【横浜でロケーションフォト】

横浜といえば、歴史的建造物が数多く存在する町並みが印象的ですよね。

 

国の重要文化財に指定されている開港記念会館(旧開港記念横浜会館)や

県立歴史博物館(旧・横浜正金銀行)をはじめとする、

観光名所にもなっている赤レンガ倉庫が有名ですね。

その他にも、ぜんぶで91もの横浜市認定歴史的建造物が存在しています。

 

なかでも第二次世界大戦より前から営業していて、

かつそのままの建物を使用しているホテル・ニューグランドは、

あのマッカーサー元帥も泊まったという歴史あるホテルです。

また、日本最古のホテルといわれる日光金谷ホテルや、

ジョン・レノンが愛したという軽井沢万平ホテルなどと並んで、

由緒ある日本を代表するクラシックホテルの一つとして、横浜に存在しています。

 

 

横浜には、そういった古き良きを残すことで、歴史を積み重ねていく。

それが赤レンガ倉庫や開港記念会館、山手西洋館などの景観を守っていますね。

 

 

 

1007web

 

今回のおふたりは、昨年2016年8月にそのニューグランドで挙式をされた新婚さん。

そんなお二人からご指名いただけたスペシャルなフォトグラファーは幸せいっぱいです。

 

 

1002web

 

新婦様もかわいらしいのですが、とっても恥ずかしがり屋さん。

その分、新郎様が実に爽やかで人当たりが良くて、

新婦さんの緊張をほぐすようにいつもジョーダンを言ってくれます。

 

 

1005web

 

オーダーメイドでつくった、結婚式当日と同じマイドレス。

「太ったから着れるかな~」なんて不安がる新婦様。結果はまったく問題なく。

髪飾りはイメージを変えるためにアレンジしました。

 

 

オーダーメイドウェディングドレスショップ・ジェリッシュで支度を整えてから、

いざロケーション撮影へ。

撮影時間は2時間ちょっとだったのですが、200カットほど撮影しました。

ただ連射して多ければ良いわけではなく、

ポーズやシチュエーションのバリエーションが豊富でないと、意味はありません。

 

 

あの手この手で色んな角度とシチュエーションで撮影を行ないます。

 

 

 

 

1048web

 

窓の外はすっかり冬景色だけど、それがまた何かの物語がありそうな予感です。

 

 

◆ちょっと写真のウラ側◆

 

「絵のような描写の写真にしよう」

とイメージして写真を撮ろうとしても、写真と絵画の決定的な違いは、

写真はダメなところはダメなまま写ってしまう、ということ。

 

 

なので、シャッターを押す前に色々と整える時間があります。

 

 

 

和装の花嫁衣装とかも、5分位かけて着物を整えます。

コレがけっこう大変で、最近のブライダルカメラマンにはできない人も少なくない。

写真が撮れるだけじゃ、一人前のウェディングフォトグラファーにはなれないんですね。

 

 

 

1101web

 

美しい光が差し込む場所へ。

 

フォトジェリッシュならではですが、カラードレス、イブニングドレスには着替えず、

ウェディングドレスアレンジでお色直しをします。

新郎様の蝶タイとおそろいの生地で作ったリボンは

カラーアクセントになって、とってもキュートです。

 

 

1106web

 

本当にどこをとっても美感をくすぐられる場所ですね。

 

ホテルや結婚式場に提携以外のお気に入りのカメラマンを持ち込むときは、

仮契約より前に担当者に確認をしましょう。

ブライダルカメラマンの写真のタイプはピンキリです。

 

————————————–

 

カメラマン毎のフォトギャラリーを見て選ぶならコチラ↓

フォトギャラリー

 

↓今回のお客さまがご注文いただいたのはコチラ↓

◆結婚式の前撮り(洋装ロケーション撮影)は、ぜ~んぶコミコミ150,000円 手ぶらでOK!◆

※カット数は無制限、データすべてお渡し

 

◆ホテルへの友人として依頼するカメラマンの持ち込み 挙式(メイクシーン)~披露宴 100,000円◆

※カット数は希望するだけ、全データお渡し

 

サンプルはコチラ

ホームページはこちら

公式LINEでのお問い合わせも可能です♪

ID @photojellish

【会員制の日本工業倶楽部で結婚式の撮影 〜披露宴編〜】

今日の横浜はとても良い天気です。

青い空と赤レンガ倉庫の赤はとてもコントラストが美しい。

観光名所でもある大さん橋には多くの観光客でにぎわっています。

 

さてさて、先日の結婚式撮影の物語のつづきです。

赤が似合う(むしろ赤づくし)なお二人。

 

