして、花嫁を一生愛し守ることを誓った花婿だけが
両親に代わってそのベールを上げることができるんだそうです。

その瞬間から花嫁は母親のおなかの中~0歳に戻ることを意味しており、
扉が開き、父親と腕を組んで歩き出す瞬間は誕生、人生の始まりを
意味しているそうです。

 

 

0178%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

 

 

[ヴァージンロードは花嫁が歩んできた過去を表す]

バージンロードは生まれてから大人になるまでの道のりを意味します。
つまりバージンロードは、人生を表し、幼い頃から大きくなるまでの
思い出を振り返りながらゆっくりと一歩一歩新郎の所まで歩いていく
という意味があるそうです。
[ゆっくり歩く理由]

また、ゆっくりと歩くことにも意味があるそうで

最初の一歩は誕生を意味し、片足を出しては両足をそろえ、一歩出してはそろえるという
特徴ある歩き方にはドレスの裾を踏まないように歩く為だけでなく、
赤ちゃんのよちよち歩きを表現したものといわれているそうです。

だから、父親に手をとってもらいながら進むのですね。

よちよち歩きだった赤ちゃんが1歩踏み出すごとに1歳成長していきます。

 

新婦が生まれた日
初めてハイハイした日
初めて立った日
などなど、愛する家族と過ごしてきたその一瞬一瞬を
生まれてから一番長くそばにいた男性、つまり父親とその道を
一歩一歩踏みしめながら歩きます。

176e

この時点で泣きそう。

 

そして花嫁の人生のヴァージンロードの最後にいるのは
愛する新郎です。

 

 

0231t

 

 

父親から託され、手を取り合うことから
新しい未来が始まります。
入場時のヴァージンロードは
「神の前で二人が出会うための道」

 

 

 

 

退場時のヴァージンロードは
「新しい人生の第一歩を踏み出す道」
退場するときは、「新しい人生の第一歩を踏み出す道」という意味なんだそうです。

 

0291%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0
ヴァージンロードにこんなにもたくさんの
意味が込められているとは。。。
これはもうみんなに知ってほしい!!!とウズウズしています。
絶対に知っているのと知らないのとでは気持ちの
入り方も全然違うと思います。
ちなみに、ヴァージンロードを一緒に歩く人に制限はないので
父親に限らず両親と歩いても、
祖母・祖父、兄弟、お友達や恩師でも
大好きな人であれば大丈夫だそうですよ。

 

『ナイトローケーション・フォト』はじめました

こんにちは、フォトジェリッシュのフォトグラファーDAIです。

 

今日はみなさんにお知らせです。

 

フォトジェリッシュでは、これから結婚をする新郎新婦の方々に

新しい形で写真を提供させていただくことをはじめました。

 

それは、タイトルの通り「ナイトロケーションフォト」です。

 

どんなものかというと、夜のフォトウェディングのプランです。

 

初めて聞くと「えっ?下ネタですか?」と思っちゃう人もいるかもしれません。

いいえ、超絶マジメでカッコいい、オシャレな写真です。

 

IMG_4886eweb

 

 

こんな感じ。

 

今回はお試しだったので、ウェディングドレスではないし、カップルでもないのですが、

(DAIの個人的なお友達です 笑)

夕方から夜にかけてのドラマティックでめちゃめちゃキレイな写真なんです。

 

 

この日はまだ時間帯が早い、街から近かった、雲が多かったなどの理由で、

満天の星空というわけにはいきませんでしたが、

晴れた日、街の光が少ない場所かつ、もう少し遅い時間帯で撮影なら

最高の星空を背景にフォトウエディングが撮影できちゃいますね!

 

IMG_4850eweb

 

それで「ここはどこだよ?」って聞きたくなると思うのですが、

(え?思わなくても続きを読んでください 笑)

実はこれ、石川県金沢市からほど近い海水浴場。

 

IMG_4811eweb IMG_4893eweb

 

石川県って日本でも珍しい”海に夕陽が沈む”地域なんですね。

“裏日本”なんて言われ方もしますが、

太平洋側ではほぼ見ることができない、こんなステキなロケーションが望めるなんて、

なんてラッキーなんでしょう!!

 

食べ物も美味しいしね。

 

さてさて、フォトジェリッシュでは近く、月に一度くらい金沢に来て、

ナイトロケーションを撮影するイベントを作ります。

IMG_4895eweb

もちろん!!

ウエディングロケーション撮影としても承りますよ♩

 

詳しくは近日中に公開しますので、

気になる方はHP、もしくはFacebookページをマメにチェック!!

HP → http://photo-jellish.jp/

Facebook → https://www.facebook.com/photojellish/

 

IMG_4844eweb

 

結婚式の引き出物について

結婚式の引き出物

8月に突入しましたね!

世の中には夏が来た!!!!海!プール!!!お酒~!!!
というタイプの人間と、夏が来た。。。帰りたい!帰りたい!帰りたい!

