【愛宕神社で結婚式の持ち込み撮影】

ゴールデンウィークまっさかり、天気が良い日が続いていますね。

日本各地、とくに観光地はどこも混雑しているようです。

大型連休につきもののUターンラッシュは5日がピークのようで、

朝7時頃には各高速道路は混雑しはじめるようです。

 

さて、そんななかで東京都港区にある愛宕神社で結婚写真の持ち込み撮影をさせていただきました。

今回のフォトグラファーはtsuyoshiさん。

平均年齢30代のフォトジェリッシュではめずらしく40代中盤のベテランカメラマンさんです。

経験も豊富なだけあって、お二人とご両親、ゲストの気持ちが伝わってくるような、

とっても感動的な写真を撮るフォトグラファーです。

 

今回は結婚式前の事前の打合せ1回、現地の下見を2回行いました。

もちろん、愛宕神社の神主さんとも事前の説明をお伺いし、

当日の導線や段取りをイメージトレーニングして、万全の体制で当日を迎えました。

 

愛宕神社といえば、東京23区でもっとも高い自然山としても有名ですが、

じつは昨年10月に女優でモデルの杏さんと東出昌大さんが挙式をした神社なんです。

そのせいもあってか、朝からずっとひっきりなしに参拝客が往来しています。

 

愛宕神社のちょっとした豆知識として、

高低差が26メートルの山頂にあるため、正面にとても急な階段があります。

そこは「出世の石段」と呼ばれ、江戸の三代将軍家光公の

ストーリーに由来しているそうです。

160503-02e

 

160503-04e

さて、挙式は11時からなので、新郎新婦は9時に到着予定。

ところが、Tsuyoshi カメラマンは現地に7時半に到着し、

現地で念入りに神社の外観の撮影をしていました。

めちゃくちゃ気合が入っています。

 

とても天気がよく、木々の間から漏れる陽の光はキレイにこぼれていました。

160503-06e

 

160503-01e 160503-05e

東京23区内に、こんなにも自然が溢れている場所があるのか、と驚きました。

 

そんな自然が多いせいか、愛宕神社には何匹か住みついているネコが居ます。

その猫たちはとても人馴れしていて、頭をなでてあげると気持ちよさそうな顔をします。

160503-03ee

 

 

いよいよ新郎新婦さんが登場。

出世の石段とは別側にある、長く急な坂をお二人が登るところからお二人の一日と、

そしてフォトジェリッシュのブライダルドキュメンタリースナップのスタートです。

160503-07ee

 

さて、この長い一日をどのような写真に仕上げたのでしょうか。