291e

ウェルカムボードがとってもステキなコンセプトでした。

写真は携帯電話で撮ったものですが、何がステキかというと、

お二人で行った100店舗で撮ったふたりの写真を

たくさんコラージュのように散りばめてあります。

 

ここに二人の結婚までのストーリーがひとつ、隠されています。

 

315e

そして、席次表にも一工夫。

 

東京のおしゃれスポットの美味しいご飯屋さんマップが載っていました。

これは二人で行った100店舗から選ばれた飲食店で、

ミシュランガイドのように☆で評価してあります。

 

303e

 

 

ゲストのみんなから「これ助かる〜!」と高評価。

気の利いたふたりならではのアイデアですね。

 

298e 301e

 

披露宴開始まであと少し。

ちょっと空き時間が生まれてしまったけど、それぞれに楽しんでいたようです。

 

待ちかねたふたりがようやく入場。

 

319e

323e

 

結婚式という儀式を終えたあとに、みなさんの前へとあらわれたふたりは、

神様に誓った新しい夫婦としての初お披露目=披露宴ということですね。

 

333e

 

高砂席に付いたふたり、そして乾杯へと進行を順調に進めたものの、

 

ここで大事件発生!!!!

 

342e

乾杯という大役を担ったゲストがあまりの緊張で手が震え、

「カンパイ!!」の発生とともに自分の腕にシャンパンをぶちまける。

 

そしてツボる新婦さま。。。

 

そんなハプニングがありながらも、ケーキ入刀。

 

402e 414e

 

とってもカワイイケーキトップ越しに一枚。

 

 

411e 409e419e

 

このふたりに熱中して撮影をしているゲストの表情は

どこの結婚式でもイキイキしていて、幸せが散りばめられていますね。

 

 

425e

 

、、、と。

おもむろにブルーシートが敷かれ、椅子が準備されている。

 

なんだ、、、これは???

 

なんと、新婦さんは

「昨年に美容免許を取得し、まだ誰の髪の毛も切ったことがない」

との理由で、

新郎さまが27歳から一度も短くしたことがないというロン毛にファーストカット。

 

 

427e

 

 

新郎「え?まじ?カタチだけでしょ?」

 

 

436e 437e

 

との小芝居をはさみつつ、無事にファーストカット。

せっかく立派なラーメンズの片桐仁さんのような髪型なのに、、、

とゲストも苦笑い。

 

438e

 

とここで中座の時間となりました。

実はサプライズはここから。

 

新郎新婦の部屋でふたりを迎えていたのは、、、

456e

 

 

おや?美容師?

それはね、適当に切ったガタガタの髪型のまま

お色直し再入場はできませんからね。

 

460e

 

 

それにしても、新郎様のこの不安な表情は、、、

 

すべての準備も整え、再入場のためにみんなが待つ会場の扉の後ろで待機。

ところが、タイミング悪く離席していた友人が戻って来た。

 

473e

 

「あ、先に見ちゃった〜ごめんねぇ〜」

 

474e

 

「!!!!!!!!!!!?」

 

「さぁ、装い新たなお二人がみなさまの前に登場いたします!

拍手でお迎えください!」

という司会者さんのコメントともに扉が開かれ、どよめく会場。

 

482e 491e 488e 483e

 

 

493e

 

そう、新郎は短髪になっていました。

 

457e

 

26歳から一度も単発にしたことがないという新郎さんは、

「これからもっと大切にしなければならないものができたから」

ということを理由に、ロン毛に別れを告げたのです。

 

463e

 

 

BEFOR

 

 

456e

 

AFTER

468e

 

 

さすがのこれには会場に来ていたゲストもビックリ。

先に見てしまった女性ゲストの表情にも納得ですね。

 

 

503e

さて次は急遽、会場が暗くなったと思ったら

 

507e 512e

 

音楽とともに歌っている女性たちが登場。

 

 

505e

 

これには新婦が驚きの表情を隠しきれないようす。

 

 

 

512e

 

 

 

熱望していたア・カペラの演出は、予算の都合上諦めたハズ、、、

 

513e

 

 

プランナーの粋な計らいによって、実現された新婦の夢に感無量です。

 

538e 536e

 

大盛り上がりなふたりは最高のひと時を過ごしたことでしょう。

 

544e

 

友人たちも一緒に歌ってClap!して。

 

その後も友人たちからの祝福や楽しい時間を過ごしたが

 

636e648e

644e

638e

662e

ラストにはやっぱりこのイベント。

 

『花嫁の手紙』

 

いくら着飾って、楽しい時間を過ごしても、

いま、ここに自分たちがいるのは両親のおかげです。

 

そして、家族、友人、いろんな人たちが育て、

ともに歩んで来てくれたから自分が今ここにいることを決して忘れてはいけません。

 

665e670e 689e669e

 