というタイプの人間に分かれると思いますが私は後者です。

こんにちは、フォトジェリッシュ新人のnatsuです。

クーラーをガンガンにかけた部屋で毛布にくるまりながら
食べるアイスは最高ですが、チョコレート系のアイスは2日連続で
食べると吹き出物が出来ます。

20歳超えるとニキビではなく吹き出物と呼ぶそうです。

本日は結婚式での引き出物についてです。
結婚式に行くとお土産にもらえるアレです。

lead_img

新郎新婦が結婚披露宴の出席者におもてなしや感謝の気持ちを
込めて贈る物で元々はおみやげという意味だったそうですが、
最近ではお返しや幸せのおすそ分けという意味合いが強くなっているそうです。

0341e

【引き出物のはじまり】

引き出物とは、平安時代に宴を開いた貴族がその成功を喜んで、主催者が庭に馬を
「引き出して」宴会に招いたお客様に贈ったことが由来だそうです。
宴会に招いたお客様のお土産なので参加者にはどのような人でも同じものを
取りそろえていたそうです。

お土産が馬ってすごいですね。お土産に馬を連れて来られたらびっくり仰天です。
4.5回行けば家で乗馬クラブが作れそうです。乗馬も上手くなると思いますよ。馬だけに。

引き出物は時代とともに変化していきます。

しばらくすると馬に変わって「馬代(うましろ) 」(タクシー代)として金品を
渡すようになり、のちに結婚披露宴での料理の一部を引き出物として
持ち帰ってもらうようになりました。

結婚式が時代とともに華やかになるにつれて引き出物も「披露宴の記念品」という
意味合いに変わっていったそうです。

最近だと焼き菓子、食器、お茶など日持ちする食品やカタログギフト

などが定番だそうです。

OSAKA_011web

もらってうれしかったものとしては

・カタログギフト
・タオル
・キッチン用品やバスグッズ
・普段買えないような有名お菓子店のお菓子詰め合わせ

などなど家で使いやすくいくつあっても困らないような
物が多いですね。

私もケーキの形に折られたハンドタオルを引き出物で
頂いたことがありますが、とても可愛くてうれしかったです。

もらってがっかりしたものとしては

・新郎新婦の名前入りアイテム
・食器類
・写真立てや小物入れなどのインテリアアイテム

新郎新婦の名前入りアイテムは使いづらいけれど
処分にも困るという意見が多くありました。

確かに飾るのも少しおかしな気がしますし、
処分するのは気が引けますね。

食器類は重いので持ち帰るのが大変という意見があったのですが
最近では宅配してくれるサービスなどもあるそうですよ。

インテリアについては、趣味が合わなかったりする場合使わないことが
多いとの意見がありました。

まとめるとやはり暮らしの中で手軽につかえるものが
一番喜ばれるようです。
シンプルイズベストです。

引き出物は幸せのおすそ分けともいえるので
せっかくなら喜んでいただけるものがいいですよね。

ブーケトスをしない、という選択肢

 

こんにちは!私はお花が大好きなのですが結婚式の写真を見ていると

カラフルなブーケや飾りがたくさんあって見ていて楽しいです。

 

結婚式でのお花といえば、ブーケトスを一番に思い浮かべたのですが、

実はわたし、ブーケトス未経験なんですよね。

 

ブーケトスとは

挙式を終えた花嫁が後ろ向きで未婚女性ゲストに向けて頭上を超えるように

ブーケを投げる演出です。

運よくブーケをキャッチした女性が次の花嫁になれると言われており、

「幸せのバトンタッチ」という意味が込められています。

絶対にゲットしたいですよね。

 

【ブーケトスの由来】

ブーケトスの由来は諸説ありますが、14世紀頃のイギリスの風習で結婚式の参列者たちが

祝福にあやかりたいと、花嫁のドレスを引っ張ったり、

ブーケの花や小物を取ったりしたそうです。

花嫁に襲い掛かる女性に大変危険な状態になることもあったようで、

その予防策としてブーケを投げるようになったといわれているそうです。

、、、、怖すぎます。落ち着いてください。
0249e

 

とはいえ今では結婚式の定番になっていますよね。

 

しかし最近、結婚式にブーケトスをしない新婦さんが増えているそうです。

どうして??と思ったのですが、このブーケトス、賛否が別れるようで、

ここ10年くらいで、価値観や女性の生き方などが変わってきているので

花嫁になるという希望が見出せないと考える人や、「ガツガツしていると思われたくない」

「全員に見られているという必死さがイヤ」 「男性に取りに行くところを見られたくない」

「未婚女性!と晒し者にされている気がしていやだ」という女性が多いようです。

 

確かに言われて見れば、実は欲しいほしいと思っていても

周りの目を気にしてしまいあまり前に出れないと思う人もいると思います。(私です。)

 

ということから最近の結婚式では

ブーケが投げられても目で追っているだけで取りに行かない人が多く、

そのままブーケが地面に落下してしまうこともあるそうです。

 

なので、ブーケから出るたくさんの紐の一つだけ正解を付けて、

みんなでそのリボンを引っ張る、ブーケプルズが多いようです。

0391e

 