兄弟も、友人も、友達も、、、

すべての人々に感謝をする時間。

 

716e

 

自分のルーツはやはり親にあることはまぎれもない事実です。

 

702e

 

いまの日本では、結婚式、披露宴の意味がキチンと理解されていないことが多いように感じます。

 

結婚をしたから結婚式を行うことが当たり前とされていた1990年代。

当たり前だと思っていることは、もう一度本当の意味を考えてみる必要があります。

 

もし、その意味がもう一度見直されるとすれば、

結婚式って、もっと価値のあるイベントになるんじゃないでしょうか。

 

727e

 

「結婚式はしなくて良いと思っていた。でもね、実際に今、ここで言えるのはやった方がいい。

いや、やらなきゃダメだと思うんです」

新郎様は締めのあいさつでそう発言しました。

 

男は背中で語る。

みんなの方を振り返らずに、右手だけ大きく掲げて退場していく新郎。

 

ふたりの新たなる旅立ちの瞬間です。

 

759e 774e

 

 

 

 

 

 

お開き後は館内の雰囲気のあるスポットを探しては

くまなく、と言って良いほどの撮影をしました。

 

790e 792e 784e

 

本当に良いものっていうのは、色褪せることなくいつまでも良いまま残るんですね。

歴史と情緒、色んな物が入り混じって、

とても奥行きのある雰囲気を醸し出している会場でした。

 

815e

 

最近恒例の記念写真。一眼レフで自撮り 笑

結婚式の本当の価値観に気づいてくれるお客様とこの先何人とお会いできるか。

 

そして、私たちが気づかせてあげなければならないことを忘れないで

今後の撮影に取り組んでいきたいと思います。

 

————————————–

↓今回のお客さまがご注文いただいたのはコチラ↓

◆結婚式当日の写真撮影は、お好きなカメラマンを選んで100,000円◆

※カット数は無制限、データすべてお渡し

フォトギャラリーはこちらから

◆フォトグラファーDAI◆

DAIのギャラリーはコチラ

※カット数は無制限、データすべてお渡し

お問い合わせはこちら

LINE@でのお問い合わせも可能です♪

 

 

【会員制の日本工業倶楽部で結婚式の撮影 〜挙式編〜】

寒さ続く1月。
先日のゲレンデのマイナス18度よりは比にならないほどマシではあるけれど、
慣れてしまえば寒いものは寒いですね。
今回の舞台は横浜ではなく東京は丸の内。
オシャレな大人の街。モダンな建物が立ち並び、日本経済の中心地の一角でもある。
その中で、歴史を感じるこちらの建物が今日の結婚式場です。
026e
そこらの張りぼてのゲストハウスとはワケが違います。
歴史のある本物のアンティークの建物の会員制の日本工業倶楽部。
さてさて今日のお二人はというと、
新婦さんはブライダルもバリバリやってのけるヘアメイクさん。
一方の新郎さんはデザイナー会社の社長さんです。
新婦様には夢とこだわりがたくさんあって、
常日頃からブライダルに携わっているだけに、
内側も外側もよくわかってる方です。
新郎さんのこだわりはとにかくロン毛と赤。
タキシードの試着は5着中4着は赤、残る一つは花柄という、
かなり色濃く特徴のあるお二人です。
まずはいつもの通り、お二人が来館する前から待ち構えて、
来館と同時に激写。
エレベーターでも激写 笑
002e
新郎「やべ、だんだん恥ずかしくなってきた」
と、すでに当日の実感が湧いてきたようです 笑
039e
メイクの途中にはそんな緊張も解けてか、
待ちぼうけで構って欲しいのか、
撮影用小物で遊び始める新郎。
048e
本職がメイクも行なっている新婦は、
ヘアセットをしてもらっている間にメイクをしはじめました。
そうこうしているうちにブライズルームに姪っ子ちゃん登場。
新婦様が姪っ子ちゃんのチークとリップを
ちょいちょいっとしてあげる新婦。
072e 075e
姪っ子ちゃん上機嫌になって走り出します。
外は寒いけど、なんだかほっこりするワンシーンでした。
さて、先に着替えてしまった新郎は新婦のウェディングドレス姿を知りません。
ブライズルームの外で、後ろ向きに立ち尽くす新郎。
089e
みなさんは知っていますか? ファーストミート(first meet)って知っていますか?
091e
次の瞬間、新郎は新婦のウエディングドレス姿を初めて目にします。
092e
驚きと嬉しさと、いろんな感情が入り混じっているようです。
いよいよロケーション撮影。
101e 115e
 東京駅ステーションホテルは
日本を代表するクラシックホテルだった歴史的建物。
冬の青空も手伝って、良い雰囲気を醸し出しています。
117e 120e
青空と雲が良い感じですね。
建物まで戻って入り口でも撮影。
132e 126e
屋上の「坑夫と織女の像」は、大正9年に建設されたオリジナルの物だそうです。
挙式の会場も高い天井と装飾がとってもステキな雰囲気です。
141e
ゲストもぞろぞろと集まって来て、いよいよ挙式が始まります。
151e
新婦様はさすがブライダル関係者。
雰囲気に呑み込まれることなく、余裕の表情です。
146e 147e
結婚式あるある。今までにたくさん出席している方はわかるかもしれませんが、
新郎が入場する時って、たいがい笑いが起きます。
167e
なぜでしょうか。
新婦入場の時は比較的しっとりするか、「ステキ〜」となるか。
176e
お二人は「結婚式はしない」という選択肢もかなり視野に入れていたそうですが、
やる決断の一つとして、新婦様が「お父さんとバージンロードを歩きたい」
という理由が強かったそうです。
新婦のお父様が新郎に新婦を託す瞬間、一つ目の感動のシーン。
182e
186e
手渡した瞬間も良いのですが、個人的にこの直後の
新婦父のものげな表情にグッときます。
190e
これからおふたりの舞台に登り、誓いを立てます。
192e 211e 207e
お決まりですが、誓いのキス、誓約書にサイン。
216e 220e 229e
あとで聞いた話ですが、新婦は終始、涙腺がギリギリだったそうです。
241e
255e
無事、挙式も終わり、親族記念写真(オフショット)
277e
この後は披露宴ですが、今日のブログはここまで。
次回をお楽しみ。

————————————–

↓今回のお客さまがご注文いただいたのはコチラ↓

◆結婚式当日の写真撮影は、お好きなカメラマンを選んで100,000円◆

※カット数は無制限、データすべてお渡し

フォトギャラリーはこちらから

◆結婚式場への友人として依頼する持ち込みカメラマン 挙式のみ 60,000円◆

サンプルはコチラ

※カット数は無制限、データすべてお渡し

お問い合わせはこちら

LINEでのお問い合わせも可能です♪

*ロケーションフォト、念願の。。。*

こんにちは!!ヘアメイク MIYURIです!

1月中旬はDAIと一緒に雪山で撮影してましたが。。。
1月最後の撮影は昨年8月末にニューグランドで結婚式を挙げたお二人の後撮り。
と言うのも。。。
その時ニューグランド旧館が改修工事のため、あの階段や、ロビーで挙式当日に写真を撮ることができなかったのです。なので、予定を改めて撮影しに行ってきました!
ご自身のドレスだから、いつでも撮影に行けることがいいですね!!
8月の挙式当日は持ち込みカメラマン&持ち込みへメイクでお二人のお手伝いをさせて頂きました!

まずはお式当日のお写真から!なにやら険しい顔のお二人。まだこの時は緊張していました。表情が硬いですね。

IMG_6840

IMG_6838

IMG_6839

旧館前で撮れなかったので山下公園前でパシャリ。
もちろん、これはこれで横浜らしくて素敵です!8月なので銀杏並木か綺麗なグリーンですね(*´ェ`*)

そして、今回の撮影!!

IMG_7645

IMG_7646

ニューグランドらしいこの雰囲気のあるロビー!!やはりここで撮らないと!!そして、お二人の表情は自然でたくさんの笑顔が見受けられました!それが前撮り&後撮りの良いところですね!当日とは違い、緊張せずに撮影できるのです(*☻-☻*)
撮影しながら、チェックしてご希望のシーンをカメラにおさめていきますよー!

IMG_7644

そして最後はお色直し用で作成したブルーの小物たちにチェンジしてパシャリ!

IMG_7647

冬だから、ブルーは寒いかな。。。なんて言いながら小物を持っていきましたが、ニューグランドの中庭にでるところの壁は白系なので、綺麗なブルーが映えました(*☻-☻*)
彼も来店前に慌てて家に取りに行ってくださったようで、お二人でお色直しができて良かったです!!

チェンジしたもの⇒新郎蝶ネクタイ、ポケットチーフ、新婦バックリボン、サッシュベルト

挙式当日の写真もその時の記憶が蘇る素敵な写真ですが、お二人の思い出の場所等で撮影する、ロケーション撮影もおススメです♪(´ε` )前撮りでも、後撮りでも!!
二人の思い出の場所がいつまでも同じ形で残っているとは限りませんからね(´エ`;)

これから、陽気もどんどん温かくなり、桜や新緑が綺麗な時期になっていきます。
8月にはひまわり畑の撮影もいいですね(*´ェ`*)
ロケーションフォトをお希望の方はお気軽にお問合せ下さいね!さて、どこで撮影しましょうか。