人目を気にする人が多いようですね。分かります。

とはいえ新婦側からしたらショックですよね。。。

せっかくのブーケトスでそんなことにならない為にも

少々お酒の力を借りてしまいましょう。笑

 

また最近では、ブーケトスの代わりに様々なものが

投げられているようです。

・ぬいぐるみ

持っているだけでかわいく、写真映えも抜群ですね。

・キャンディブーケ

チュッパチャップスなどのお菓子を造花、包装紙、リボンなどで手作りできて

こちらも可愛くて写真映え最高です。

・お菓子

トスというよりはお菓子シャワーというみたいです。

たくさんのお菓子を投げるので全員がゲットできますね。

・ブロッコリー

もはや可愛いとかではなく野菜ですが、ブロッコリーは成長すると子房ができるので

「子孫繁栄」という意味があるそうです。

 

 

こちらは新郎が未婚の男性に向けて投げられるパターンが多いようです。

マヨネーズ付だそうです。その場で食べるんでしょうか。

色々なブーケトスがあるようですね。

ブーケトスには「幸せのおすそ分け」

という意味もあるそうなのでブーケに限らずキャンディや

ブロッコリーをトスして幸せをおすそ分けして見るのもいいですね!

ウェディングドレスが真っ白なのはなぜ?

こんなにも夏の強い日差しが降り注いでいるにも関わらず、

私はインドア派なので肌が真っ白です。白といえばウェディングドレスですよね。(無理矢理)

そもそもいつから?なぜ結婚=白いウエディングドレスなんでしょう?

ということを調べてみました。

0187%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

【キッカケはヴィクトリア女王

ウェディングドレスの起源はヨーロッパの帝国時代。

元々ウエディングドレスという概念はキリスト教の普及とともに広がったものだそうです。

赤や青、緑などの鮮やかな色が多く、絹やベルベットの布地に

金や銀の糸で家紋の刺繍がほどこされているような豪華なものが多く、

16世紀末~20世紀末には黒などの暗色が多く着用されていたようです。

イメージはプリンセスが着ているようなおなかがキュッと締まっていてふわっと

下に向かって広がっている豪華なドレスです!!

150

白いウェディングドレスが流行になったのは19世紀のヴィクトリア女王

の結婚式がきっかけだそうで、白いシルクのドレスに白いレースのベール、

頭にはオレンジ色の花が飾られていたそうです。

これが報道されることによって人気が出て、一般的に普及していったそうです。

白は「純潔」「純真」「無垢」といった意味合いがあり、花嫁はヴァージンであることが

求められていたこの時代には絶対的な支持を得やすいものだったようです。

白色に込められた「純潔」「純真」「無垢」は あなた色に染まります。

という意味が込められているんだとか。

なんだかステキですね。言ってみたいものです。照れますね。はずかしー!!!

IMG_2070e

もともと日本では白の衣装は死の装束を意味し、

日本の白無垢には「生まれ変わり」 「嫁ぎ先の色に染まる」といった意味合いがあるそうで、

和装の花嫁が白の衣装を着るのは、生家の娘として生まれた命は死を遂げ、

婚家の嫁として新たに誕生するといった意味合いがあるそうです。

【日本でのウェディングドレスの普及はいつごろ?

記録に残っている一番古いものでは、明治のはじめごろに、

外国人男性と結婚した女性が長崎で初めてウェディングドレスを着て結婚式を挙げ、

その後は、ごく少数の著名人が輸入物のドレスで様式の結婚式を挙げる程度だったそうです。

ウェディングドレスが本格的に普及していったのは1960年代以降だそうです。

やがて生活様式の洋風化にともなって、洋装文化が浸透し、

結婚式の衣装も高価な和装よりも価格が安く着用しやすい

洋装のウェディングドレスが普及されるようになったんだとか。

ちなみにこの時期はあの有名な三億円事件や、サザエさんの放送が始まったころです。

1932年生まれのウェディングドレスデザイナーとして有名な桂由美さんが

「私が日本にウェディングドレスを持ち込んだ」

とおっしゃっておられましたが、持ち込んだというより流行らせたって感じですかね。

160401web_3

【黒のウェディングドレス】

最近では黒のウェディングドレスを着る人もいるそうです。

黒は締まって見えますしスタイルがよく見えたりするので人気ですが

黒のウェディングドレスと聞くと意外性がありますよね。

しかし、ポルトガルの花嫁衣裳は黒が一般的だったそうですよ。

調べてみると批判が多い気もしましたが、

黒は格式の高い色だし別にいいのではないか。

ゴシックでかわいい。という意見もありました。

ですがやはりどうしてもウェディングドレスは白!!という固定概念があるようで

万人受けは難しそうです。。。

ですが結婚式は一生の思い出に残るものなので

自分の好きな色を着るのがいいと私は思います。

黒や暗色を着る場合は

黒単色だとどうしても暗く見えてしまいがちなので

アクセサリーなどで華やかさを出したりしてもいいかもしれないですね!